ネオパークな日々

ネオパークオキナワのブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんばんは

ネオパークのよんなーよんなーブログです。
(今回はよんなーしすぎずに頑張ってます


夏休みワークショップのお知らせです。
 
明日19日(土)は手形アートをやってます。
 
手のひらにインクをつけて、ぺたっと画用紙に押し、とった手形を動物や鳥にデザインします。

 
定番のゾウから、ネオパークオリジナルデザインとしてオカメインコやカピバラ、ワオレムールなども見本を用意してます


イメージ 1


見本を参考にするもよし、新しくオリジナルデザインでつくるのもよしなワークショップです。
 
マスキングテープやペンも用意しているので、縁取りしたり、目を書き込んだり・・・。

イメージ 2


額も用意しているのでそのまま飾りたい方にはおススメです。(+100

(兄弟でつくって、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントも喜ばれると思います。)

イメージ 3

もちろん、親子だけでなく、ちょっとやってみたい、と興味のある方ならどなたでも大歓迎です

ただ動物や鳥を見るだけでなく、ちょっとしたものつくりを通して身近に感じてみませんか?


サイズは大きくなりますが、大人の方でも出来ますよ。
 

 
ネオパークの夏休みワークショップまだあります
 
8/26(土)は、つむぎ屋さんによる羊毛フェルトの蝶々ブローチ作り(¥500)です。
流行りの羊毛フェルトで、蝶々の模様をつんつんしてみませんか?
 
興味はあるのだけどなかなか手が出せなかったという方、
お得に挑戦できるチャンスです

イメージ 4

大人だけの参加も大歓迎ですよー

商品の販売も行う予定です。
種類が沢山あるので、好きなブローチを選べるのも魅力のひとつです

 

この記事に

開く コメント(0)

こんばんは
ネオパークのよんなーよんなーブログ、今回もイベントのお知らせです。
 
夏休みワークショップ第

明日12日(土)と明後日13日(日)は、まえだ工房さんによる消しゴムハンコのオリジナル手ぬぐい作り(¥700)があります。

リアルだけどかわいい沖縄の生き物ハンコが約20種類、インクは70色程あるそうです。

イメージ 3

 
手ぬぐいは伝統的な「和泉晒」で、細い糸を使用したきめ細かい生地の岡晒と、漂白剤を使用していない自然の色合いの生地の2つがあります。
 
手ぬぐいは薄くて持ち運びしやすいので、旅先でも使いやすいですし、
手を拭く以外にもティッシュ箱を包んだり、様々なアレンジを楽しむことができます。
(私はペットボトルに巻いて、カバンの中が濡れるのを防ぐのに重宝してます
 
手ぬぐい以外にも、エコバック(¥800)やTシャツ(¥2000)に押せます。
 
イメージ 1

 
アバサーやクマノミが人気だそうですが、なんと実物大の沖縄のクワガタ全7もあります!!
 
イメージ 2

 
園内の国際種保存研究センターの売店で、まえだ工房さんの手ぬぐいとエコバックは扱ってますが、ハンコを押す体験もできて、なおかつ商品よりちょっとお得と嬉しいワークショップです。
 
小さなお子さんも一緒にぺたっと押すことができます。
 
イメージ 5

 
以前、オリジナル手ぬぐい作りを体験させていただいたときは、ハンコや色を選ぶのが楽しくって、時間を忘れてぺたぺた押してしまいました。
 

 
カッターと彫刻刀を使って消しゴムハンコ作り(¥700)もできるので、夏休みの工作にもおススメです。
 
イメージ 4

 
もちろん、大人も体験できるので、消しゴムハンコに興味はあるけどやったことがないという方も、この機会にいかがでしょうか?




ネオパークの夏休みワークショップ、まだまだあります。
 
8/19(土)は、親子でも楽しめる手形アート(¥200〜)
手形・足形をぺたっととって、動物にデザインします。
見本はありますが、ネオパークの鳥や動物の形に自由にアレンジするもの楽しいと思います
 
8/26(土)は、つむぎ屋さんによる羊毛フェルトの蝶々ブローチ作り(¥500)です。
流行りの羊毛フェルトで、蝶々の模様をつんつんしてみませんか
 
 
どのワークショップも大人だけの参加も大歓迎です。
興味のある方、この機会をお見逃しなく
イメージ 6



この記事に

開く コメント(0)

こんにちは
ネオパークのよんなーよんなーなブログです。
よんなーよんなーしすぎて・・更新がとまっててすみません


毎年ネオパークでは、沖縄エビネ友の会の主催により夏咲きエビネ展を行っており、今年で20回目となりました

イメージ 2


エビネ属(カランセ)はランの仲間で、野生下でも自然交雑し、花の色や形が様々です。日本だけでなく、東南アジア〜オーストラリアの北東部など広い地域に分布しています。


イメージ 1


今回展示しているエビネ属はほとんどが、ツルラン、オナガエビネ、リュウキュウエビネの自然交雑種である「リュウキュウ」です。

(花の後ろから伸びている距の向きで、どれの交雑か、ある程度判断するそうです。)

イメージ 4

花の色は赤、紫、ピンク、白、緑がかった白もあるそうです。

特に赤は希少価値が高いということで採取されてしまい、現在野生ではほとんど見ることができないのでは、ということでした。

 
今週末16日(日)、17日(月)は14:00〜栽培方法の講習会があります。
 
エビネの詳しい話がきける機会ですので、興味のある方、ぜひお越しください。

           ↓ 金賞のエビネ
イメージ 3

 

この記事に

開く コメント(0)

オウムインコの日☆

こんにちは

オウムインコの日ということで、前回に引き続き、今回はキエリボウシインコの「タロウ」の紹介をします!!
 

ネオパークで30年近く働く(?)キエリボウシインコの「タロウ」はなかなか人を見る目が厳しくて、慣れている人には触らせたりしますが、好きじゃない人にはそっぽを向いたり威嚇したりします。(私は威嚇される方です


今回はネオパークで番「タロウ」と仲の良い総務の大城さんに話を聞いてみました!!
 
イメージ 1

 
ズバリ「タロウ」が好きな人はどんな人でしょうか?

初めての人でも寄っていくことがあるので、回数ではないようです。どちらかというと、女性や子供には「おはよう」と返事をするみたいで、修学旅行の女子生徒に囲まれた時はよくしゃべってました。
 

「おはよう」以外にはどんなことをしゃべりますか?

「こんにちは」や「ばいばい」などをしゃべったり、「ホーホケキョ」と口笛の真似をしたりしますよ。近くで立ち話している時に笑うと、「タロウ」が後ろから「わはははは」と真似することもあります。
 

「タロウ」の面白い行動があったら教えて下さい。

ケージの水入れに頭を突っ込んで、顔を洗っていることがありました。水浴びしたいのかなと思ってたらいを用意しても入ってくれず、霧吹きをしています。
ずっと前に止まり木に繋いでいた時は、足環を自分の嘴で外して自由に歩き回っていたこともありました。
 

 
人のことを良く見てる「タロウ」さんですが、日中はうとうと寝てることが多いようです。朝夕は起きているので、入園の際は声をかけてみてください

(ちなみに噛まれるとすごく痛いそうなので、ケージに指は入れないでくださいね。)


イメージ 2

 

オカメインコの「ぴーちゃん」も「タロウ」の隣にいます

「ぴーちゃん」は「タロウ」に比べて、ごにょごにょと小声でしゃべります。

この記事に

開く コメント(0)

おはようございます
ネオパークのよんなーよんなーブログです。
 
本日、615日は「オウム(06)インコ(15)の日」、ということでネオパークにいるオウム・インコの紹介をしたいと思います。
 
今回は、国際種保存研究センターで飼育しているベニコンゴウインコ「マカ」♂「ベニー」♀の魅力を担当者の堀内君に聞いてみました
 
2羽の性格の違いを教えてください。
メスの「ベニー」は人なつっこい性格で、餌の時間もすぐに来て手から食べたりしますが、オスの「マカ」はやんちゃな性格です。自分は威嚇されることも・・・。今は「マカ」の好きな餌をあげたりして、ちょっとずつ仲良くなろうとしてます。
 
2羽をどこで見分けてますか?
目の下にある赤い線が濃い方がオスの「マカ」です。2羽で仲良く並んでいるときに見比べてみてください。

 ↓「マカ」

イメージ 1


  ↓「ベニー」

イメージ 2



おススメの観察ポイントはありますか?
くちばしが器用で、ピーナッツの殻を割って中の薄皮まで剥いて食べます。他に果物やヒマワリの種などもあげています。餌の時間は12時半頃からです(変更になることもあります。)
 

来園者に一言、お願いします!!
ベニコンはおしゃべりができる鳥なので、気分がいいときは「おはよう」「ばいばい」など話してくれます。寄って来てくれていたらチャンスなので、話しかけてみて下さい
(野生ではクルミを割るほどくちばしの力が強いので、指は入れないでくださいね。)

この記事に

開く コメント(0)

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事