パーちゃんとマーちゃんのリフォーム日記

最近、中古マンションを購入した私たちのリフォーム日記です。

キッチン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

火力の調節

イメージ 1

イメージ 2

AEGのショールームで、IHのクックトップを試したところ

操作パネルがタッチパネル式なのですが

慣れていない私には操作が少しやりにくかった。

つまみをひねるタイプのほうが、

なんとなく火力調節をするときにやりやすい感じがするのです。

ついでに前回ブログにも記載した

ヨーロッパでは今年発売された日本でも発売予定の

4つ口IHについても聞いてみたのですが

日本ではどのデザインで売り出すのかも決まっていないらしい。

(周囲にステンレスがあるものやガラスのみのものなど3種類あるようです・・・)

そこで、ガゲナウの2口IHなら、つまみをひねるタイプだったなぁ

と思って、ガゲナウのHPを見ていたところ

4口IHが新たにラインナップされていた。

新発売らしく、日本のサイトではよく分からなかったので、

ドイツのガゲナウのHPを見ていたら、

この商品はつまみをひねるタイプではないが、

少し変わっていて中心に磁石が付いていて

磁石を使って、火力の調節などの操作を行うらしい。

同じものではないが、類似品が日本にもあるといわれて

エヌテックのショールームに行ってみた。

残念ながら機器が設置されていなかったので

電源を入れることは出来なかったが、

タッチパネル式のものよりは操作がやりやすいかもしれない。

しかも、トータル7200Wと火力も強そうだ!!

取扱説明書はまだ未完成らしいが、製品自体はリフォーム時期に間に合いそう!

結局IHになりそうな予感です。

開く コメント(6)

開く トラックバック(25)

オール電化の悩み

イメージ 1

イメージ 2

元々ガスが好きな私は、IHなど考えてもいなかったので

銅鍋や土鍋などIHでは使えない鍋類を結構持っている。

しかし、今度のお家はオール電化なので

今までの鍋類が無駄にならないようにと

AEGのIHとラジエントが2口ずつついているクッキングヒーターに

しようかと思って、

とりあえずAEGのショールームに行って見たところ

またまた、今年の7月で生産中止らしい。

でも、今回はネットで探してみたら、まだ何とか手に入りそう。

ひとまずほっとしながらも、何か良いものはないかと

なんとなく、AEGのHPをみていたら、

今年、ヨーロッパでクッキングゾーンにとらわれない

4つ口のIHのクッキングヒーターが発売されたらしい。

http://www.aeg-electrolux.jp/node187.asp

正直鍋なんて捨てちゃってもいいかなって言うほど

デザインも好みかも!

ドイツのAEGのHPでも見てみたが、

ドイツ語わからないけど、今までよりワット数も大きそうだし

よさそうだ。

早速AEGに問い合わせてみたら

早ければ2007年遅い場合は08年に発売予定らしい。

IH+ラジエントのクッキングヒーターとは

取り付けの際の天板の開口のサイズが異なるので

パーちゃんとサトヒデに相談したところ

電化製品なんて、年々良いものが発売されるので

このヒーターが発売されることには

「今度はやっぱりこれがいい」ってなるに決まっていると

呆れられてしまった。

発売が決まっていないのに、キッチンの天板に穴だけ

空けるわけにもいかないし、

どの機器にしようか悩んでしまうわ。

ガスってあんまり新しいのが出ても

気にならないのになぁ・・・

開く コメント(4)

イメージ 1

現状のキッチンを甦らせようと決心したものの
今のキッチンのレイアウトをそのままにすると
冷蔵庫が600mmまでしか入らないのです。
そこで、知恵を振り絞って考えた案が
氷を外出しにすることでした。

アイスディスペンサー付きのSide by sideがほしかった理由を
自分なりに考えてみたところ、
結局「氷」がたくさん欲しいのと、水道管に直結させたいのだ
ということに行き着いたのです。

パーちゃんも私もお酒を飲まないので
アイスコーヒーやアイスティー等をよく飲むのですが
都度、熱いコーヒーや紅茶に氷を入れて作っているので、
我が家は氷を良く使うのです。

サラダを作るときや、青菜をゆでた後なども
気にせず氷を使いたいですしね。

そこで、製氷機を探してみたところ
ホシザキの家庭用製氷機を発見したのです。
幅も300mmに収まるし、氷の量も多すぎずぴったり
しかもビルトインできて、面材も取り付けられるみたい。

ところが、
ホシザキは去年の12月に家庭用から撤退。
ホシザキにも、ホシザキを扱っているお店にも聞いてみたが
残念ながら在庫は無いらしい。

「またもや夢破れたりぃぃ」

前途多難だなぁ・・・

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

現状キッチンには、下がり天井がある。
マンションに梁や下がり天井は
仕方が無いのかもしれないが、気になってしまう。

天井の構造梁の関係で換気扇のダクトがキッチンの天井を対角線状に
走っているためらしい。

せっかく、リフォームするなら下がり天井が無くなる仕様にしようと考え、
サトヒデに相談したところ、
逆の壁に換気扇を移動しない限りは、下がり天井はできてしまうらしい。
逆の壁は2300mmしか幅が無いので、
シンクとクックトップの両方を逆面に移動するのは狭くなっちゃうし、
シンクとクックトップを向かい合わせに配置するのは、床に水がたれたりするので
余りお勧めではないと言われた。

レイアウトが決まらないまま、参考になるプランがあればと思って
キッチンのショールーム巡りを開始した。
SieMatic、Alno、Hauze、クリナップ、サンウェーブ・・・
残念ながら、気に入らない。
スタイリッシュでオープンタイプのキッチンが主流の今、
クラッシックでクローズタイプのキッチンが好みの私に合う物なんて無いのかもしれない。
輸入住宅で使われそうなKraftMaidやMerillatも見てみたが、
それだと少し、カントリー風過ぎてしまう・・・

気に入ったキッチンが無くて落ち込んでいたころ
パーちゃんの両親が、マンションを見にきた。
2人に「素敵なキッチンね。きれいじゃない・・・」
「キッチンの天板が木だなんて、印象に残るわね」と言われて
単純な私は、今のキッチンに愛着がわいてきた。

そんなわけで、キッチンを掃除してみたら
以外と綺麗になってびっくり!
面材もニスを塗りなおせば、良いかも。

下がり天井は今でも気になるし、
造り付けの食器棚の関係で、レイアウトには相当制限があるけど、
今のキッチンをどう甦らせるかが天職にさえ思えてきた。

こうご期待です!

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

このマンションの悩みの種はキッチンだ。
と言うのも私は大の料理好き!
広い台所に大きなガスオーブンと
アイスディスペンサー付きのSide by side冷蔵庫を置くのが夢だったんだもん!
ところが、このマンションはオール電化!
しかも、今のキッチンは3方向にドアがある上、洗濯機も置く仕様になっている。
(実はこの部屋、分譲時の台所の広さは約7.3畳だったらしいのですが、
以前住んでいた人が設計変更をしており、台所を狭くして、トイレを追加しているのです。
トイレなんて2つもいらない!悲しいよぉぉ)

ガスはあきらめるとしても、どうせリフォームするし、
洗濯機は寝室のトイレについている洗面台を撤去して
パイプスペースを少しずらせば入らないかな?と思い
早速、サブちゃんとサトヒデに伝えた。

結果は、残念ながら、パイプスペースは壊してみないと分からないけど
でも多分無理!という回答だった。
(リフォームの相談をするたびに
壊さないと分からないって何度も言われたけど
壊した結果やっぱりだめでしたってなったら、その後どーなるんだろう。
はがれた壁とかパイプ類が血管のように見えるのだろうか?)

仕方が無いので、とりあえず、寝室のトイレを壊して
家事室と納戸を兼ねてもらう形で、提案してもらうことにした。

その間に、キッチンの案を練ることにした。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事