Kathmandu Journal

東日本大震災の被災者の方たちの復興を祈って

全体表示

[ リスト ]

 マデシ・ジャナアディカール・フォーラムがとうとう分裂した。昨日、フォーラムのウペンドラ・ヤダヴ党首ら“主流派”が記者会見を開いて、ガッチャダール副首相を含む中央委員7人を党から追放したことを発表。同時に、統一共産党主導の現政権への支持を撤回することを明らかにした。現在のネパール政権が発足するにあたって、決定的な役割をはたしたフォーラムが分裂し、しかも党主流派が野党にまわったことは、現政権にとって痛い打撃である。今の政権がいかに軟弱な連合に支えられているか、発足の当初から証明したことになる。

 昨日、日刊紙で働く友人らと話しているときにも、話題は“操り人形”の首相マダヴ・クマール・ネパールのことに及んだ。ネパールを操る紐の先には、3つの勢力がいる。ギリジャ・プラサド・コイララ、ネパール軍のカトワル参謀長、そして、インド大使のスードである。今日のKantipur紙に、カゲンドラ・サングラウラが似たようなコラムを書いていたが、彼はネパール首相の頭は“ジャンギアッダ”つまり、軍本部にあると表現している。

 政府は昨日、マオイスト主導政府が任期延長を拒否した、ネパール軍の准将8人の任期を3年延長することを決定した。このままいくと、この政府は今年9月に引退することになっているカトワル参謀長の任期さえ延長するのではないかと疑いたくもなる。バンダリ国防大臣とこの政府が、国軍の強権化という、大変危険な道をたどっていることを、閣僚たちはどれだけわかっているのだろうか。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>

2009/6/6(土) 午後 2:20 [ ゆきな ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。いつも拝読しております。ネパールはなんだか再び内戦になりそうな気がします…。インドにとってはマオイストが政権につくことより保守派を支援してネパールが不安定になることを恐れるべきだと思うのですが、シン首相は気付かないのでしょうか。

2009/6/7(日) 午前 1:51 [ gr0**4 ] 返信する

顔アイコン

先日、シン首相は“We left the leftists."と発言をしました。つまり、インドの現政権はマオイストがさらに拡大・強化されることだけは避けたいと思っているのです。統一共産党はインドにとっては、もはやLeftistsではないといえます。

2009/6/7(日) 午前 2:10 [ nep*l*jo*rnal ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事