ネットジャーナリスト新聞 世の中の騙しに騙されてはいけない!!

安倍晋三の保守・右翼は売国を隠すためのアクセサリー どこまで日本国民を苦しめるの? 戦争法案反対!

全体表示

[ リスト ]

元航空幕僚長の田母神俊雄氏が近く新党を設立する意向であることが22日、分かった。西村真悟衆院議員(無所属)も参加する考え。10月1日発売の雑誌「正論11月号」(産経新聞社)に掲載される対談で両氏が明らかにした。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 田母神氏は対談で、新党設立について「近いうちに必ず動き出す」と明言。「自民党の右側にしっかりと柱を立てる政党、健全野党が必要だ」としている。西村氏も「一緒にやる」と応じた。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 田母神氏は今年2月の東京都知事選に立候補したが落選し、国政進出に意欲を示していた。西村氏は平成24年の衆院選で旧日本維新の会から出馬し当選を果たしたが、昨年5月に慰安婦をめぐる発言で除名されていた。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
田母神俊雄がやっと新党設立。これはかなり支持を集めるだろう。次世代の党も合流するんじゃないかな。となると、割を食って票を奪われるのは、橋下徹の維新だ。政治力学の作用で。維新、ジリ貧になって分裂解体の道を早めそうな気がする。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
田母神俊雄がやっと新党設立。これはかなり支持を集めるだろう。次世代の党も合流するんじゃないかな。となると、割を食って票を奪われるのは、橋下徹の維新だ。政治力学の作用で。維新、ジリ貧になって分裂解体の道を早めそうな気がする。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

閉じる コメント(1)

顔アイコン

何となくバカバカしい感じがしますね!

平和憲法のもとで、日本人が何処に行っても、かなり安全に旅ができたのは、武器を身につけない丸腰だからではないのかな?

世界のどこの国でも、その国民が武器を使用できる体制にあるなら、誰も警戒をするが、丸腰で有れば そんな気使いは無用である。
だからこそ、国連に持ちこまれた、世界の中での紛争の調停においても、世界のどの国でも行えなかった調停を此れまで日本は3件も成功させた。この偉大な成功こそ、日本が戦後ずっと平和国家であったからこそだと言われます。

ここに見られます、お二人さんはどうでしょうか?

2014/9/24(水) 午前 8:09 [ 改革尾張旭・松本和夫 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事