NEWTYPE×エヴァンゲリオン公式ブログ

新世紀エヴァンゲリオン10周年記念公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

リアルタイムで見ていた当時は、アスカに、こんな過去があるとは思っていませんでした。

彼女の母親が精神的に参ってしまって、人形相手に話し掛けているところや、
首を括っているカットは印象的で、つよく脳裏に焼きついていました。

しかし、先日のブログ記事にも書いたように、当時は
「ねぇ、昨日のエヴァ見た?」と気軽に話せるエヴァ仲間がいなかったのです。

ところが、中学で知り合ったお友達のお兄さんが「熱烈なエヴァファン」で、
深夜に再放送していたエヴァをリアルタイムで見て、さらに録画したビデオまでじっくりと見る。

そしてさらに、自分の妹にまで「エヴァを見なさい、面白いから」
と薦めるほどにエヴァが好きだったそうで、「あんまりアニメは見ないけど、エヴァだけは知ってるよ」
という女の子が、私のクラスメートの中に存在したのでした。

そこではじめて、エヴァの魅力を「語って分かち合う」っていうのも、いいものだなぁ。
と感動したものでしたが、彼女といろいろ話しているうちに、
「この学校の中に、どのくらいエヴァを知ってる人がいるんだろう」
ということが知りたくなってきました。

そこで、こっそりと確かめてみることにしたのです。


当時、わたしの通っていた中学校では「合奏コンクール」のようなイベントがあって、
その行事のプログラムの表紙を、生徒の中から募集していました。
応募されたイラストは、何点かに絞られて職員室の前にはりだされ、
それを生徒みんなで投票し、どれがプログラムの表紙に相応しいかチョイスするのです。

で。
私たちが考えたのは、
プログラムの表紙に「エヴァのキャラクターに似た絵」を応募して、それに反応する人がいれば
エヴァファンに違いない。

という、なんとも根拠が希薄なアイデアだったのですが
当時はインターネットも使えず、容易にエヴァファンを探し出すこともできなかったので、
そのアイデアは実行されることになったのです。

それで、その「プログラムに応募した絵」というのが、
このエピソードで何度も出てくる「幼い頃のアスカ」だったのでした。
サルの人形のかわりに、合奏の楽譜を手にしているアスカ(に似た女の子)のイラストと、
エヴァでお馴染みのあのフォントを真似て、手書きで「合奏コンクール」と記しました。

残念ながら、プログラムの表紙には選ばれなかったのですが、
投票のために掲示されていたイラストを見かけた上級生が

「つーか、なにこれ。エヴァ?」

と騒いでいたのを目にしたので、私たちの目的は達成されていました。
あんなに普通そうな、格好いい上級生のお兄さんなのに、あなた、実はエヴァが好きなのね。と。

放課後のこって何時間もかけてイラストを仕上げた私たちにとっては、たった
それだけのことでしたが、なんとも充足感があって、楽しい思い出のひとつになったのでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■エヴァンゲリオン各話の動画視聴はこちらから!
http://eva.yahoo.co.jp/douga/index.html

■コスプレ・デジタルイラストの「インターネット投票」はこちら!
http://eva.yahoo.co.jp/sanka/index.html

■Yahoo!オリジナルのエヴァの「タイピングゲーム(無料)」はこちら!
http://eva.yahoo.co.jp/game/index.html

■貞本義行先生のコミックス各巻が読める「電脳漫画」はちこらから!
http://eva.yahoo.co.jp/comics/index.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Copyright (C)GAINAX/ProjectEva.・TX

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事