ここから本文です
『ドコマド保険ニュース』(保険相談、節約情報など)
保険相談の口コミサイト『ドコマド保険』の株式会社LIVEshiftが、保険〜節約テクなど様々な情報をお届けします!
30代の独身の方は、なかなか保険に入るチャンスがないまま無保険の状態を続けることになりがちです。また、加入していた保険を「家族もいないから」と解約するような場合もあるかもしれません。
貯蓄はそれなりにできているはずなので、お葬式代などの死亡保障はなくても構いませんが、医療保障だけは確保しておくようすることをお勧めします。

なぜ30代の独身で「医療保障」を必要とするか


最近の厚生労働省の調査などを見ると、30歳を過ぎた頃から病気になる人が増えています。
厚生労働省の患者調査等のデータをみると、30代で初めてなんらかの病気になったり、病巣が見つかったと言う人が結構います。実際、30代が発症しやすい疾病としては、糖尿病、心臓病、帝王切開、乳がん、子宮筋腫、脳こうそくなど、さまざまな疾病が目白押しです。
これらの疾病に対して、経済的な担保をしておくことは、周りに迷惑をかけないようにする意味でも、独身の方には前もって備えておいてほしいと思います。

独身の方は病気、ケガに備えられる保険を確保しておく


30代の独身の方は、前述のとおり、なかなか保険に入るチャンスがないまま無保険の状態を続けることになりがちです。
まず、保険に加入する際には、医療費が貯蓄だけではまかなえないかもしれないことを考え、終身保障タイプで、入院日額…
週刊ダイヤモンドのネット連載「DIAMOND男の健康」(http://diamond.jp/)に、老後の医療費を心配する30代男性の投稿が掲載されていました。記事によると「老後の医療費が心配だから、終身型の民間医療保険に加入している」という声でした。
 「老後の医療費が心配だから、終身型の民間医療保険に加入している」という声を耳にする。
病気やケガで入院したときの医療費に備えて、民間の生保会社などが販売する医療保険に加入している人は多い。中でも、ここ数年、人気が高いのは「終身型」の医療保険だ。
DIAMOND男の健康:http://diamond.jp/
高齢者医療の流れは「入院から在宅へ」その時、人気の終身型医療保険は役に立つか!? より引用
実際、30代の男性の中には、病気やケガで入院したときの医療費に備えて、医療保険に加入している人は多いです。その中でも、ここ数年人気が高いのは終身型医療保険です。保証が一生涯続くというメリットを享受したいという意向がその背景にあるようですが、自身が高齢者になったとき、果たして終身型医療保険が功を成すのかどうか、今一度考えてみて欲しいのです。

終身型医療保険とは


終身型医療保険は、毎月支払う保険料が一定額で値上がりすることがありません。そのため支払計画が立てやすく、それでいて一生涯保障という安心感が、30代男性に人気を集める理由となっています。
特に男性の場合は、がんや脳こうそくなどの疾病に、50代以降罹患するリスクが高まることから、若い時にそれらのリスクに備えて終身型医療保険に加入しておこうという意向も働いています。
終身型医療保険に入っておけば、入院しても1日1万円の保険が下りるし、手術をしてもその医療費の大半が保険で補てんされるという安心感があるのは確かですが、そこには社会構造に秘められた「大きなリスク」を忘れてしまっています。
結婚をすると、自分自身のことだけではなく、パートナーの生活のことも考えなければなりません。独身時代のようにはいかないのです。それは保険も同じです。結婚を機に、保険についても見直す必要があります。そこで今回は結婚時に保険見直しをする際のポイントについて、ご説明していきます。結婚を控えている方や、結婚したけど保険を見直していない方はぜひ参考にしてみてください。

忘れないようにしよう!結婚時の保険の手続きについて


結婚時に保険を見直す目的は、結婚相手であるパートナーの生活を守るためであります。そのため独身時代に加入していた保険を今後どうするかを検討すべきなのです。その保険の見直しと一緒に、保険の名義、保険金の受け取り人の変更など、各種事務手続きも行うようにしましょう。

夫婦によって違う?気をつけたい死亡保障について


死亡保障の選び方は夫婦によって、異なってきます。子どもがいない若い夫婦には、高額保障のある保険は必要ありません。しかしながら、この先子どもが欲しいと考えている場合には、保険料が比較的安い若いうちから、高額…

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事