Kathmandu Journal

東日本大震災の被災者の方たちの復興を祈って

全体表示

[ リスト ]

ダハルが方針を急転換

 気がついてみたら、もう5月がすぐそこにきている。前にブログを更新してから3週間たってしまった。毎度のことながら、毎日、訪れて下さっている方には本当に申し訳ありません。とはいえ、政治にはそれほど大きな変化があったわけではない。カナル首相は相変わらず自党内からの圧力で、身動きができない状態にある。明日から始まる予定だった中央委員会議で、KPオリとMKネパールの一派は、カナル首相に辞任を迫ることを決めていたが、昨日、カナル首相は突然中央委員会議の延期を決めた。
 
 一方、マオイストのダハル議長は昨年11月の拡大会議で決定したPeople's Revoltの方針を捨てて、「和平と憲法制定に焦点を当てる」新方針を打ち出した。People's Revoltの方針を提唱したバイデャ副議長とその一派は、議長の突然の180度方向転換に強い反発をしている。先週末から始まった中央委員会議で、新方針に関する議論がされているが、バッタライ派がダハル議長を支持することが明らかなため、この新方針が認可されることは確実である。ゴルカで開かれた拡大会議のときには、バブラム・バッタライを孤立化するために、バイデャに接近して、バイデャの方針案を取り入れたが、ここにきてダハルがバッタライに急接近した理由については、さまざまな憶測がされている。
 
 制憲議会の任期が切れる5月28日まで、残すところ1月あまり。カナル首相とダハル議長は任期を延長する意向だが、統一共産党のオリとネパール、そしてマデシ政党は任期延長に反対している。ネパール会議派は条件付きの任期延長を受け入れる可能性が高い。これまでの動きを見ると、再度、任期を延長することを受け入れざるを得ない状況になりそうだ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事