ネオパークな日々

ネオパークオキナワのブログです

オウムインコの日☆

こんにちは

オウムインコの日ということで、前回に引き続き、今回はキエリボウシインコの「タロウ」の紹介をします!!
 

ネオパークで30年近く働く(?)キエリボウシインコの「タロウ」はなかなか人を見る目が厳しくて、慣れている人には触らせたりしますが、好きじゃない人にはそっぽを向いたり威嚇したりします。(私は威嚇される方です


今回はネオパークで番「タロウ」と仲の良い総務の大城さんに話を聞いてみました!!
 
イメージ 1

 
ズバリ「タロウ」が好きな人はどんな人でしょうか?

初めての人でも寄っていくことがあるので、回数ではないようです。どちらかというと、女性や子供には「おはよう」と返事をするみたいで、修学旅行の女子生徒に囲まれた時はよくしゃべってました。
 

「おはよう」以外にはどんなことをしゃべりますか?

「こんにちは」や「ばいばい」などをしゃべったり、「ホーホケキョ」と口笛の真似をしたりしますよ。近くで立ち話している時に笑うと、「タロウ」が後ろから「わはははは」と真似することもあります。
 

「タロウ」の面白い行動があったら教えて下さい。

ケージの水入れに頭を突っ込んで、顔を洗っていることがありました。水浴びしたいのかなと思ってたらいを用意しても入ってくれず、霧吹きをしています。
ずっと前に止まり木に繋いでいた時は、足環を自分の嘴で外して自由に歩き回っていたこともありました。
 

 
人のことを良く見てる「タロウ」さんですが、日中はうとうと寝てることが多いようです。朝夕は起きているので、入園の際は声をかけてみてください

(ちなみに噛まれるとすごく痛いそうなので、ケージに指は入れないでくださいね。)


イメージ 2

 

オカメインコの「ぴーちゃん」も「タロウ」の隣にいます

「ぴーちゃん」は「タロウ」に比べて、ごにょごにょと小声でしゃべります。

この記事に

開く コメント(0)

おはようございます
ネオパークのよんなーよんなーブログです。
 
本日、615日は「オウム(06)インコ(15)の日」、ということでネオパークにいるオウム・インコの紹介をしたいと思います。
 
今回は、国際種保存研究センターで飼育しているベニコンゴウインコ「マカ」♂「ベニー」♀の魅力を担当者の堀内君に聞いてみました
 
2羽の性格の違いを教えてください。
メスの「ベニー」は人なつっこい性格で、餌の時間もすぐに来て手から食べたりしますが、オスの「マカ」はやんちゃな性格です。自分は威嚇されることも・・・。今は「マカ」の好きな餌をあげたりして、ちょっとずつ仲良くなろうとしてます。
 
2羽をどこで見分けてますか?
目の下にある赤い線が濃い方がオスの「マカ」です。2羽で仲良く並んでいるときに見比べてみてください。

 ↓「マカ」

イメージ 1


  ↓「ベニー」

イメージ 2



おススメの観察ポイントはありますか?
くちばしが器用で、ピーナッツの殻を割って中の薄皮まで剥いて食べます。他に果物やヒマワリの種などもあげています。餌の時間は12時半頃からです(変更になることもあります。)
 

来園者に一言、お願いします!!
ベニコンはおしゃべりができる鳥なので、気分がいいときは「おはよう」「ばいばい」など話してくれます。寄って来てくれていたらチャンスなので、話しかけてみて下さい
(野生ではクルミを割るほどくちばしの力が強いので、指は入れないでくださいね。)

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは

ネオパークのよんなーよんなーブログです。


今回はイベントのお知らせをしたいと思います。
 
618日は言わずと知れた父の日ですが、
ネオパークでは父子向けの飼育体験を行います
 
先着3組限定で、電話での予約が必要となります。
(参加する子どもは小学生以上で12名まで)
 
普段は入ることのできない飼育スペースやバックヤードで、掃除・エサの準備はもちろん、餌台の作成などちょっとした作業(父子で協力して)行ってもらいます。

飼育係の話も聞けちゃうかも
 

今年の父の日は、ネオパークで一味違った体験をしてみませんか?

忘れられない父の日になると思います


ご参加お待ちしてまーす
 


日時 618日(日)1100-1300
場所 ネオパーク国際種保存研究センター
参加費 1組¥300(別途入園料が必要

 
参加希望者はネオパーク受付に電話予約の上、
当日1045までに園内にある国際種保存研究センター売店に集合して下さい。

参加費は入園時にネオパーク受付にてお支払い下さい。

長靴持参。(雨天時は合羽も)汚れてよい服装での参加です。

体験の様子の写真を活動報告などで使用することがあります。


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ブログでのお知らせが遅くなってしまってましたが、
消しゴムはんこの「まえだ工房」さんの商品の取り扱い、始めました

イメージ 3
 
手作りならではの温かみがあってかわいい、だけでなくリアルという、生き物好きが思わず手を伸ばしてしまう商品です。
 
沖縄の生き物をモチーフにしているので、ありきたりのお土産ではつまらないっ、という方、いかがでしょうか?
 
 
沖縄に初夏を知らせてくれるアカショウビン手ぬぐい(¥980)や、

イメージ 5

 
沖縄のクロイワニイニイのポストカード(¥180、月桃紙)などなど。

イメージ 2


手ぬぐいとサイズ違いのハンカチもあります。

ハンコそのものも販売しているので、手紙などにおして楽しむこともできます。

イメージ 4

黄金のさなぎで有名なオオゴマダラのハンコは模様が細かく彫ってあって、おしゃれです。

イメージ 1


ネオパークの国際種保存研究センターの売店で販売中です!!
 
是非、手に取ってご覧ください
 
 
他の商品も見てみたいという方、「まえだ工房」さんのブログはこちらから。
 まえだ工房 生きものハンコTシャツ屋→http://maedakoubou.ti-da.net/
 

羊毛フェルトブローチをちくちく手作りしている「つむぎ屋」さんの商品も6月から販売予定です
お楽しみに〜

この記事に

開く コメント(0)

こんばんは
ネオパークよんなーよんなーブログです。
 
愛鳥週間(5/1016)にあわせて20日まで行っていた「あなたの身近な野鳥は何ですか?」の結果をまとめましたので、報告します


世界には約1万種の鳥がいると言われてます。(分類の仕方によって違うこともあります)
 
住んでいる地域によって違いはあるとは思いますが、
私たちの日々の生活の中で、鳥の鳴き声や姿といった気配を全く感じない日はほとんどないのではないでしょか
 
そこで、来園者の方に協力してもらい、身近な野鳥についてゆるーく調査してみました
 
期間中、来園された方に、身近な野鳥の名前を鳥カードに書いて地図に貼ってもらいます。
 
今回は日本地図と沖縄本島、世界地図を用意しました。

イメージ 1

 
結果は、
沖縄本島 12メジロ2羽、シラサギ、ヤンバルクイナ、サシバ、アジサシ、カラス、アカショウビン、ダイサギ、キセキレイ、イソヒヨドリ、ハト
関東 7シラコバト、ユリカモメ、ウグイス、ドバト、ホオジロ、ウミネコ
北海道 2ハクチョウ、カササギ
九州 1ツバメ
東海地方 1ブッポウソウ
世界地図にも3pigeon,2羽は読めませんでした。)でした

↓わかる方いたら教えてください
イメージ 2
イメージ 3
 
 
ご協力して下さったみなさん、ありがとうございます
 
みなさんはこのうち何種類の鳥を見たことがありますか?
 
参加してくださった皆さんが、普段から鳥に興味がある方たちということかもしれませんが、予想していた以上にいろんな種類の鳥の名前が書いてあって、わくわくして見てしまいました

ただ、予想に反して、減少していると言われてる「スズメ」がなかったのがちょっと気になります(数が少なくてたまたま、ということもあると思いますが。)
 
 
今年は宣伝不足ということもあって、あまり集まりませんでしたが、
来年もやってみたいあわよくば地図いっぱいに鳥を集めたいと考えておりますので、ご協力、宜しくお願いします

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事