Kathmandu Journal

東日本大震災の被災者の方たちの復興を祈って

全体表示

[ リスト ]

歴史的合意が成立

 今朝午前1時すぎ、マオイストと7政党のあいだで歴史的な「6ポイント合意」が成立した。8政党”は12月1日までに暫定政府を樹立して、マオイストと国軍の両軍は11月21日までに決められたバラックに駐屯して武器管理を始めることになった。また、王制の問題については、制憲議会の初日の議会で「過半数」により決められることになった。UMLは最後まで国民投票で決めることにこだわったが、「過半数」で王制か共和制が可決されることになり、共和制になる可能性が高くなった。また、11月26日までに暫定憲法が決定され、現下院が宣言されてすぐに、現下院と上院は解散され、ネパール会議派75議席、UMLとマオイストが73議席、ネパール会議派(民主)が42議席、そのほかの小政党と市民社会、ジャナジャティなどからの代表を含めて48議席からなる暫定議会が設置される。マオイストがさまざまななレベルで樹立した人民政府は、現議会解散と同時に解体されることになる。暫定政府はコイララ首相が引き続き率いることになる。武器管理については、マオイストの軍が全国7か所(師団一つについて1箇所)に主なキャンプを設置して、一つの師団について各連隊からなる小キャンプが3箇所、つまり合計28箇所に駐屯し、駐屯地内の武器庫にマオイスト側はすべての武器をしまって、鍵を彼ら自身が持つことで合意した。武器の管理については国連がCCTVを通じて常時監視し、武器庫を開けたらベルが鳴るシステムで国連側とも合意が成り立っている。さらに、ネパール軍側もキャンプ内に駐屯し、マオイスト側と同じ数の武器を武器庫にしまうことで合意が成立した。制憲議会選挙は来年6月半ばまでに開かれることになっているが、議席数は425議席(直接選挙により205、比例代表により205、内閣が16人を任命)。これに関しても、UMLは全議席を比例代表にすべきと主張したが、政府とマオイストの合意内容で最終的に合意成立となった。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

大きな一歩ですね。このあとはしかし、マオイストの軍はどうなるのでしょう?兵士やジャナ・ミリシアの今後が気になりますね。

2006/11/8(水) 午後 6:22 [ glo*als*a*bhal* ] 返信する

顔アイコン

Congratulation! 削除

2006/11/8(水) 午後 6:37 [ F.K. ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事