あの頃に戻れるなら・・・旧車と昭和をこよなく愛するブログ。

過去を振り返ることに生き甲斐を感じるアラフォーのブログ。

全体表示

[ リスト ]

カタログ紹介、今回より平成デビューの
2L級スポーティカーを特集して行きますね〜
まずは5代目セリカ180系の後期型、
平成4年1月発行版です。
イメージ 5

平成元年に5代目にモデルチェンジ。
先代「流面形」をさらに進化させたような曲面デザインが
美しいですね。平成3年に後期型へとマイチェンしますが
外観上に大きな変更はありませんでした。

メイングレードのGT-R。
2Lスポーツツインカムの3S-GTE(165ps)を搭載。
イメージ 1

外観と同様、ダッシュもラウンドしたデザイン。
イメージ 2

Z-R。2Lハイメカツインカム、3S-FE(140ps)を搭載。
イメージ 3

同じく3S-FE搭載のローグレード、S-R。
この派手なカラー、見た事ないですね〜
右ページは安全装備。エアバッグやABSはまだ
一部グレードに標準またはオプションでした。
イメージ 4

エンジンは先に記した3S-GE、3S-FEの他
GT-FOUR用の2Lツインカムターボ、3S-GTE(225ps)の3機種。
ミッションは全車5速MTが、またGT-FOUR以外には3モードの
電子制御4速AT・ETC-Sを設定。
イメージ 6

GT-FOURとS-R以外にはデュアルモード付車速感応型4WS装着車を設定。
GT-FOURはトルセンLSD付のビスカスカップリング式フルタイム4WDを採用。
サスは前後ストラット、電子制御サスのTEMSも一部にオプション設定。
ブレーキは全車フロントベンチレーテッドの前後ディスク。
タイヤは全9種、GT-FOURにはピレリP700Zがオプションで選択可。
アルミホイールは一部グレードを除き標準またはオプション。
イメージ 7

一部にOP設定の10スピーカーにDSP付の
セリカ・スーパーライブサウンドシステム。
純正オーディオでここまで力を入れたのは凄かったですね〜
オートエアコンが全車標準、電動スポーツシートや
本革シートといった豪華装備も一部に設定されてます!
イメージ 8

全車に付くフォグランプ、GT-FOURは丸型イエローバルブのラリーテイスト。
サンルーフもオプションで設定。
ボディカラーは全6色。やはりよく見たのは上の4色ですかね〜
イメージ 9

前期型途中で追加されたコンバーチブル。
このタイプGはABS、クルーズコントロール、本革シート、
エアバッグといった豪華&安全装備が唯一標準。
イメージ 10

コンバーチブルシリーズは全て3S-GE搭載、4WSを装備。
ボディカラーはホワイト、ブラック、レッドに絞られます。
トップはボタン一つで開閉できる電動式。
イメージ 11

最後に最強バージョンのGT-FOUR。
前期型に追加のGT-FOUR・Aを継承し後期よりワイドボディー化。
グラマラスなボディが一層際立ってますね!
快適装備を一切排除した競技ベース・GT-FOURラリーもありました。
この後にはホモロゲモデルのRCも限定販売されましたね。
イメージ 12

3代続いたリトラ顔がこの代で終了、
セリカのアイデンティティでもあったのでちょっと寂しかったですね・・・
しかし、リッチなコンバーチブル、戦闘的なGT-FOURと
同じセリカでそのバラエティー性には感心させられましたね。

販売期間:平成元〜5年


この記事に

閉じる コメント(2)

出た!エディ・マーフィー(笑
当時はお洒落な車として若い女性オーナーも多かったですね。

友人が稀少な悲劇のホモロゲモデル・グループAに乗ってました(笑

2016/5/22(日) 午後 3:18 [ tarepa RS ] 返信する

顔アイコン

> tarepa RSさん

5代目セリカはエディ・マーフィー氏の
印象が大きいですね〜
女性が乗っても似合うデザインですね!

あんまり見なくなりましたが
残存率はRCが多い気がしますね〜

2016/5/23(月) 午前 5:32 [ ふがふが ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事