藤岡の政治

日本の地方政治の現状を診る・・・

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ビックバン

イメージ 1

東京都知事選挙で外山恒一が立候補した。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%A4%96%E5%B1%B1
その政見放送が様々に加工されてネット上に流れた。
多くの人々がアクセスした証拠に、ブログランキングで10位前後に達した。

選挙管理委員会は取り締まりに有効なてだてを打てずに終わった。
ネットを取り巻く世界は法律はもちろんのこと既存の情報媒体が追いつかない
速さで変容している。
何が出てくるか見当も付かない状況下にある。

25数年前にトフラーが予言したように、世界は大革命が始まった。
テクノロジー目のくらむような進化と情報処理によって構築された世界の真っ只中にある。
革命ではなく「人類始まって以来の大変化のビックバン」を肌で感じるのである。

渦の中に巻き込まれいることさえ多くの人は気がつかない。
気がつかないでいられるのは、ある意味で幸せなことなのかもしれない・・・。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

県議選分析―

今回の県議選挙での特徴は、
鬼石地区の人々が1年前の市長選では考慮に入れなかった、
地域の利益代表が必要だとの危機感が生まれた。

その結果、鬼石地区5690有権者の70%(投票率推測)=4000票
4000票の70%〜75%が関口に投じられたと推測する。
関口に投じられた3000票は今回の当落を決定付けたといっていいだろう。

その推測をうらずけるように、体制的には新井市長よりだったが、
今回関口陣営に加わった市議の地盤が高い投票率であったとのことからも伺える。

1年前の塚本系の分裂で自立しての闘いであった田所陣営は、
旧身内の闘いにエネルギーを消耗し議席を失った。

4年後のことは神様のみしか知る由もないが、
どの道を選択するにしろ、関口は凋落をたどる二つの政治勢力を頼りにするのは今回が最後で、
その政治生命は独自の地盤の確立ができるかどうかにかかっている。

田所も再チャレンジするならば陰の力に依存するのではなく
真の田所派を自分の手でしっかりと確立できるかどうかにかかるだろう。

4年経てば古い体質や闇の力は確実に退場し、新しい世界が訪れる。
日夜変貌激変する世界で、
今後どの候補者もまず自分の指で自分のホームページの書き換えぐらいはできないと
流れには付いてゆけないだろうことだけは確かだ。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

県議選分析―

県議選結果 私の分析
(私の予測は3月29日時点で34、200(投票率60%)だった。誤差1000票)

開票結果・・・56、100×(投票率)63.8%=35、293票

1−関口茂樹  =  ◎13,407
2−新井雅博  =  ◎11,523
3−田所三千男 =  ●10,363

ーーー関口票の内訳は
関口基礎票5000+旧塚本系3000+旧山口系2000
+商工会、保育園系2000+その他1500  
*関口基礎票5000の内訳(鬼石地区票3000+藤岡地区2000)
合計13,407票

ーーー新井票の内訳
新井基礎票7000+市長系3000+旧山口系500+その他1000
合計=11,523票

ーーー田所票の内訳
田所基礎票5000+市長系4000+その他1000
*基礎票の5000の内訳(田所派4000+旧塚本系1000)
合計=10,363票
*(その他は公明票を含む)

結果を見れば(浮動票1900票+誤差1000票=2900票)をそっくり関口票に乗せると
3月29日の私の予測がぴったり当たったということになる。
2900の内訳は(旧塚本の反田所票1400と鬼石の地域代表を選ぶ意識が生んだ旧町民票1500)
とすれば説明が付くのだが・・・・。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

統一地方選挙

午後8時00分
選挙速報 http://www3.nhk.or.jp/senkyo/flash/index.html

藤岡選挙区 県会議員選挙 結果  
投票総数  = 
関口茂樹  =  ◎13,407「当選確実」 8時55分NHK発表
田所三千男 =  ●10,363
新井雅博  =  ◎11,523


東京都知事選挙
投票総数 480万票 
最終予測

慎太郎 220万
浅野  170万
黒川   30万
共産党  20万
発明家  10万
極右   20万(極左?)
その他  10万

選挙最終予測

体調不良を押して参加した最後の議会報告が終わった。
鬼石多目的ホールに駆けつけてくれた女性団体から引退の花束をいただき
大感激だった。

そんなわけで帰って来たのが午後9時であった。
相変わらず胃の調子が芳しくなく(胃炎)忙しさにゆっくり休養できないでいる。

さてお約束のこれまた最後の県議会選挙予測だが、はっきりいて今回は分からない。
各種選挙を100%近く感による予測が当たってきたが、今回は接近しすぎる要素が多すぎる。
報道では知事派対反知事(自民)などと分析しているが、確かにそういう要素も大いにあるだろう。
しかし藤岡の場合はその割合は以下の理由により少ない。

旧政治勢力の分裂による私念が二つの陣営の選挙活動のエネルギーになっている。
旧塚本派の影響が選挙戦にかなりの影響を与えているからだ。
理念や政策はかき消される様相になり、
覚めた人々は嫌気がさして離れていく傾向。
新井陣営はその渦の中から離れ、確実に足元を固めている様子がうかがえる。

藤岡県会議員 告示直前予測
投票数合計(投票率60%とする) 

田所三千男 = 10300
関口茂樹  = 10500
新井雅博  = 11500
合  計   = 32300(3月29日時点予測)
浮動票   =  1900
投票総数  = 34200(投票率60%)



都知事440万票の行方・・・・最終予測。

慎太郎 190万
浅野  160万
黒川   30万
共産党  20万
発明家  10万
極右   20万(極左?)
その他  10万

今日から9日までこのブログの更新をストップします。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/
 

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事