ここから本文です
ねりま子ども劇場
〜子どもと文化と地域をつなぐ〜 みる・あそぶ・つながる・なかま 会員募集中!!

書庫全体表示

記事検索
検索

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第9年度定期総会のお知らせ
会員・賛助会員限定

2019年7月7日(日)
しらゆり活動交流室
10:00〜15:00
(9:30〜受付開始)

第8年度の活動報告、第9年度活動計画

今年はバザーも同時開催!!

ランチは恒例持ち寄りランチバイキング!!
手作りケーキの販売もあります。

参加申し込み締め切り
5月27日まで

イメージ 1

昨年のランチバイキングの様子


ねりま子ども劇場

開くトラックバック(0)

夏休み、名作絵本「すてきな三にんぐみ」のミュージカル鑑賞はいかがですか…?


イメージ 1


2019年度 第1期鑑賞活動
【全区分鑑賞】

ミュージカル
すてきな三にんぐみ

演劇企画オフィス・アートプラン

2019年7月27日(土)

17時開演

練馬区役所 地下 多目的会議室


黒マントに黒い帽子がトレードマークのどろぼう三にんぐみ。宝あつめに夢中だったある日、一人の子どもと出会った・・・。やがて、どろうぼうは世界中の子どものために宝物をつかう事に。愉快でせつなく感動的な舞台です。


お問合せ
ねりま子ども劇場

080-7008-4775 
(月・木 11:00〜15:00)

メール 
nerima.kogeki@gmail.com


開くトラックバック(0)

イメージ 1



5月11日(土)16時より、練馬区役所地下 多目的会議室にて、人形劇団望ノ社による、影絵劇「宇宙カバ」が上演されました。インターナショナルに活躍する、カナダ人男性のダニエル・ウイッシーズさんと日本人女性の矢内世里さん、ブラジル公演から戻られたばかり。昨日こども劇場いたばしでの上演、連日ねりま子ども劇場での上演となりました。


イメージ 16

今日のチケット 
会員さんによる手描きのカバのイラストと
鑑賞記念ハンコはカバ!


イメージ 2



「宇宙カバ」とはとても思いつかないタイトルと内容…

影絵劇に入る前に、簡単なあらすじをお二人が説明…
英語と日本語もいりまじり、影絵劇がはじまりました。


イメージ 3

事前にお預かりしたお写真、お二人の様子


イメージ 4

大きな灯りの前で、影絵のパーツをスクリーンに映していきます。
お預かりしたお写真より



イメージ 5


ものがたり・・・
深刻な環境汚染により、ついにあと5年で滅亡という危機に瀕した地球。残された最後の5年間、仮そめの希望を人類に与えるため、苦しまぎれの政治家たちの策により、一匹のカバが宇宙へと送り出される。

「カバが地球を救う」という、でっちあげの希望に湧き立つ人々。人類の期待と思惑をよそに、カバを乗せたロケットは、大気圏を越えて広大な宇宙へと旅立っていく。

銀河をめぐり、様々な種のエイリアンと出会いながら、やがてカバが行き着く旅の果てとは…


やさしい歌やBGM、虫の声、宇宙空間の星々、英語、宇宙語?日本語がまざりあい、頭の中が涼しい風が吹いているような、癒されているような、宇宙でのいろいろな争いに混乱するが、でもそこにはこころ優しいカバがいた。


今までも日本だけでなく、世界のいろいろな国で上演されている作品ですが、同じ作品が海を飛び越えて、鑑賞した多くの方々と共感できる喜びや嬉しさを感じます。(鑑賞後にじわじわ…いろんなシーンを思い出したり…)


BGMで流れてきた歌ですが、今までは、英語で歌われているものを使用していたそうです。日本語の歌のBGMを使うのはまだ今回は2回目ということでしたが、低めの女性ボーカルの日本語の歌はやはりなじみ、こころに染みわたりました。
海外公演では英語の歌を流しているそうですよ。(of cours!)


☆海外評☆

息の合ったコメディ、美しい影絵と魅力的な音楽が、カバの不思議な宇宙への旅の虜にさせる 
- Joff Schmidt, CBC

楽しくて、惚れぼれして、すっかり夢中になる 
- Ed Sum, Otaku No Culture

スマートで心に訴える風刺作品、しかし情熱的な魂が込められている 
- Pat St. Germain, Winnipeg Free Press

超・ヘン、そして超・達人的!
- Kathleen Oliver, The Georgia Straight

まさに魔法だ! 
- Janis La Couvée Review



イメージ 9



イメージ 6

プレゼントのお渡し



イメージ 7

本日のプレゼントは初夏の軽食セット
冷製スープ、野菜クラッカー、オレンジティー



イメージ 8

おりがみが得意な会員さんによるロケットの
あそびコーナー
ストローで宇宙へ・・・(飛びます)


イメージ 14

宇宙空間の一部




イメージ 10

ダニエルさん
上演後、影絵のこまかなパーツを
見せてくださいました
本当にこまかく、パーツがたくさん!!


イメージ 11

セリさん


イメージ 12



イメージ 13


人形劇団 望ノ社

ダニエルさん
Daniel Wishes

世里さん
Seri  Yanai

ありがとうございました。
Thank you!!


イメージ 15






ねりま子ども劇場

開くトラックバック(0)

いよいよ、本日!!16時開演です。 
(開場:15:45 終演 17:00)

人形劇団 望ノ社  
影絵劇「宇宙カバ」 Space Hippo
終了しました

会場は、練馬区役所 地下 多目的会議室です。

1階アトリウム左側、自動演奏ピアノから左奥へ、階段またはエレベーターで地下まで御進みください。

鑑賞は有料です

一般チケット

大人 2,500円
子ども 1,500円(18歳まで)

※未就学児入場不可

小学生より入場可


イメージ 2



2018年度 第5期鑑賞活動
対象年齢 10歳〜大人
【小高・中高区分】


影絵劇
宇宙カバ
Space Hippo

出演 人形劇団 望ノ社

壮大な宇宙を舞台にした、
笑いと涙のSFアドベンチャー

2019年5月11日(土) 
16:00開演 [15:45開場]

☆上演時間 60分[休憩なし]  

☆保育有り[保育料500円・申し込み期限4/21(日)] 
保育のお申し込みは締め切りました。

練馬区役所 アトリウム地下 多目的会議室


ものがたり・・・
深刻な環境汚染により、ついにあと5年で滅亡という危機に瀕した地球。残された最後の5年間、仮そめの希望を人類に与えるため、苦しまぎれの政治家たちの策により、一匹のカバが宇宙へと送り出される。

「カバが地球を救う」という、でっちあげの希望に湧き立つ人々。人類の期待と思惑をよそに、カバを乗せたロケットは、大気圏を越えて広大な宇宙へと旅立っていく。

銀河をめぐり、様々な種のエイリアンと出会いながら、やがてカバが行き着く旅の果てとは…

脚本  ダニエル ウィッシーズ

演出・影絵美術  矢内世里

音楽・演奏  エリオット ロラン

コンセプトアート  岸田僚子

影絵人形制作  望ノ社

イメージ 1



望ノ社(もちのしゃ)は、カナダ人のダニエル・ウィッシーズと、日本人の矢内世里が、イギリスのロンドン人形劇学校での出会いをきっかけに、2012年に発足した、国際パペットカンパニー。
影絵劇手法を中心としながら、型に捉われない舞台制作をつづけ、これまでロンドン・バンクーバー・東京を含む5か国27都市で公演を行う。どこまでもアナログを貫きながら、決して時代遅れでない新しい感覚をもって、今を生きる観客へメッセージを届けたい。そんな思いで制作された『宇宙カバ』は、これまで日本、カナダ、そしてヨーロッパでも上演され、数々のソールドアウトや五つ星レビュー、演劇賞とともに、世界で絶賛されています。
(望ノ社HPより)

★★★★★  ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 

息の合ったコメディ、美しい影絵と魅力的な音楽が、カバの不思議な宇宙への旅の虜にさせる 
- Joff Schmidt, CBC

楽しくて、惚れぼれして、すっかり夢中になる 
- Ed Sum, Otaku No Culture

スマートで心に訴える風刺作品、しかし情熱的な魂が込められている 
- Pat St. Germain, Winnipeg Free Press

超・ヘン、そして超・達人的!
- Kathleen Oliver, The Georgia Straight

まさに魔法だ! 
- Janis La Couvée Review



鑑賞は有料です

一般チケット
大人2,500円
子ども1,500円(18歳まで)
※未就学児入場不可
小学生より入場可

会員はチケットが配布されます。


お問合せ

ねりま子ども劇場

080-7008-4775 

メール
nerima.kogeki@gmail.com

イメージ 3

開くトラックバック(0)

いよいよ!!5月11日
練馬区役所地下

10歳〜大人向けの影絵劇
「宇宙カバ」
宇宙カバとは!!??

イメージ 1


2018年度 第5期鑑賞活動
対象年齢 10歳〜大人
【小高・中高区分】


影絵劇
宇宙カバ
Space Hippo

出演 人形劇団 望ノ社

壮大な宇宙を舞台にした、
笑いと涙のSFアドベンチャー

2019年5月11日(土) 
16:00開演 [15:45開場]

☆上演時間 60分[休憩なし]  

☆保育有り[保育料500円・申し込み期限4/21(日)] 
保育のお申し込みは締め切りました。

練馬区役所 アトリウム地下 多目的会議室


ものがたり・・・
深刻な環境汚染により、ついにあと5年で滅亡という危機に瀕した地球。残された最後の5年間、仮そめの希望を人類に与えるため、苦しまぎれの政治家たちの策により、一匹のカバが宇宙へと送り出される。

「カバが地球を救う」という、でっちあげの希望に湧き立つ人々。人類の期待と思惑をよそに、カバを乗せたロケットは、大気圏を越えて広大な宇宙へと旅立っていく。

銀河をめぐり、様々な種のエイリアンと出会いながら、やがてカバが行き着く旅の果てとは…



脚本  ダニエル ウィッシーズ

演出・影絵美術  矢内世里

音楽・演奏  エリオット ロラン

コンセプトアート  岸田僚子

影絵人形制作  望ノ社

イメージ 2


望ノ社(もちのしゃ)は、カナダ人のダニエル・ウィッシーズと、日本人の矢内世里が、イギリスのロンドン人形劇学校での出会いをきっかけに、2012年に発足した、国際パペットカンパニー。
影絵劇手法を中心としながら、型に捉われない舞台制作をつづけ、これまでロンドン・バンクーバー・東京を含む5か国27都市で公演を行う。どこまでもアナログを貫きながら、決して時代遅れでない新しい感覚をもって、今を生きる観客へメッセージを届けたい。そんな思いで制作された『宇宙カバ』は、これまで日本、カナダ、そしてヨーロッパでも上演され、数々のソールドアウトや五つ星レビュー、演劇賞とともに、世界で絶賛されています。
(望ノ社HPより)

★★★★★  ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 

息の合ったコメディ、美しい影絵と魅力的な音楽が、カバの不思議な宇宙への旅の虜にさせる 
- Joff Schmidt, CBC

楽しくて、惚れぼれして、すっかり夢中になる 
- Ed Sum, Otaku No Culture

スマートで心に訴える風刺作品、しかし情熱的な魂が込められている 
- Pat St. Germain, Winnipeg Free Press

超・ヘン、そして超・達人的!
- Kathleen Oliver, The Georgia Straight

まさに魔法だ! 
- Janis La Couvée Review



鑑賞は有料です

一般チケット
大人2,500円
子ども1,500円(18歳まで)
※未就学児入場不可
小学生より入場可

会員はチケットが配布されます。


お問合せ

ねりま子ども劇場

080-7008-4775 

メール
nerima.kogeki@gmail.com

イメージ 3


開くトラックバック(0)

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事