ここから本文です
University of London International Programmesの学生社会人です。

書庫全体表示

認識の甘さ

経済学入門の進捗はもうすぐ安全圏内に入りそうだ。
勉強の効率を上げるために急遽、積木で背の高い勉強机をこしらえた。窮屈な姿勢の緩和。
切羽詰まったところで色々と知恵が働く。

結局、追い込まれてから動いている。
反省しなければいけない。
追い込まれてからできることが追い込まれる前はできなかったのか?
そもそも、ロンドン大学通信の入学そのものがある意味自分自信を追い込んでいるから、追い込まれている状態に前も後もないはずだ。

ロンドン大学通信は自分自身に課したコミットメントであって、ただの趣味でやっているわけではない。
チンタラやっていてはいけない。
ちゃっちゃと進めていこう。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事