ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ひどく惨い答えです。

イメージ 1

うちの仔犬(11/17日で4ヶ月になります)が、膣から膿を出すんです。お医者に行ったら子宮蓄膿症の可能性があると言っています。まだ即手術という話にはなっておらず、エコーをとっても子宮の肥大は見られないのです。
目も、先天的か、一緒に飼っている柴犬の子供と遊んだときだか解りませんが、片目の一部が白くなってしまっていて、傷ついています。今、抗生物質と目薬をしています。
抗生物質を飲んでいるにもかかわらず、膣から膿を出すところに、お医者様も子宮蓄膿症の可能性を指摘しています。
何しろ、大切で、かわいい子ですので、長く元気でいて欲しいのですが、ブリーダーというところで買ったつもりですが、実際はペットショップにいました。血統証を確認しましたが、沖縄から生後すぐに連れてこられたようです。だってうちに来たのが1ヶ月半ですもの。
長くなってしまいましたが、ご質問というのは、遺伝子不良の遺伝性疾病持ちの子は、小さいうちに生殖器の病気になり、自然のメカニズムというか、自然界からの警告のようなもので、短命である、というようなことを聞いたのです。
まだ、うちの子が遺伝子不良の遺伝性疾病持ちの子かどうか解りませんが、こういった疑問などがある場合、飼い主としてはどうしたらよいのでしょうか・・・?血統証といっても今の私・仔犬にとってはただの紙切れです。
また。もし、遺伝子不良の子だと知っても、あたし達には成す術はないのでしょうか・・・


問い合わせが入りました。
下記が私からの回答です。
ワンコの名前は「仔犬」とさせて頂きました。
結論は、、我ながら惨い。
だから無闇なブリーディングや簡単な販売は嫌いなんです。
こんな答えを出す他無くなってしまうから…
問い合わせの購入者には問題はありません。
勉強不足なんてありません。
困って、見ず知らずの私にまで相談しているのですから。
そんな質問にはショップが親身に対応するべきなのです。
こんなブリーディングをしてはいけないのです。
獣医師はしっかりしないといけないのです。


こんにちは。

遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

心配ですね。
仔犬ちゃんも、心配です。

子宮蓄膿症ですか、、
4ヶ月満たないのに早過ぎますね。
薬剤等投与等の治療はなさっておられますか?
膿でしたら早々に手当てが必要なはずです。
若過ぎるので原因の特定も。
インフォームドコンセントは十分に行っているか思い出して下さい。

元気はありますか?
食欲は?
なければ、今宵でも手当てしないと危険と考えます。

セカンドオピニオンをお薦めします。
私達ペット業者は獣医師の怪しさを痛感していますので。
お話を伺う限り、その獣医師は安心出来ないのですが。

納得いかなければ別の獣医師を見つけてください。
又、医療費は治療前に話をしてください。
訳の分からぬ治療や手術・入院によって20〜30万円の請求も当たり前の話です。

購入したから僅か2ヵ月半です。
当たり前の病でありませんから購入したショップに話をして保障を要求するべきでしょう。

http://d-mypet.com/
http://www.noah-vet.co.jp/soudan/cbbs_dog/cbbs.cgi

でしたら、無料で相談に乗ってくれます。
時間が掛かりますが…

目の一部白濁も心配ですね。
獣医師の見解はいかがですか?
先天性か、後天性(怪我等)は重要な問題です。
確認下さい。

犬種をもう一度お教え下さい。
生後一ヵ月半の引渡しとは早いので。

ブリーダー(繁殖家)でもショップ(販売屋)でも、知識が足りない方は大勢いらっしゃいます。
特に遺伝性欠陥はいけません!
どんなに可愛い子でも頑張って治療できる子なら大切にしましょう。
しかし治らない病もあります。
半年、一年と暮らしてからの発病でしたら、しょうがない点もあると考えます。
頑張って一緒に治療しましょう。
ただ、迎えられて2ヵ月半程度ですね。
獣医師に「子宮からの膿」「目の白濁」「その他健康診断」を受けて下さい。
先天性との診断があれば、すぐにショップに話して下さい。

大切な子とは承知していますが、一生関わる問題です。
引き取り、返却、交換等進めて下さい。
残念ですが…

遅くなるほど、ショップは言い訳を使って逃げようとします。
急ぐ必要があります。
獣医の見解とショップへの連絡を同時進行しても良いでしょう。

ショップへ伝える事は。
・先天性疾患の可能性があると獣医に言われた。
・販売後2ヵ月半しか経っておらず、先天性疾患の発病は素人には分かるはずもなく、専門家としての保障義務を要求する。
・責任を取って欲しいので、引き取り、返却、交換等進めて欲しい。

出来ましたら、、、きちんとしたブリーダーからの再購入をお薦めします。

冷たい意見とお思いでしょう。
愛情を掛け育てた子に対して惨いと承知しています。
ただ、あなた様の看護に苦しいものを感じます。
仔犬ちゃんの生涯(15年以上も)に渡る可能性がありますから。
時間、手間、治療費…
そして、その様な子のブリーダーに伝える必要があるのです。
今後もその様な子を増やさない為に繁殖を止めさせなくてはなりません。
その子だけの1代疾患なら良いのですが、代々続く疾患なら繁殖を止める義務があります。
ブリーダーはその子の血統(既に販売した子達)全てに遺伝子不良を伝えなければいけません。
負の血統を消す為に。
可哀想な子を増やさぬように。

ワンコ好きのブリーダーでしたら、引き取った仔犬を無碍にはしません。
特に障害のある子なのですから。
ブリーダーの元で大切に命を過ごせるはずです。

お辛いでしょうが頑張って下さい。
遺伝性疾患なら今後の繁殖を止めさせなくてはなりません。

血統書とは、仰せの通り戸籍のようなもの。
必要ですが、このように病にはなんら役に立ちません。

続けてご質問、ご不安な点にお答え致します。
お気軽に連絡下さい。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事