頭痛日記

あなたの困っている頭痛を教えてください

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトルのようなお話です。

頭痛外来をしていますと、あちこちの医療機関を経由していらっしゃる患者さんも多くあります。
もちろん、似たような頭痛外来・脳神経外科・神経内科などの専門的な施設経由もいらっしゃれば、一般の内科。救急外来などを経由していらっしゃる患者さんも多くおいでです。

私たち頭痛専門医の啓蒙・製薬会社の啓蒙が不足していることを痛感することが多くあるのです。

例えば、イミグラン・ゾーミッグ・マクサルト・レルパックスといったトリプタン製剤は通常頭痛時頓用にするのが一般的な処方なんです。

例えばupしています処方箋のように3T3x朝・昼・夕食後と5日分です。つまり15錠分の処方です。

恐らく、通常の鎮痛剤と同じ内服方法でいいという感覚なんだと思われます。これは救急外来での処方でしたので、薬局で相当の金額をお支払いされたものと推察します。

この処方箋の誤りは
‘寨僂能菠されなかった。 
1日の最大容量を超えて処方された。 
1枚の処方箋で出せるトリプタンの量を超えて処方された。(福岡県の場合)

そして、薬局側の問題としても
‘寨僂僚菠にするべきであった。
1日の最大容量を超えて処方されている
この2点について疑義照会を行うべきだと思います。

これは処方する医師も、処方した薬剤師もこのような処方を経験したことがないことによっておこったミスであり、折角のdouble checkも功を奏しなかったと思います。

幸い、この患者さんは片頭痛の診断も間違っていないようですし、処方箋通りの服用もされていなかったので健康被害を防ぐことができたケースです。

全ての医師・薬剤師が全ての内服薬の処方に精通しているわけではありません。
ですので、このような処方例はcommon diseaseである片頭痛でも容易におこる可能性があると思われます。

我々、頭痛専門医・製薬会社はやはりもっと片頭痛、ならびに治療薬に対しての啓蒙活動が足りないと痛感しました。



池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事