藤岡の政治

日本の地方政治の現状を診る・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3人の候補者―

一昨年(平成14年)の市長選挙
有権者数50000人。
有効35331票(得票率71%)  棄権14423票
投票結果
新井利明18416 ーー 塚本昭次14080
票差 4336票

昨年(平成18年)の市長選挙
有権者数57000人。(鬼石と合併)
38000人(得票率67%)
投票結果
新井利明22370 −− 関口茂樹15000
票差 7370票。

県議選序盤を私はこう分析する。
昨年の市長選では鬼石票の行方7000は、新井利明3000、関口茂樹4000と考える。

田所派独立前の、平成14年市長選挙の塚本票14000のその後の行方を分析すると、
基礎勢力は全体として半分に衰退し、
田所系4000と塚本系に3000に分散したとみる。
また山口系も4年前の県議選から勢力が衰え現有勢力3000〜4000とみる。

今回の県議選で3陣営の既存勢力の基礎票をこのように考えると、
本格選挙出発時点では以下と考えられる。

有権者数57000 投票率60%とすると投票総数=34、200票

田所三千男 4000基礎票+新井市長系5000      = 9000
関口茂樹  3000基礎票+塚本系3000+山口系3000= 9000
新井雅博  6000基礎票+新井市長系4000      =10000
合 計                                =28000

浮動票(態度未定)                         = 6200
投票数合計(投票率60%とする)                =34200

以上が3月1日時点での私の分析である。
県議選告示前日の29日このブログは更新をストップします。
そこで最終予測をするつもりだ。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/
このブログを覗く人にお知らせいたします。
私のサイトは全てリンク自由ですが、コンテンツの無断使用を禁じております。
5年前に元藤岡市議会議長と裁判で争い勝利しましたが、
私のメールを無断で使用したことが発端でした。
無断使用は禁止です。取り扱いは充分注意してください。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事