銀河将棋研究会のブログ

銀河将棋研究会は盛岡で活動している将棋サークルです。 例会は月に1回(年10回)、土曜午後です。

銀河研の活動案内

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

例会開催のあらまし

【開催のあらまし 2018年9月〜】
○日 時 1・8月を除く月1回、土曜日
○場 所 盛岡将棋サロン(盛岡市夕顔瀬町23-4)
      2階の大部屋とば別の、個室をお借りします。
○時 間 午後1時00分から午後6時30分まで
○料 金 (1)将棋サロン所定の席料を、サロンに支払う
       大人500円、大学生300円、高校生200円、小中学生100円
      (2)(1)のほか、アマ連会員以外は、レーティング公認料200円を
       銀河研会計に支払う。
       ただし、小学生はR対象外でも参加できる。
○内 容 持ち時間30分40秒で3対局
       対局後は対局者自らが棋譜を取りながら感想戦
○駐車場 各自で対応願います。
 マックスバリュ盛岡駅前北通店(30分100円)など

※2002年頃から2018年7月まで、盛岡市上田公民館で開催
<更新途中>

2001年12月 初回開催、年6回の開催で運用開始

2003年4月〜 年10回開催の定着

2006年7月15〜16日
 5周年記念合宿/繋温泉・ひまわり荘
(青葉研、太陽研からも参加)
2007年9月15〜16日 合宿2回目(ひまわり荘)
2008年9月20〜21日 合宿3回目(繋温泉・清温荘)

2011年3月11日 東日本大震災発生
 翌日3月12日に予定していた例会は中止
2011年5月28日 例会の再開 

2013年11月〜 棋譜の管理方法の変更
 (変更前)研究会として棋譜を管理
 (変更後)対局者のどちらが持ち帰る

2015年6月〜 開始時刻の変更
 (変更前)午前10時30分
 (変更後)午前10時00分

2016年3月〜 第21回リーグ戦が1リーグ制で開始
 (ただし、優勝者は決定せず休止状態に)

2018年9月〜 開催場所を将棋サロン盛岡に移転
        開始時刻を午後1時からとする。

活動案内

【活動の考え方】

●内容重視
銀河研では、多く対局をこなすことより、よく考えて内容のよい将棋を目指すことを重視しています。 対局の持ち時間を長めに取り(各30分持ち、秒読み40秒)、局後の検討に十分な時間をかけます。 検討には対局者以外も参加し、意見交換でいろいろな考え方を知ることができます。 すべての対局について、局後に棋譜を採ることも特徴です。 勝敗だけでなく、自分の指した将棋を大切にするためです。なお、自分で棋譜を採れない方には配慮しますので、安心してご参加ください。

●レーティング
例会での対局は、日本アマチュア将棋連盟(アマ連)公認の全国レーティング公式戦です。 毎回の結果によりレーティング持ち点が更新され、全国に発表されます。 自分の棋力向上や調子などについて客観的に知り、自分なりの目標を立てることができます。 

会の運営
銀河研は自主運営の会です。 会員の話し合いで方針を決め、役割分担で運営します。
会員から運営委員を選び、運営委員長が会を代表します。

●活動の広がり
銀河研は、日本アマチュア将棋連盟岩手県支部の活動組織です。 全国の会員とともに、レーティングを初めとした自主的活動を担っています。 銀河研の友好団体として、青葉将棋研究会(宮城県)、太陽将棋研究会(千葉県)があります。 憲章を共有し、同じような考え方で活動しているサークル間の交流です。

【銀河将棋研究会 憲章】

憲章
将棋を趣味として愛好すること、将棋に真摯に取り組むこと。
これらの両立こそ私たちの目標とするところである。
私たちは、それぞれの目標をめざして棋力向上に努める。
私たちは、勝負のみならず内容をも重視し、将棋そのものに対する理解を深める。
私たちは、棋力、社会的立場、年齢などにかかわらず平等な棋友として活動に参加し、
同時に相互の親睦を図る。
私たちは、市民倫理を重んじ、将棋文化の一層の品格向上に寄与する。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事