Lycee Moon Salad おばちゅあ

猫とんかつさんのリセだいすきぶろぐ(「・ω・)「いかぽてち

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全467ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

雪花アヴァエリデッキ

猫㌧さんです。
自分にさん付けするようになったら若者でなくなっているという仮説を思いつきました。

おばちゅあ以降、レシピは書いても一度もデッキ記事みたいなの書いてなかったのに気づいたのと、発売前に世間であれだけ「アヴァロンでエリちゃんやべーーー」とか言われてたわりに結局雪花作ってレシピあげよーって人間がなぜか皆無(はっ、まさかじょうほうふうさ??←)だったので、ならたたき台で一つくらい上げとくか、と思って公式に挙げても誰も言及してないかなしみ、から記事1本書きます。

相変わらず前置き長い。


☆雪花アヴァエリ

イメージ 1
イメージ 2

福岡フェスタの反省点を踏まえて手を加えた雪花です。
パワーはともかく周り易さを重視してます。極限まで安定感増やすにはふーまん2まで落としてその枠にハサン追加かなー位は思ってますが、一応今回は上のレシピで。

★コンセプト
見た目そのままアヴァロンによるエリザベードアグレを狙うデッキで、それができない場合のための次善策をエウステになげっぱなすデッキです。潤滑材のミストルテインがどこまで仕事できるかが鍵。
雪単なら積める色濃いめの除去はコンセプト内の荊軻を除き、混色のEXバランスの都合上デッキアウトしています。(福岡での敗北はEX1を贅沢に13枚投入したことによるEX事故が大半のため)

★動き
全力アヴァを探すのがメインですが、混色の都合上最善手を目指して常にマリガンを行うと、マリガン後が酷い羽目になるパティーンが多々発生するので、基本的にはアヴァロンかミストル片方、ステンノセット、エリザベード+出せるコストがあればキープして様子見した方が良いです。
マリ後何もないときは多めの31で打点レースの真似事をしてしのぎます。それしかないです。

本来エリザベードは一刻も早く出して殴る準備しておいて、相手の対面を見てサポふって殴るのが定石ですが、このデッキに置いてはアヴァロン来るまで待って揃ってからアグレ5点の奇襲性の方が利点になることが多いです。
初手アヴァぶっぱできないゲームの場合は、アヴァくるまでは最低限のハンドでやり過ごしてから一気に攻勢に転じるのがどちらかといえば強い動きになります。

またエリザベードのサポに関しては、止まってしまったミストルテインかアヴァがサポ訳に回ることは多いのですが、デッキとして最強のサポーターは間違いなくジルドレェです。
4投してあるところからある程度想像は付くと思いますが、ジルドレェは雪花アヴァのキィカードです。劣勢の際に全落ちしたら逆転での勝利はないのを覚悟してもいいレベル。

ジルの主な運用は以下です

・アヴァ時のキャラの一方落ちを防ぎ、同キャラで連続攻撃
・盤面埋まってる際のアヴァ箇所空け
・ミラーでの除去によるアヴァこちらのみ一方欠け対策
・ステンノセット揃っている際のエウリュアレ出し入れによる打点通し
・不意のイベント等による死にたくないブロッカー(主にジル自身)の回収

手札に返す自キャラが特に鯖や剣の指定がないため手札の雪2コスが盤面キャラに交換できます。
アヴァ時、ラスリゾがハンドにない場合に相手ブロッカー立てられた場合も、殴って相打ちする前に回収すればきちんと打点通ります。エリザベードでも同じで、手札に花コスが余ってきたらエウ出し直しが強いです。
後者は当然手札消費はデカいので詰め時期にしか使えないですが、ハンド3でほぼ回避不可能な5点は流石に相手にとって相当厳しいでしょう。なおブロッカー立てられてる場合の話なので、ラスリゾの相打ちを諦められた列ならばハンド2枚が最大8点になる気持ち悪さ。まぁアヴァロンが気持ち悪いだけですが。

ステンノセットに関しては、前環境でたまにカルデアス自打ちして行う場面で見られたやつですね。
分かりやすく強いですし、これの運用に関してはアヴァ前提でないので優秀です。

実際ジルに関してはアヴァロンというカードが存在する限り入れ得のカタマリみたいなカードだと思ってるのですが、雪単だと投入優先度が低くなるのかあまりレシピにみない気がしますね。雪単でもミラー増えるなら投入が増えていくとは思うのですが、現状ではやはり雪日や雪花向けのカードなのでしょうか?


というわけで動きを総括してしまうとアヴァ探してジルで詰める、みたいな感じです。花はスパイス。

・・・ってやってると常にあれ?ゆきたんでよくね???ってなるのですけど思ったら負け。
さっさと残りのパーツ集めてゆきたん握りましょう(

(なおこの結論を出した人多すぎて雪花誰も握ってない説は最有力)

★他のカードちょこちょこ

・雪3/1各種
31はブロッカーとして正義ですが、打点2はちょこちょこしたダメージレースをするのも及第点ではあります。
相手にチャンプされても等価なのでハンドが余っているor他の策がないなら積極的に1体はおきましょう。
でも吐きすぎるとアヴァの要求が重いので手札は大事に。

・花3/1各種
基本チャンプブロッカーかコスト。SP2が隣のジルや前のエリにうれしいことはまぁあります。

・アーラシュ
打点遅いのをカバーしないといけないので後ろからのパンチャーとしてもアヴァパンチャーとしても。

・アンデルセン
アヴァやエリをAP5止めされる機会は増えてるので、1回通すだけでも違うしハンドあればジル使いまわしも。

・フィンマックール、セイヴザクイーン
前者はアヴァでも殴れるけど主に終盤のAF空けに。
クイーンの方はAFキャラパンチ→クイーンエンゲージ2ドロー→オダステ下がり→2ドロー使って何かAFアヴァ、みたいな動きが理想。まぁ滅多にないので期待はしてないですが詰めの動きの多様性は武器。

・荊軻
アヴァロン状態だと引いた数だけ勝率が上がる魔法のカード(「・ω・)「
EX1食っても文句なく4投

・ふーまん
流石にSP3と詰め手段と逆転のワンチャンに強すぎるので削りたくない部分。

------------------------------------------------------

以上。

前環境の花雪とは全く違うデッキタイプですが、雪花のたたき台としては良いレベルかと思いますので、フリプ用にどうぞ(「・ω・)「

てか雪花レシピをまったくみないので比較しようがない・・・誰か氏・・・(_・ω・)_クレ


おわり

この記事に

開く コメント(0)

どうも、あなたのではない僕、とんねこちんです。

この年になると画面を通して文章を眺めてる人の白けた顔を想像することすらたやすくなってきてますが、実際のところ「ん?つまらない?いやいやいやそんなことは解ってますよつまらないとわかってても書いてるんですよだからウケ狙いじゃないから文章に対する評判なんて気にしてませんよハハハ」っていうフリをして書くのは20年くらい前から大得意の範疇なので、しいて言うなら平常運行の猫とんかつさんです。相変わらず句読点使わない文章は下手くそなのがばれる。

(「・ω・)「

●170528リセフェスタ博多 参加者46名
大都会岡山よりさらに参加者は控えめだけど、新弾発売後すぐのフェスタだけあってなかなか皆のモチベは高そう感あるフェスタ。そんなフェスタに行ってまいりましたレポでございます。
実際にはレポ未満でございます。したて。

はてさてブレブレですが、全属性強化されてるけどとりあえず前環境で一般プレイヤーにはほぼハブられてた雪属性が、環境にアヴァロンという大きな石を投げた所から始まっているというのは割と共通認識なのかなぁと思いつつも、さーて今週のねことんさんはー?

「マスオです」

→とりあえず雪使いたいよね

→公開の時点でアヴァロン+エリザベート騒がれてたし、雪花アヴァエリ調整してみる?

→発売週、ほぼ風邪で体調不良状態。不調ピークが木曜という辛み

→発売日にハルちんがラボで調整してたから行きたいけど、そもそもの福岡への体調を取り戻さないといけないので回避…つら

→箱だけは4買いに行く。アヴァロン0でもう無理じゃね?って思う

→まぁスーパー用水ロード(超・用水の王)ことハルちんさんが貸してくれるという話があったのでありがたく借りるからカードは心配しなくていいやガハハ(ちなみに通販したのでちゃんとそろえてます借りるだけマンではありません)

→ギリギリ体調が土曜に治りつつあったので組んだデッキでハルちんと少しフリーする。月単にボコられる(_・ω・)_あ、混色むずい

→1回勝った試合は初手アヴァからの軽量ビート+けーかスタイルが決まった時。→え、これゆき単でいいんじゃ・・・じゃ・・・

→家に帰って雪単組むかと思うも、そもそもの単を使う気なかったのでミョルニルはおろかセイブザクイーンすら足りてない。はー詰み。

→月にぶっころされた時ヤだったのはオボロ以外は大抵DP4だったので、どうせ雪多いだろうしミラーのアヴァゲー止めるので断罪フル投入するのは間違ってないだろうという考えで安易に4投。ミス珍で入れ替えすりゃ余裕ですよガハハガハハとか笑ってクスリ(合法です)を飲んで寝る。

そんなこんなでデッキはこんなのでした。

イメージ 1

デッキは前述のとおりアヴァロンエリスタートを理想とする雪花。アヴァシステムない場合の混色のお供であるステンノセットと小刻み打点アーラシュと31チラシで花おわり。雪は断罪4以外はまぁ環境の雪に入ってるパワーカードが大半。唯一の特徴としては雪花であることでメリットが増えるジルドレェのガン積みくらい?

ということでせっかくカードプール解禁からの短期決戦という、本来なら割と得意な部類のはずの環境でまた時間取れないまま・・・雪のEX1投入枚数とEX偶数要求枚数とのバランスが取れてないのに気づくのは、大会数試合回した後であった・・・(つづく)

最後の最後新幹線でみするけ(雪単使用)と断罪どうするか話してた際、まぁ入れとけ入れとけ的なノリで最終決定してしまった俺を殴りたい。いやオリデッキP的にはよかったのかもしれんけど(大会の断罪使用者結局広島人2人←)

以下対戦記憶。
1戦目 楓月さん 日単 ×
は?
は?
は?
岡山の反省を生かして?ダイス勝ち先行。
初手アヴァ+エリあるもEX1がジャムってアヴァ出せず痛恨のエリエンド。翌ターン雪コスと花コスト・・・流石にアヴァ出せたから要らない断罪切ってふーまんでアグレスタートするも、後続で常に雪+花とか断罪おかわりとかひたすらキャラが遅れるというか、ふーまん飛ばしてアグレばっちこーい状態なのに、前出してつよそうなキャラれるビジョンなし。序盤にジャムらせてたけーかでちょこちょこ除去って誤魔化すも、相手のドレイク止める31をおけずさらにはエリちゃん後ろのDFにサポ用キャラすら出せないため反撃の打点の伸びがなく、打点微負けコースがつづく。
最終ターン手前で相手が詰めを急いでくることもなく、がっつりネロ下がって構えられたのでゲームエンド。

2戦目 月単 〇
先行初手アヴァエリ。
最強初手なのでこれで負けたらウン( ・ω・ )コーとか思いつつも後続の湧きがきっつい。
ひたすらかみ合わない雪と花に四苦八苦しながらも最終的には風魔手裏剣で削り切ってトイレ手前勝ち。
表現きたなくすると公式リンクできなくなるので自重します。

3戦目 月単 〇
先行初手ミストルティン+ラスリゾと微妙
ただなんとかステンノセット揃ったので打点はそれに任せてあとはのらりくらり、のつもりだったけど流石に盤面固めたうえに衝動とかで安定列崩されたりして死ぬ2歩手前。
中央のメディアが殴ってきたのを最終的にエウで止めて寝かされたのを、ジルドレで回収しつつ前列に戻し、結果詰めの場面で相手の黄金劇場を回避するのにも使えて制限時間ギリギリで薄氷の勝利。
アヴァ入りの雪がらみにジルドレ抜く選択肢は100%ないと再認識できた試合。

4戦目 日単 ×
先行初手アヴァと出すもんないのでアーラシュ。
で、この試合、毎ターンの2ハンドに常に泣かされる。
EX1の雪の兼ね合いで3ターンまともなキャラが湧かない。風魔出して殴るだけ。そしてアヴァ自身もダレイオスで早々にシャットアウトされる。
2ハンドのドローでキャラわかないとか(しかもそれが続く)、アヴァの優位性を全放棄してるような初戦と全く同じような状況で、相手は前のめりのアグレでガンガン攻めてくる。21の打点3にブロッカー置くのが2ターンも遅れたら流石にどうこうできる話ではないですね(´・ω・`)
最終的に自デッキ16枚くらいにエリちゃんが2残ってたので引けばギリギリ間に合うかなーというターンで引けず、引いた時には最終ターン前。全投げしてフル打点入れても相手デッキ5枚くらい残る惨敗。
まぁ構築の弱さが顕著に出た試合だなーと。
この時点で雪のEX枠は荊軻4風魔2−4他無しで全部EX2が正解と脳内で結論が出る。遅い。(そしてこれやはりゆきたんでいいのでは・・・って)

5戦目 まさる 〇
初戦のなんとかさんとか4戦目のエルさんが1敗ラインで居るらしいので、最悪全勝が潰れて岡山みたいになった時にオポで(名目上)優勝者決定戦に上れるかもしれないということを意識して、また続投。
対戦相手を見たら50ptポイント券ってかいてありました。おわり。
体調無理するとやばそうなのでバトラ卓観戦しつつ休憩タイム。
グラサンぼうずが100年ぶりくらいにりせしてるの眺めてました(宙単ミラーで初心者ボコってた)

6戦目 宙単 〇
お互い2敗済みラインで俺がドロップしてたら相手は不戦勝だったはず。まぁ恨みっこ無しで(「・ω・)「
先行エウ握ってステンノ。アヴァも持ってたはず。
ただし相方が無いので相手の盤面を前がかりにした後しとめる方向で溜める。
とエリちゃん引けたので1ターンくらい待ってからアヴァエリどーん。
以後殴り合いするも荊軻を効果的に引けて出せればそうそう宙にはね。

→2−2ドロップコースからの進化権(?)での4−2エンドという上積み100ptインティキプレイ(「・ω・)「
結果として断罪4積んで雪にはあたらず、負けたは日単ばかり・・・
デッキのカードパワーは高かったけど、EXバランスを完全に失敗した感でした。
調整してやりなおしたいけどそれ以上に雪単使いたい熱が高まるデッキでした(


終わってからバトラする時間が残ってたので2戦間に合った。
宙単と月単だったかな? でとりあえず2−0・・・お、やはり回ると強い。
となると(デッキ微妙だったけど日単にしか負けてないからこれいけるんじゃ・・・?)と思ってしまうのが人情。
ということで後でベルさんのゆきたんとフリーしたらうっひょー!!!







・・・ぼこぼこにされました(_・ω・)_
デジャヴにブロッカー立てれないとかどんだけよ・・・


やはりEXバランス悪すぎ問題・・・

賞品はポイントなしのRカードとKRアルトリアさん。またおまえか。
ポイント全然くれなかったバトラだったので本戦のオリデッキp期待してます。
(それしかない)

とりあえずフェスタレポはひとまずこんなカンジで〆(コピペ)


会場でお会いした方々、お疲れさまでした&ありがとうございました&入賞勢はおめでとうございました。

ぼくの心は猫のひたい並みなので毎回のように踏みつぶしてったふーげつさんの入賞は祝い飽きて祝いませんけどおたんじょうびはおめでとうございました(「・ω・)「

あとなんといっても特筆すべきはかの有名な名古屋チャンプ・ミストルでちんさんにお会いできたことでした。
「珍珍亭」とかいうセンスない名前のぶろぐ(記事はセンスある)を書いてる人ですが、久々にお会いできてうれしかったです。
ぶろぐにお誘いいただけたのもうれしかったですけど脱珍者として丁重にお断りさせていただきました。(お心づかい感謝です)
心残りとしては「脱珍者」をうっかり「だっちんしゃ」と呼んでしまったことですね。(正式には「だっちんもの」) 今後は気を付けたいです。


というわけで今回もレポは終わりです
前回94ptもくれたしるぶりくんは本当に素晴らしいしるぶりくんだと思ってますので、今回も是非100pt近くくれるととてもうれしいですね(ダイレクト要求)


なおいつも以上に推敲してなくてやばそうなので改稿予定


おわり(「・ω・)「

この記事に

開く コメント(0)

この時期がやってまいりまし(「・ω・)「

マナソくんがアップを始めてた(空ページ)ので俺もそろそろ動き時か

●シングル通販開始
★通販継続確定
■ブレブレやらないFGO在庫のみ
×通販終わり、リセ存続のため貴様らは自分で箱を開けろというお告げを出した善良サイト


?の所は割と■になる可能性高い気がする・・・まぁ木金で更新されなかったら詰みかな?
いつも通りなんらか更新情報あればゆるやかに募集します。来たこと1回もないけど(_・ω・)_



●マナソース



●プロジェクトコア

●193NET

●ラボ

●遊々亭

●まんぞく屋

●ホビステYahoo店



- - - - - - - - -キリトリ - - - - - - - - - 
(■予測追加。更新みつけた場合はコメとかくりゃれ)

■アマテラス

■カーキン



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この記事に

開く コメント(0)

●170423リセフェスタ岡山 参加者52名

3大都市と比べたら流石に参加者は控えめ。
結果から見て行くとマンネリを打破すべくデッキを色々試してる勢も多かったので環境の集大成手前、というわけではないのかもしれないですがネームドはごろごろしてるので上の方が厳しそうなのは変わりない感。
とりあえず事前にも色々あったけど、レポの賞味期限もそろそろ切れそうなのでその辺は簡易的に。

→とりあえず自分で回してる回数多いのにしよう

→日・花・月の各単色しかない

→日をずっと調整してたけど、前日のバトラで数回ボコボコにされる

→月単も同様にミラーでなんかボコボコにされる。

→もう花しかねーか・・・デアス4強いし

→デアス4とEX1雪崩で大会でボコられる

→EX見直そう・・・というかデアス4はプロ仕様だわ・・・常人使用枚数にしよ

→デアス2という平凡な花単に

デッキを練る時間というよりはプレイ練度高める時間がないためデッキがころころ変わる悪循環を見事に体現したような図式。
敗因が瞬間的な彼我のドロー力だけなのかデッキパワー自体なのか自分の腕なのか確信が持てない段階での試行錯誤は、意味のない左右運動と大して変わらない。
その辺は一歩引いて見ればはっきりとわかるのだけれど、自分で構築を思考錯誤してる段階では「まずしっくりくるデッキを選ぶ、そこから調整」というカタチだったので、しっくりこないまま開催日までの時を浪費してしまった僕たちは(

そんなこんなでデッキはこんなのでした。


最後の最後新幹線でナーサリー投入を決意した(ハルちんにつられた←)

以下対戦記憶。

1戦目 ヨリさん 花単 〇
後で聞いたら四国の方だったかな?
相手先行の312エリザベートに22のアルトリア併せてサポ込みでDF置いた返しエリザベードアタックしてきて死んでいった・・・(_・ω・)_あっ(察し
おばちゅあから開始勢の方でかつまだ数度しかプレイしてない感じでした。
流石に2ハン完全無駄に消費してる相手にミラーで負ける要素なくて終わり。

ちょっと心配になったので試合後フリーをして先輩風を吹かしつつ?ティーチングでもと思ったら、フリー見てた同郷のお仲間の人が普通にきっちりとリセのいろは的に適確したアドバイスをしてた様子だったので(あーこれは俺出番ないわー)と思いましたとさ。

魑老魅老魍老魎多いフェスタに始めてすぐに乗り込めるくらいなのでいつかぷろりせらーとして再開することがあるかもしれませんね。こちらを見てないでしょうけどその際はまたよろしくです(「・ω・)ノ


2戦目 ギヤさん 日単 ×
カタカナの方のギヤさん。昔から名前は見てたので存在は知ってましたけど以前当たったかどうかまでは覚えてないいつものパティーン(

相手の金時ネロエンドにハンド9枚からL字DFマルタ アルトリア ステンノ3体埋めでネロだけは絶対通さないマン展開。相手が3体DF展開を見て嫌な顔をしてくれたので、心の中でハルちんに感謝する。

実際は「DF3体で日単を遅らせるといいですよ」と行きの新幹線で教えてもらったばかりの戦法…のぶっつけ本番。リリィが居ないから盤面若干弱いにせよ、AP2並べ自体は悪くないはずと思いつつおっかなびっくり置いてたのが真実。もうちょっと練習しときたかった・・・

でまぁそのDF自体は良かったものの、直前で思い立って入れたナーサリーライムのEX1が邪魔してL字唯一のアタッカーラインに引いてたエリザベートが出せずナーサリーライムになってしまうクソ構築の辛み。(今となって思えばどうせまともに殴れるかわからないから1ターン待ってもよかったのかもしれない)

で、相手の打点が金時の3点なうちに場を固めていきたいけど次ターン早々にツモるデアスでAFの並びが遅くなる。ただ次ターンには引いてきたステンノ追加、最後はアーラシュで6体埋め完了。
相手はナーサリーをドレイクで止めつつ、最終的に6面埋めてにらみ合いの展開。
双方固まったので、打開策用意せず先に動いた方が絶対不利になる盤面。こちら何もせずエンドしたら相手も殴らずエンド。(お、これはわるくない展開?)と思いつつも(あれ、膠着してるってことはデアス持ってる分俺の方が有利なんじゃ?)とか思い始める。

→相手も持ってる可能性に気づいてないねことん。字面まぎらわしいねねことん

そして固められた花相手の最終兵器が相手中央DFに降臨。

イメージ 1


これによりほぼすべてが止まらなくなりズタボロにされる。ほんとコイツやばいよね。
これ見た後は自ターン中のカエサルとか「は?ゴミ?粗大ゴミ?」ってなるよね。わかる(_-ω-)_

んなわけで序盤の固めにお互いそこそこ時間を使っていたけれど、こちらが判断を誤って先に動いてからはアンボニーの+1もあってあれよあれよといううちにダダ不利な状況へ。
握ってたデアスも、相手のカルデアスのプレイでこっちのを使わされた時点でほぼ詰みでした。


『お互いの膠着ならデアスを持ってるぶん強気に行けるのでは?』

この情況判断の誤りが全て、急いて試合を動かそうとしたせいでの敗北。

まぁそれ以前に相手もアンボニーの配置を含めとても綺麗な盤面だったのであそこで焦って動いてなくてもこちらが優位盤面を作っていけたかは相当疑わしいですが、状況的にはやはり相手の強さよりも自分の雑魚さが響いて負けた試合だったのは確実でした。



このプレミが後々・・・という所までを含めると、相当痛い1敗だったのですが、ねことんさんは瀬尾晶ではないのでわからなかったのです(_・ω・)_




3戦目 楓月さん 宙単 ×

よくしらないひとだけど有名人らしいようす。ブログによると気ままな大学生らしいです。
社畜の苦しみを知ってそうな顔をした学生さんですが、なぜか俺の実家も知っているらしいのでこわい!

- - - - キ リ ト リ 線 - - - - -

じゃん負け相手先行の初手バーサーカー+アルテラエンド(_・ω・)_つらみ

減量したデアスを引けるわけもなく、アルテラ放置でバーサーカーをメディアリリィで止める作戦。
メイデン1発で詰むけどハンドの選択肢はほとんどなかった。
いい感じでステンノエウにマリー揃ってたので相手レオニダス追加されてても一応ダメージレースできるなー
と思ってたらすぐに宙らしく3列ともAP止めで封鎖される。この時バサ止めるためにステエウを縦列配置してしまったのは流石に悪手だった感。

こりゃ1回エウを前に出してから陣形考え直さないとなと思ってた相手ターンのエンドをぼけーっと通してしまう。

自ターンにエウ動いてないの気づいてあーって思うも、まぁマリー死なさないと何もできないしマリー盤面でも
仕事してるからいっかなーとか思って状況変わるドロー来るまで待ってみるか、とか悠長な考えしてた気がする。
結果相手の3コスアルトリア出されて以後はほぼ何もできず封殺されて死亡(_・ω・)_フルボッコ

試合後「さっさとエウ動いて5点叩いてくると思ってましたー」とプレミを指摘される。

情況に危機感を持ってればマリーをすぐ捨てて意地でも5点レースはしていくのが確かにベターだった。
少なくとも俺の座して待つは悪手も悪手、最悪レベルだったように思える。

ただ振り返って思うのは

「2戦目で急いて動いて失敗したので、次戦の動いてく発想に臆病というか消極的になっていた」

というのは少なからずあった気がする。もちろん直接の敗因としては「打点レース勘の鈍さ」であることは百も承知だけれど、内面の心理的な弱さが露骨に出た試合だなーというお話(_・ω・)_ざこおつ



で、ここまで3戦やって1−2で賞品ライン外が確定した岡山フェスタ。
本来ならここでドロップしてバトラの流れが当たり前だけれど、2,3の要因があってドロップ宣言をしなかった。
それは以下のようなもの


☆以前のフェスタで「フェスタでの対戦が楽しみでドロップしない勢が2敗ドロップ勢が多すぎて対戦ができないことがあった」という話題が数日前のTL上で流れ、2敗ドロップについての是非が散々議論されてた経緯


☆2,3戦目の人が戦っている状況で、2敗ラインの人間が高確率でドロップしているならオポの点数が3点の中、俺という対戦相手が万が一6点以上をとっていれば、1敗ラインとかになった場合に順位的に優遇される→2人に感謝されドヤ(「・ω・)「できる!


☆そもそも前日に広島でバトラしてた。

☆せめて勝ち越しとは言わないまでも負け越さない結果にしておきたい(「・ω・)「

☆ボコられて判断ミスも指摘されてつらみマシマシ状態でドロップするの割と本気で忘れてた(_・ω・)_



そんな感じでおりゃーやるかー!始まった4回戦・・・

4戦目 5mさん 花単 ×
最下位卓の上り階段でした。


・・・


・・・・・・


結局俺以外全員完全に2敗ドロップじゃんか!!www



まぁ偶数になった結果だったので対面の方に申し訳なくおもいつつもそれは勝ててからの話だよなーと思い試合スタート


→ミラーふるぼっこ負け


初ターンから最終ターンまで、1回も優位盤面なかったね!
序盤のエリちゃん止めたはいいものの相手は順調に左右のステンノエウで5打点キメてくるのに対し、
こちらがDF埋めから必至で出したエリちゃんは殴るターンにぴったしカルデアスからのチャンプブロック連打というミラーでやりたいことやるべきことを先行の相手に全て綺麗にやられてボコられました。まさに完敗。
むしろおばちゅあやってての花ミラーで、「完敗」という名前のあてはまり具合が完璧すぎてやばい試合でした。


流石に気力尽きてドロップしました(_ ω )_


その後バトラは9戦6勝だったかな? seyさんや詩さんと遊べて楽しかったです。
最後の詩さん戦はお互いのマリガン後ハンドがしょぼすぎたくせにはなかなか白熱しました(まけたけど)

ポイントはトータル100ptくらいとKR2枚と謎のエリちゃん缶バッチ(ヒロプレの時から缶バッチすきなの?)でしたのでまぁ悪くはなかったかなーという所でした。


総括は別記事で書きますけどとりあえずレポはひとまずこんなカンジで。

会場でお会いした方々、お疲れさまでした&ありがとうございました。
地元れいじーさんは暫定優勝おめでとうございました。
4回戦勝ってギヤさんのオポをあげられなくて残念でした(ぁ


というわけでレポは終わりですが、斯様にまったくボロボロだったのでしるぶりくんは是非おなさけで100ptが当たりやすいようにしてください(ダイマ)


おわり(「・ω・)「

この記事に

開く コメント(0)

フェスタ行ってきました猫とんかつさんです。

イメージ 1


正直ぶろぐ記事とか、いつも書いてる通りでぱぱぱっと書き終えてpt貰おうと思っていました。
そしてPCでキーボードをたたき始めてすぐ、違和感を感じました。

挨拶から?

ネタから入る?

他りせらー弄りスタート?


かつての俺ならば、それはもうただ単純に、指の赴くままに、大して推敲もせず、傍若無人に
冴えない駄文を延々と、ただし、それは軽やかに、叩けていました。



しかし、今の俺は、非常に苦労しつつ、この文章を打っています。


・・・大会・・・試合・・・レポート・・・


そんな、誰もが書いているものが、簡単なものであっても書けないなんて・・・何故??


今まで、俺はそう、幾度も真面目に大会レポートを書いてきてたはz・・・

イメージ 2

・・・




・・・・・・




・・・・・・・・・



うん、まぁ書いてましたね。
なんか大会名と対戦相手名が記入されてるなにかしらはありますね。いっぱい。


その中からとりあえず「リセの試合レポートとして読ませる気のあるもの」を数えようとして、履歴をさかのぼって
ページの数字をポチポチしてたら正の字を一角も数えられないまま4ページくらいさかのぼった時点で数えるのを
諦めました(_・ω・)_

むしろ修道生3巨頭の話になって3人とも「3人の中では自分が一番強いと思っている」って書いてある説明に

「あーこれすげーわかるわー、流石昔の俺、わかるわー」

とか納得しつつニヤニヤ笑ってたくらいです。自分の文章読んで笑うのは正直キモいと思ってます。










総合すると



猫とんぶろぐの記事とはーー



→本人の感性でとりあえず面白い(全然面白くないものが一周回ったもの含む)という駄文を
書き連ねたものであり、そもそもレポートとして人に読ませるシロモノではない。

→今回のおばちゅあでは、公式からのプレイヤーに対するサポートという名の威圧
(リセの名前持ち出して、あまり逸脱しまくったことすんじゃねぇぞ地方のks共!ptやらねぇぞ!)

→他ぶろがーのように、遊び心を残しつつも面白く、一つ一つの試合過程が閲覧者をおおっと思わせたり
うーんと唸らせたりする記事を、求められているッ! 

むしろそうでない記事でおばちゅあタグをつけようものなら、プロりせらー勢には冷ややかな目(今更)で見られ、
新規りせらーには(なんだこのクソみたいな前世紀っぽい文章書く老害は・・・こんなん居るならリセ辞めるは…)
という流れになるかもしれないという不安!(繰り返すと前者は今更)


→ガラスのハートをもつ十代(かつて)だった猫とんかつさんのガラスのハートには耐えられない(重複)重圧!



→筆が・・・すすまない(キーボード)




(_;ω;)_ウッ





はー、辛すぎるからガチャ回すわ


イメージ 3



ということでとてもつらいbotを発症してるのでリセタグつけたレポートは後日になります。

むしろボロ負けで書く価値のある思考もほとんどない気がする上に記憶が定かではないという
なんかやばい政治家みたいなことになってるのでレポ記事どーすっかなーって思ってるだけなんですが。

今思ったらこれ後々のレポのハードルを自分で上げてね?とも思うんですが、実際書き上げたら
この記事削除するからまったく大丈夫ですね。姑息なことは過去にひたすら学べています。

俺が閲覧者ならこんなこと書いてたらスクショとって後々のために魚拓りますけど、相手が有名強者ならともかく
こんな場末でそんなことする暇人は居ないというりせらー性善ヒマ説を信じているので、こんな所で時間の無駄
は辞めてソシャゲのイベ周回でもしててください。またはガチャとか回してる時間の方が有意義まである。




いかぽてち

この記事に

開く コメント(0)

全467ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事