ここから本文です
University of London International Programmesの学生社会人です。

書庫全体表示

ロンドン大学通信では学生用のポータルサイトがあり、教材や講義ビデオのダウンロード、質問投稿など学生同士のコミュニケーションを目的としたフォーラム、試験前の博士課程の先生による質問受付けサービスなどが提供されている。
また、サマースクールもある。

実はフォーラムやサマースクールなどのサービスを利用したことがない。
フォーラムを利用しない理由は二つある。
一つは、専攻している学科が定量的であること。どんどんと一人でのめり込んでいくことが要求されるということが第一と考えると、フォーラムなどを利用する気持ちの余裕がない。いや、そもそも、通信でもやっていけると判断したのは、定量的であるからだ。これが例えばMBAとかならパートタイムや通信という選択肢は考えられないが(注: そもそも経営修士の入学資格も無ければ興味もないけど)、準同型やら群やらを勉強する分にはあまり通学と通信で変わりはない。大学通信世界最古にして最高峰のロンドン大学通信が提供する教材に頼るのみだ。

とはいっても、経済学であれば経済活動一般に関して他者とのコミュニケーションは大事だとは思うのだが、それはむしろ職場で実現するのがよいと思っている。
そして、実際そうしている。会社の動きと教材から学んだことを結びつけながら勉強しているのだ。これが第二の理由。

サマースクールは、当然ロンドンで。
参加すると、なんか加点されるようだ。
何日だか何週間だか開講されるこのサービスのためにわざわざ長旅をしようとは思わない。
どうせそんな遠くまで行くぐらいならせめて半年ぐらいは滞在する予定があってほしいところだ。
短期間でお気に入りのパブやギグ場が見つかるわけないだろう。

ただ、卒業式は出るつもりだ。ロンドン大学通信の主催者である女王様に会うために。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事