ここから本文です
JAZZな家造り(^^♪
尼崎市空家活用アドバイザーになりました。

書庫全体表示

★ 常にお客様(建築主)の側に立ち、家づくりの専門家として機能いたします。

スタンスとは、立ち位置という意味です。
家造りにおいて、極め設計職人の立ち位置を記述していきます。

家は、建築主と設計能力のある工事会社だけで建てることができます。
良し悪しは別として作り上げるという視点に立つだけなら、そういうことです。

しかし、限られた予算で、より良い家を造るという視点に立つなら、
設計事務所の参画が必須とは云わないまでも、極めて望ましい形である・・・
ということを簡単に説明したいと思います。

建築主と工事会社の損得関係は反比例関係にあり、金銭的に工事会社が
儲かるほど建築主が損をし、逆に工事会社が儲からないほど、
建築主が得をします。

工事会社はもちろん利益を見込んで良いのですが、程度問題です。
建築主としては法外な利益を見込まれたくないですよね。

一応、工事見積りは適正価格であることを前提に提示されます。

でも一般の建築主には、提示された見積が本当に適正価格なのかどうか
わかりません。予算オーバ−しても・・・安く負けてくれることはなく、
恐らく、夢のマイホ−ムのグレ−ドを落とし予算内にする方向になります。

夢を削るか夢に見合う予算に増額するかの二者択一を迫られるのです。

でも、建築主の側に立ち、コストも理解し家造りも理解している
専門家がいれば、話は少し違ってきます。

専門家として明細見積を精査し値入や数量をチェックし、見積が
適正な金額かどうか判断します。予算をオ−バ−している場合
VE案を求めたり様々なスキルを駆使し、グレ−ドを下げずに
夢のマイホ−ムが予算内になるよう努力します。

設計事務所は、それを可能にする建築主側に立つ唯一の専門家です。

設計図を作ることだけが設計事務所の仕事と思ってましたか?
図面を作るだけなら工事会社の設計部で十分です。

設計監理を生業とし、工事金額の増減と収益上無関係の立場にある
設計事務所のみが建築主の側に立つ専門家になれるのです。

弊社では工事費の増減が当社利益の増減とならないように、
地域相場の標準工事費から求めた仮想工事費を設計監理料の
算定根拠としています。

ここで注意しておきたいことは、設計事務所が工事会社と
癒着している場合、その設計事務所は建築主側の本当の専門家
ではないということです。

工務店を1社の特命発注にするとか、競争見積で建築主の希望する
工事会社を入れたがらないとか・・・まず疑ってみることです。

設計事務所は建築主側の専門家であり、工事者側の専門家に対抗し
契約時に建築主の利益を損なわないようにしたり、
図面通りに問題無く工事が行われているかということも行います。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事