頭痛日記

あなたの困っている頭痛を教えてください

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は前の北里大学神経内科教授である坂井文彦先生の著書と、現在いらっしゃる埼玉精神神経センターでの取り組みについてご紹介します。

坂井文彦先生は頭痛専門医であれば、知らない人はいません。
また1997年にだされた日本人の頭痛の有病率を出した論文は大変有名なお仕事です。

坂井先生門下には五十嵐先生を始め、たくさんの頭痛で有名な先生方がいらっしゃって、頭痛の研究者というだけでなく、教育者としても日本頭痛学会に多大な功績を残されているLegendです。

坂井先生がこの度、講談社の現在新書から本をだされています。私もAMAZONから購入しました。

また現在、所属先であります埼玉精神神経センターでの取り組みが大変すばらしいのです。

まずはHPです。
http://www.saitama-ni.com/zutuugairai.html

是非ご覧下さい。
通常の診察に加えて
”薬指導 体操指導 生活指導 た翰カウンセリング タ房N邸´Ε茱教室

至れり、尽くせりな内容になっています。
もちろん定期的に頭痛教室も行われています。

通常、大学教授をおやめになられますと病院長などの管理職をされるのが一般的なのですが、坂井先生は診療に大変時間を割いていらっしゃって、まさに「頭痛センター」ならではの取り組みをなされています。

我々開業医でも、同じようにとはいきませんが頭痛診療の末端を担っていますが、できる範囲で坂井先生のような取り組みをしていきたいと考えています。

仙台頭痛脳神経センター(http://www.sendai-zutsu.com/)の松森先生
札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック(http://www.isobeclinic.jp/)の磯部先生

私の知る限り、上記でも規模はさすがに小さいとおもいますが、坂井先生と同様の取り組みを行われています。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

先生こんにちは。私も根性があれば坂井文彦先生の診察に通い続けたかったです。予約無しなのと、何と言っても先生の人気がありすぎるのと、偶々なのか頭痛以外に神経内科の方も診察されていて、私はダメでした。往復3時間電車、バスの車内の人混みや香害だけでも疲れ、診察まで5時間は先生の方が疲れるとは思いますがこちらも地獄でした。でも初診の時初めて坂井先生の姿を見たときの安心感は何とも言えない物でした。トリプタノール5mg(就寝前)、セレコックス頓服、ナウゼリン頓服…1日3回まで可、レルパックスを処方されました。そう言えば初診の時膝蓋腱反射?が出なくて先生の言うとおり動きをしたら嘘の様にその反射が出てびっくりしました。運動とマッサージを教わり通院出来ない今も行ってます。坂井先生のお弟子さんがあっちこっちで開業したら良いのに。 削除

2018/6/7(木) 午後 4:20 [ みー ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。お邪魔します。

数年前、ODの娘(だった??、今も万全ではありませんが、自分の体調を受け入れてうまく付き合っています)が、ODと診断される前に、思春期慢性連日性頭痛ということで坂井先生に診ていただいていました。

当時は午後とかは待ち時間もそれほど無く見ていただけていましたが、TV出演とかここのところは予約もなかなか取れないと伺っています。

物静か、穏やかで、お忙しいのに頭痛教室にも出席されており、真摯に向き合っておられました。
結局転院はしましたが、とても良くしていただきました。

何よりも素敵なロマンスグレーで、とてもダンディでした。(*^^*)

2018/6/8(金) 午前 9:25 [ ニャン ] 返信する

アバター

頭痛がなくなり。。。なんて魅力的な
あの痛みから解放されたら日々の生活がどんなに楽に過ごせることか!です。
読んでみたいですね。
HPも見てきました。すごい取り組みがなされてる病院ですね。

2018/6/8(金) 午前 10:22 ちぃ 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。
高齢の親たちが 次から次に 入院だの手術だので
ずっと読み逃げしておりました。
少しホッとしだした先週から頭痛がひどいです。
忙しすぎて気が狂いそうな時は頭痛がこなかったのです。

小型の機械・抗CGRP療法 ものすごく興味があります。
一日も早く 片頭痛から卒業したいです。 削除

2018/6/11(月) 午後 5:24 [ ] 返信する

顔アイコン

> みーさん
コメントありがとうございます。
坂井先生とは、研究会や治験の会などでお会いする機会が多く、いつも真摯に向き合われいて大学教授を辞められても更に患者さんの診療に尽力される姿は大変立派な先生だと思います。
坂井先生の目標は今の病院をイギリスなどの頭痛センターと呼ばれている病院のようにすることだと思います。
診察以外にも、患者教室やたくさんの試みがなされえていて、徐々にそのような形態に進んでいるとおもわれます。
富士通クリニック頭痛外来の五十嵐先生は一番弟子で、この先生もTVなどの出演歴も多く、丁寧な診察で評判の先生です。

2018/6/13(水) 午前 6:56 [ 頭痛博士 ] 返信する

顔アイコン

> ニャンさん
コメントありがとうございました。
おっしゃる通り素敵な先生です。
臨床に向かう姿勢も頭の下がる思いです。
北里大学神経内科出身の先生達は坂井先生の薫陶を受けて、似たようなタイプの先生が多いように思います。

2018/6/13(水) 午前 6:58 [ 頭痛博士 ] 返信する

顔アイコン

> ちぃさん
コメントありがとうございます。
HPの内容から見ると、現時点で日本でNo.1の頭痛センターだと思います。
大阪の富永病院も竹島副院長以下、有名な先生方でそれに継ぐ頭痛センターだと思います。

2018/6/13(水) 午前 7:00 [ 頭痛博士 ] 返信する

顔アイコン

> 花さん
抗CGRP療法は5月にアメリカで認可されました。
日本でも順調に治験が進み、結果も同様だと聞いております。
早ければ2年後には認可されると思います。
もうしばらくお待ちください。

2018/6/13(水) 午前 7:01 [ 頭痛博士 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事