ここから本文です
JAZZな家造り(^^♪
尼崎市空家活用アドバイザーになりました。

書庫全体表示

★ 責任あるコストコントロ−ルを行います。                 
    必要に応じて再設計・見積仕切り直しも厭いません。          

設計事務所は工事を請け負う会社ではありません。
工事をしない会社が責任ある工事見積を出すことなどできません。
これは、アタリマエのことです。

しかし、なかなか理解してもらえないようです。

家の設計図を見て、お客様は必ず聴いてきます。

「でっ工事費はいくらですか?」
−「大体・・・○○○○万円くらいだと考えています。」

「大体って?プロでしょ?自分が設計した家がいくらでできるかワカラナイのですか?」
「アナタ・・・それでもプロですか?」と言われかねないわけです。

話せば長くなりますので省略しますが、
要するに家の値段は相場みたいなもので定価がないと考えてください。
請け負う会社が変れば請負金額も変ります。
定価がないのだから、3000万円の家が2000万円に
なったりするのです。同じ家なら、3000万円で建てるより
2000万円で建てたいですよね(笑。

・・・話を戻します。
設計事務所の家造りの最大のデメリットは責任あるコスト提示ができない
ということだと思います。

それは工事をしないことに起因しているのですが、逆に工事をしないから
不特定多数の工事会社に見積を取れるということでもあり、見積に
競争原理を持ち込むことができるという最大のメリットもあるわけです。

−A社という工事会社に設計してもらって、その図面でB社に見積を取ることは
 できませんし、A社の図面はA社だけが見積ができるように省略してる部分が
 多いのです。その段階で同じ家の見積でなくなるのです。設計事務所の図面は
 詳細に仕様を記入し、詳細な図面を描き、どこの工事会社の見積でも同じ家が
 出来上がるようになっていて、将来のリフォ−ムにも役立つ図面なのです。

どこの工事会社に見積を依頼したかは極秘にして、
数社に見積り依頼するのですが、狭い地域での競争見積の場合、
地域の下請に同じ見積依頼が集まるわけです。元請け同士が
日頃仲良くしていることもあるわけです。

ネタバレしないほうがオカシイわけで・・・競争が競争でなくなることがあります。
形は競争見積でも、談合すれば競争でなくなるわけです。

そのような地域の場合・・・

まず、数社見積依頼可能な工事会社をリストアップしておきます。

そこから1社を選び見積を依頼し、値合していくことになります。
見積り依頼された会社は、予算に合えば工事を受注できるわけです。
でも、予算に合わなければ他社に見積を取ることを事前に伝えられています。

見積ル−ル書を作成し、建築主に実印を押してもらい、そのコピ−を
見積要項に添付し工事会社に渡します。

ル−ル書はさらに細かく規定していますが、それは当社のノウハウなので
省略します。それなりに受注を見据えて企業努力をしてもらう内容です。

建築主の予算は極秘です。
云う必要などありませんし安く出れば儲けモノだからです。

なお、設計事務所は事前に地域の標準的相場単価を把握しておく必要があります。

当社では設計監理料算定で仮想工事費算定のために、地域相場の標準的工事費を
入手済みです。(注:仮想工事費は地域の標準工事費ではありません)

見積をした工事会社にしてみれば、人件費も使ってますし、
一度上がった工事の受注を失うことはとても精神的につらいことです。

これもある意味競争原理を効かした方式なのです。
しかも競合相手が見積依頼されてない状態なので、
どこの会社なのか全く解りませんよね。
そして予算の許容範囲であれば確実に受注が見込まれるのです。

工事会社も商売ですので、原価割れしてまで受注しません。
設計事務所が工事監理をするので、手抜きもしにくいでしょう。

設計事務所は、工事に支障のない金額で荒利のない適正価格を目指している
ので、工事会社が損をするような内容ならば、受け手もないわけですので、
それなりの設計変更を行なうことになります。

お客様のコンセンサスを得ながらメ−カ−変更やVE提案を受け入れたり、
設計の修正・見積りの仕切り直しまでを視野に入れます。

一度CAD化された図面修正は簡単なのです。

そして様々な手法を駆使し競争原理を効かせて、
お客様の予算に合った家造りを可能にするのです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事