ここから本文です
JAZZな家造り(^^♪
尼崎市空家活用アドバイザーになりました。

書庫全体表示

最悪のシロアリ

2008年9月の−ケンプラッツ記事より転載

日本でシロアリといえば、ヤマトシロアリかイエシロアリというのがこれまでの通り相場
だった。しかし近年、アメリカカンザイシロアリという外来種のシロアリによる深刻な
被害が広がっている。
国内で最初に見つかったのは1970年代だが、食害やコロニーの拡大するスピードが比較的
遅いため、輸入建材や輸入家具が持ち込まれる港湾周辺の地域に被害は限られると長らく
思われてきた。
ところが最近は、内陸部でもこのシロアリによる被害報告が相次ぐようになった。 

和名に含まれる「カンザイ」は「乾材」の意。
乾燥材であれば好き嫌いなく食べ、木の中イメージ 1だけで育つ。
木部の水分だけで十分生息でき、成虫は食い進んだ穴に絶えずフンをする。
木の中に産み落とされた卵から生まれた幼虫は木部を食いちらかして表面に穴を開け、
成虫になると巣立って他の木へ直接飛び移る。
日本しろあり対策協会(白対協)が2007年にまとめた報告書によると、被害は宮城県から
沖縄県までの20都府県に及んでいる。 

駆除方法も困難を極める。移動する際に地面を経由しないため、土壌や土台を薬剤処理して
も侵入を防げない。成虫が木材表面に開けた穴は見つけづらく、薬液の注入自体が難しい。
食害痕を見逃す例も多く、薬剤処理しても被害が再発する危険性はきわめて高い。 

今回、被害が発覚したのは東京都内の内陸部。築30年の木造住宅全体に食害が及び、
手の施しようがないため取り壊すしかなかった。 

問題は、この住宅周辺の地域でもアメリカカンザイシロアリの食害が発生していることだ。
明らかに複数のコロニーが存在し、この地域に定着したと考えられる。
地方議会で被害を取り上げられた地元の役所は、シロアリ被害を周知するため、地域住民
に回覧板を回した。不動産売買にも影響が出るのではないかと懸念されている。 

いったんシロアリの被害が発生すれば、原因者でなくても住宅会社はクレームを受ける
立場になる。現実的な対策は何か。


イメージ 2

これまで地面から来ると想定していたシロアリが、小屋ウラからでも飛んで
侵入してくるかもしれません。防虫アミ付きなら大丈夫なのでしょうか?
とにかく「カンザイ」が「乾材」なのですから、シロアリの常識を越えた
シロアリです。


アメリカカンザイシロアリは、有翅虫の体長が6〜8mm、兵アリは8〜11mmと大型です。
乾燥した木材を食害し、加害材の孔から乾燥した砂粒状の糞を排出します。
水を運ぶ能力はないのでイエシロアリのような巣や蟻道は作らず、加害場所そのものが
巣を兼ねています。
1つのコロニーは小集団ですが、加害場所に複数のコロニーが存在することもあります。
有翅虫の群飛は7〜9月の昼間に小規模に行われ、走光性はありません。

防除−
家具や木材を購入する際には、乾材シロアリ特有の砂状の糞が排出されていないかどうか
注意して購入します。家屋の周辺に放置してある木材についても、糞が排出されていない
かを確認し、必要ない木材は早めに廃棄します。乾材シロアリ特有の糞は、窓の桟や柱の
根元、壁の隅などに見られることが多いので、日ごろから注意しておきます。
天井裏まで点検できれば調査の精度がさらに上がります。
糞が発見されたなら、糞の排出口を探し、その周辺にドリルか錐で直径数ミリの穴を複数
あけ、木材の中にシロアリ用のエアゾールを注入します。
その際、エアゾールにピンノズルを付けると、木部内部にうまく注入することができます。
さらにその周辺のやや広い範囲の木部表面にエアゾールを吹き付けておきます。
現在のところ、家屋の住人が、まめに糞を探して、そのたびにその木部にエアゾールを注入
していく方法が最も安価で安全、確実な防除方法と言えそうです。
アメリカカンザイシロアリをはじめとする乾材シロアリの防除は専門業者でも難しく、
ガス薫蒸する以外には完全に駆除することが困難です。


これまでは輸入材だけでしたが、すでに国内被害が出ているということは、
国産材自体もアブナイということです。
製材段階で、十分なチェックを行なうか、ガス薫蒸するかですが、
シックハウスとの関連はどうでしょうか?
−ガス薫蒸は、毒が残らないそうですが、アメリカでの方法は家全体をビニ−ルシ−トで
 包み込み気密状態にして毒ガスを注入するという荒っぽいやり方だそうで、日本の住宅地
 では認められていません。金もかかりそうです。大がかりなバルサンみたいなものかな?

次に侵入経路です。地面を経由しないそうです。
小屋ウラ換気口に防虫アミを設ければ大丈夫なのでしょうか?
木を食べるくらいですから、防虫アミなど食い破るのでは?
建築家の設計した家などでは、開口部を日常、網戸も設けずに全開している
映像をみかけますが、室内に露出する梁や柱は、彼らの餌です。怖いですね。
−木肌を露出して、木に囲まれた家などと喜んでいられないかも・・・ウ−ン(悩。

屋根断熱にして、小屋ウラ換気口そのものを無くすのも良いかも?

建築材にタマゴがあったらアウトですが、基本的に輸入製材というのは
検疫段階で害虫駆除がなされているらしく、さらにランバ−加工段階で
目視チェックが可能なので、比較的安全なのではないかと考えています。
元々、輸入家具に入って日本に来たらしいので、要注意です。

実際に被害に遭われた方のコメントがありましたので、カンザイシロアリ
被害を発見する役に立つのではと思います。
ネットサイトより転載します。

築年数にしては土台もしっかりしているし、値段も条件も悪く無いから、買っても損はない
という専門家の意見でした。私は、それを聞き、すぐに売買契約をしました。
ただ、その時気になったことが、一つだけありました。
2階の天袋に、山のようなパラパラした砂みたいな、妙なものがあったのです。
懇意にしていたリフォーム屋さんは、見たことが無いと言いました。
1級建築士も見たことが無いと言いました。

私は、なにしろ、ズブの素人ですから、何も知らないまま、築26年、
子供達が独立した後、ゆっくりとリフォームすればいいかと、すっかり満足して
買ってしまったのです。

しばらくは、本当に心地のいい生活でした。1階の私のスペース、2階の子供部屋、
やっと理想に近い生活が始まりました。

しかし、それも束の間、2階の子供の部屋、2階の廊下の柱、2階のトイレから、
2階の天袋でみた、あのパラパラした砂みたいな、妙なものが掃除機をかけてもかけても
湧き出てくるのです。それも、指で押してみると、柱はボロボロと崩れ、いずれは、
と思われるようなありさまとなっていました。


上記は2008年の記事ですので、あれから7年です。

現在では、全国に広く薄く生息していますが、多発地域では深刻な問題になっている
こともあります。 今のところ、北は宮城県仙台での発見が最北で、都道府県別に見ると、
山形県、福島県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、富山県、福井県、三重県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、長崎県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県各地に局部的に、しかも集中的に分布しています。

これらはシロアリ防除業者の報告によるものですが、いまだ多くの場合、発見されていない
だけということも考えられます。

カンザイシロアリの専門サイトです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事