ここから本文です
JAZZな家造り(^^♪
尼崎市空家活用アドバイザーになりました。

書庫全体表示

木の腐食

コンクリ−トはアルカリ性ですが、中性化していく過程を風化と言います。

鉄は酸素と反応し酸化し錆びます。

プラスチックは、自然界では最も強いのですが、紫外線劣化したり
カビに犯されます。では、木はどうでしょう。紫外線劣化・シロアリ
などがよく話題になりますが…もう一つ、キノコ被害があります。

キノコとは菌糸類です。木を腐食させるキノコを木材腐朽菌と
総称しています。主なものは、ナミダタケ・イドタケ・カワラタケ・
カイガラタケというキノコです。

ナミダタケは北海道のような寒い地域のキノコで、本州ではあまり
被害はありません。

ナミダタケは、見たことはないのですが、それ以外のキノコは森に
行けば、普通に見ることができます。
ナミダタケとイドタケは、木材中のセルロ−ス・ヘミセルロ−スを
分解吸収し、リグニンという成分を残します。
カワラタケとカイガラタケは逆にリグニンのみを食べます。

リグニンはセルロ−スを固めて強化している物質で、RC造で例えると、
セルロ−スは鉄筋でリグニンはコンクリ−トのようなものです。
どちらが欠けても著しい強度低下をきたします。

腐朽菌は、木材中のこれら成分を食べているので、
これら成分を含む物質ならどれにでも生える可能性があります。
合板などは、ゴチソウです。

イメージ 1

昔、安いので特類構造用合板をカットして、外部造作に使用したことが
あります。完全耐水だし、狂いが少ないということで厚手合板を
パ−ツカットして制作したのです。

紫外線劣化防止のためにエナメル塗装したのですが、まず、合板といえど
膨張伸縮しますので塗膜が割れ、雨水が浸み込む状況に…

それでも、完全耐水だからとナメテいたのですが、3年で、ボコボコに
変形しまして、原因究明のため調べようと触ったときでした。
「グシュッ」と指の触れた部分がへこんでしまいました。
内部がスポンジ状態で繊維だけ残しカスカスになっていたのです。

実は、外部造作材にキノコが生えていまして、それを逆に面白がって
いたのですが、それが、カイガラタケだったわけです。
森の枯れた樹木に普通に生えているサルノコシカケみたいなキノコです。

ナミダタケ・イドタケは湿潤を好むので地面に近い木材に繁殖します。
たとえば、床下とかです。それに対し、カワラタケ・カイガラタケは
雨にぬれるけど日の当たる乾燥した場所に多発します。
たとえば、自然素材のウッドデッキとかも好みます。

それ以降、基本的に屋外での自然木材造作は止めています。
木材で外部造作をする場合は、以下の方法によります。

①耐候性エンジニアリング・ウッドの使用
②耐久木材の使用

①で使用しているのは、マクセラムPLという商品です。
木材の導管に特殊樹脂含浸処理を施したもので、シロアリにも犯されません。
すでに10年になりますが、キノコの繁殖もなく変形もありません。
最近、ハウスメ−カ−(HMと略)が採用するようになり、HM側の都合で
公表価格は倍以上に高騰しました。
−推測ですが、前の価格は実行価格だったようで、それを公表価格とすると
 ハウスメ−カ−の利益計上ができないため、設計価格を定めたのだと思います。
 前は、ウソ?と思うほど安かったのです。

②はウエスタンレッドシダ−等です。合成木材ではないので変形とか
あるので注意が必要です。耐候性はあります。

ちなみに、外部造作でヒノキを使うのはやめたほうが良いです。
流通している促成ヒノキはヒノキチオ−ルを含まないので、
耐候性はありません。シロアリ被害も受けます。

ヒノキチオ−ルは台湾ヒノキや青森ヒバに大量に含まれています。
促成ヒノキも数百年経過し巨木になる過程でそうなるのではと
思っています。子供は大人にくらべ免疫が少ないみたいなもの
ではないかと思います。−想像ですので、真に受けないように。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事