ネオパークな日々

ネオパークオキナワのブログです

全体表示

[ リスト ]

フタユビナマケモノの「サクラ」さんはあまり動きません。
 
見ている限り、ほとんどの時間を寝ています。

イメージ 1
 
一見「怠けて」ばかりようですが、野生では少量の餌しか食べず、ほとんど動かないことで身を守る、いわば省エネタイプの生き物になります。

(そのため、野生のナマケモノは毛に苔が生えていて、全身が覆われているそうですよ。)
 

そんなナマケモノですが、ちゃんと動くこともあります。

 
ずばり、エサの時間と排泄をするときです。

 
エサは12回、朝と夕に果物や野菜を与えています。

イメージ 2
 
動く姿がみたいっ、という方はこの時間がおすすめです。

(もちろん、「サクラ」さんの気分によっては、今日はいらない、みたいな動きをすること
もあります。)
 

 
ナマケモノの排泄する姿を見たことがある方はそんなにいないと思うのですが、

「サクラ」さんは、獣舎の隅にコロコロしたタイプのうんこをします。

 
イメージ 3

毎日ではなく、週にだいたい2回ほどだと思います。
(野生では週1回程度と言われますが、エサの影響があるのかもしれません。)
 
 

あとの時間はほとんど丸くなって寝ていますが、この日の夕方は動いていました。


イメージ 4
 
フェンス伝いに下に降りて、じぃっとしたのち、上っていつもの場所に戻っていました。

イメージ 5
 

食後の運動か、日光浴でしょうか。。
 
 

フタユビナマケモノの指は爪がフックのように曲がっているため、木にしがみつくことなく引っ掛けるだけで移動できます。(コウモリと同じです。)


 
とことん省エネタイプの生き物ですね。

 
まだまだその体や動きには面白い発見が残されていそうです。


イメージ 6


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事