ここから本文です
精神の宮殿
常習的ネトウヨ、敦賀の某市議のコメは読まずに、即、削除するので、コメ入れても無駄ですよ。意見があるのなら、自分のブログに書け!

書庫トップ

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

記念が大好きそうなでんでんのために、でんでん辞任記念キャッチコピーを考えてあげたよ(笑)

でん電通さんのように高い料金を頂くこともありません。

イメージ 1

ファシズムの初期症候

興味深いものを、見付けた。

「ファシズムの初期症候 / Early Warning Signs of Fascism(日本語訳版)」(ローレンス・W・ブリット起草/米国・ホロコースト博物館展示パネルより)

イルコモンズ@illcommonzさんのツイートより

イメージ 1

イメージ 2
実際のパネルがこれ!


安倍晋三一派のヤッていることが、全部書かれている。

国連安保理の常任理事国のみなさん、芽を摘むなら早いほうが良いですよ。

島津論文!

以前にもご紹介したことがある元ジャパンタイムズの編集長・島津洋一氏が書いた島津論文。忘れていらっしゃる方やまだ見てない人もいらっしゃると思うので、再度取り上げます。


最近、お友達になった方からの追加情報です。

「反原発の外国人から送られて来たもの。3・11の当日、津波の避難訓練が予定されていた oom2.com/t16712-nrc-and… … pic.twitter.com/jrxJqAI9AP」


当日に避難訓練!
事前に知っていたとしか思えませんね!

更にこんな追加情報もあります。

元NRA告発者ジム・ストーンは有名。内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』

島津論文の信頼性を高める証言です。

アフォ晋三の正体がお分かり頂けましたでしょうか!
私は神社・仏閣には極力近づかないように心がけているので、初詣には行きません。

日本の文化だと騙されて初詣に行った皆さんにお願いがあります。

行かれた神社で、次のような怪しげなものをご覧になった方は、内緒コメで結構なので、どこの神社でご覧になたのかをコメ欄にお知らせください。
イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2

これは全て、安倍晋三の背景にいるカルト集団=日本会議や神社本庁がやっていることです。これで改憲機運を煽ることが、ヤツラの狙いです。

お子様や家族やご親戚の方々を戦争に駆りだされて、殺されたくないとお考えの方は、ご協力お願いします。
安倍政権が狙っている憲法改正⇒憲法廃止⇒独裁がもう目前に迫りつつあります。これまで取り上げてきたヒトラーの出現から権力掌握・独裁にいたる過程と、その末路に関する講演、映画、ドキュメンタリーなどをまとめて、学習しやすくしました。結構長い動画もあるので、ゆっくりでも構いませんから是非、御覧ください。

これから私たちに身に降りかかってくるであろうおぞましい事態が、はっきりと見えてくるはずです。


導入編

マスメディア時代の戦いへのすぐれた考察


講義編

ドイツ現代史の専門家石田さんよる講義
石田勇治東京大学大学院教授

ドキュメンタリー編

ヒトラーは1889年4月20日に生まれ、1945年4月30日に自殺します。オーストリア出身のヒトラーが、なぜドイツを支配できたのか。どのようにして憎しみの連鎖を作り出したのか。そして世界を、いかにして大参事へ引きずり込んでいったのか。一体あの時代、どのようにヒトラーを崇拝する現象が生まれて行ったのか。



映画編

ヒトラーの独裁を風刺した名作

映画『独裁者』の最後にある有名なスピーチの場面(字幕)

日本軍国主義とチャップリンの関わり
〜五・一五事件 首相暗殺の裏に秘められたドラマ〜


ドキュメンタリー編(その2)
あわれなヒトラーは追いつめられて自殺

勝手に哀れな末路に至るのはご自由ですが、国民や近隣国まで巻き込むな!と皆さんもお感じになるはずです。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事