Kathmandu Journal

東日本大震災の被災者の方たちの復興を祈って

全体表示

[ リスト ]

初代大統領のこと

 初代大統領が決まって、ネパールはようやく本物の“共和国”になったようだ。マオイストにとっては苦い経験となっただろうが、結果的に、マオイストが立てたラムラジャ・プラサド・シンよりは、適格な人物が大統領になったと思う。シンは1985年の爆弾事件以来、ネパール政治からはずっと遠ざかっていたが、ヤダヴは1980年の国民投票から90年の民主化運動にいたるまで、活発に反パンチャヤトの運動に参加してきた活動家でもあり、医師という職業をもつ人物でもある。“マデシ”ではあるが、ウペンドラ・ヤダヴらが提唱する「一つのマデシ」構想には強い反対を示しており、タライにおける「マデシVSパハリ」の対立に強い懸念を示してきた政治家でもある。いろいろな意味でバランスのとれた人物であることは確かだ。少なくとも、コイララ首相やMKネパールよりは適格な大統領が選ばれたと思う。ヤダヴは暫定憲法に基づいて、ネパール会議派を辞めることになる。

 さて、マオイストは昨日の幹部会議で、3党連合が継続する状況で、「新政府は率いずに野党にとどまる」ことを決めたが、今日開かれる中央委員会議で、この問題について最終的な結論を出すことになっている。Kantipur紙の編集長ナラヤン・ワグレは2度にわたって、同紙に「大統領選に負けても、マオイストが政府を率いるべき」という主張を書いているが、大統領選に負けたからこそ、「首相はマオイストに」という意見は多いようで、こうした国民の声をマオイストは無視できるかどうか。ワグレも今日の同紙に書いているが、今回の展開は「マオイストにとっては、実は勝利である」という考え方もある。マオイストも3党連合も、“勝った”“負けた”という言い分を捨てて、何のための制憲議会なのか、本来の目的である新しいネパールを作る作業に入ってほしいものだ。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

マオイストにとっては非常に難しい局面かもしれませんが、共和制を徹底させる、大衆の根本的利益を守ると言う点から考えるとおっしゃるとおりかもしれませんね。
そして長期的な観点で見ればマオイストの目標にも矛盾するものではないようにも思えてきました。 削除

2008/7/22(火) 午後 11:22 [ ken ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事