ここから本文です
イメージ 2


オーディオ業界にまた革命を!

新製品販売のご案内


2018年 7月 22日  21:00 〜


予約販売開始

※7/25日以降順次発送※

イメージ 1

イメージ 3

販売価格 : 2980円
販売数量:  ブラック 100台 シルバー 100台
          ※お一人様2台まで

※予約販売となります。
 発送は7/25日以降に順次行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【推奨ACアダプター】
イメージ 7


【保守・オプション部品】
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 3 イメージ 2


関連商品のご案内

イメージ 1



この記事に

真空管製品 第三弾!!

新製品のご紹介

FX-AUDIO- TUBE-00J
6K4搭載 真空管ラインアンプ
イメージ 1


久々に真空管製品のご紹介です。
大ヒットモデルTUBE-01Jの発売が2016/6、その後にTUBE-03Jも発売され、お客様からは様々なフィードバックをいただきました。

まずは、TUBE-01J発売当時のバイヤーKのご挨拶を御覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開発担当&バイヤーKより】
・回路設計の見直しについて
真空管アンプの回路は古典的なと言いますか、本来あまり複雑な回路ではないので、「基本的な決まり事が多くない」という固定概念で設計をしていましたが、現代風に考えると、まだまだ改善した方が良い場所がありました。
古い概念を捨てて、現代の回路設計の応用を用いてNFJなりに改善を加えています。

・当製品の開発にあたって
この真空管ラインアンプはTUBE-01の頃から構想や設計、試作などのすべてを完全にNFJオリジナルとして私の方で進めてきたものです。
その甲斐もあって、色んな要素をモリモリに詰め込んだ「Jモデル」にするのも比較的容易に出来ましたし、NFJらしい高密度な回路基板になっていると思います。
パーツの追加と強化をしつつも低価格におさえ、価格に見合わない高音質・高信頼性・高密度基板設計を実現した、まさにNFJの醍醐味を実感いただける仕上がりになったと思います。
真空管ラインアンプをお持ちの方もお持ちでない方も、是非お試しいただければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TUBE-01Jは当時としては非常に野心的な本格真空管ラインアンプでしたが、NFJ初の真空管製品ということもあり、慎重になっていた部分や過剰とも思える部分がそこかしこに残っています。
そこで2年の経験を生かし、当時は踏み切れなかった冒険も盛り込みつつ、価格を抑えた標準機として1から設計し直したのがTUBE-00Jなんですね。


それでは本日もわかりやすく解説していきますね。

『TUBE-01J』との相違
・標準付属真空管として6K4を採用
TUBE-01Jでは付属の真空管に6J1軍用管を採用していましたが、既に6J1が入手難ですのでTUBE-00Jでは、標準で上海曙光の6K4を採用しています。
設計自体は6J1ベースで行われておりますが、6K4でも問題ないように調整されています。本来の実力を味わっていただくには6J1(別売)をお勧め致します。
6K4が良くないということではなく、味わいの違いですので、お好みの真空管をお試しいただくのもTUBE-00Jの楽しみの一つです。

開発当初から6J1の枯渇が心配されていたんですが、最近では纏まった単位での流通も減り、価格もかなり上がってきています。当然J無しのTUBE-00は中国国内でも販売されますし、TUBE-01(J)、TUBE-03(J)なども併売されますので、今後は6K4が真空管製品の標準付属品となるようです。
6K4はまったりとした音なので、ある意味懐かしい音ですし、TUBE-01Jをお持ちでしたら6J1との聴き比べも、驚くほど個性が違うので面白いと思いますよ。

・電源安定回路を強化
ノイズフィルタリング回路を物量投入からピンポイントに。
製品内の電源安定回路をコンセプトから根本的に見直し、昇圧ICと反応速度の良い電源回路でノイズレス供給を目指した回路設計になっています。

TUBE-01Jとの大きな差の一つに、昇圧をICで行って電源フィルタもシンプルにトランジスタで行っている点が挙げられます。
電圧変動が少なく応答性も良いので、物量を投入せず回路を設計できるのも利点です。また昇圧ICの昇圧ノイズ自体はPWMアンプでのノウハウがありますからお手の物だったんですね。

・SN比の向上
電源回路の高電圧化と併せてグランドの安定を保ちつつ、特定周波数への電位差による隔離を更に強化。
真空管自体の動作を安定させ、SNRの向上と全高調波歪の低下(THD+N)を実現しています。

上で書いた昇圧ですが、TUBE-00Jは12Vを約100Vまで昇圧しています。TUBE-01Jが56V程度ですから約2倍弱ほどになってますね。高電圧で電圧が安定して回路がシンプルになり、結果として(THD+N)が下がったのは素直にポイント高いです。
方向性としてはプレート電圧が上がると、よりスッキリとした音になり(反応)スピードが上がります。スッキリするとは言っても真空管らしさが減るわけではないので安心してくださいね。
TUBE-01Jでは緩く感じることのある打楽器の音などが、締まる感じだと思って頂ければいいかと思います。


・オペアンプによるバッファ回路を搭載
バッファー回路には音質面でコストパフォーマンスの高いTexas Instruments製オーディオ用 オペアンプ「NE5532」(DIPソケット式)を採用!
オペアンプの電源は専用の電源フィルタを搭載し、オペアンプの実力を余すこと無く引き出します。
またオペアンプからの出力カップリングには、PILKOR社製メタライズドフィルムコンデンサーを使用。スタンダードモデルでも大事な部分は抑えています。

TUBE-00Jの特徴的な部分がこのバッファです。
TUBE-01Jではゲイン調整を真空管回路で行っていたのですが、TUBE-00Jでは真空管回路でのゲイン調整はせず、前段で行うようになってます。
どちらが良いというのでは無く、真空管の動作状態を重視する00Jと、色々な球に合わせられる調整範囲重視の01Jと言う感じです。
TUBE-01Jで歪ませて楽しむこともできたのは、こんな理由からだったんですね。
それとスタンダード機とは言え、抑えるところはキッチリ抑えてPILKOR製のフィルムコンデンサがバッファの出口に使われてるのは嬉しいですね。

・最大出力時でも余裕をもった出力カップリング
出力カップリングには、BCコンポーネンツ製(旧フィリップス)ベルギー生産特注仕様の高耐圧フィルムコンデンサーを採用。FX-AUDIO-製品で度々使われている実績のある逸品です。

お馴染みBC特注品が最終的な出力カップリングに使われてます。
実はこの部分はBC特注品の基本スペックが高くとも、容量的にやや過剰かと思ったんですが杞憂でした。
バイヤーKにその辺りを訊いてみたら、ブーミーにならないようにギリギリのところでチューニングしたから大丈夫とのこと。
2年間の積み重ねがこんなところにも出てるんですよ。

スタンダードモデルでも音質には自信あり!
全体的な回路の改善と受動部品を減らし効率化を図っていますが、個々の回路は性能的に向上しているため、トータルで見ると非常に高いポテンシャルを秘めた真空管ラインアンプとなっております。

今回は真空管製品の解説ですが、いかがだったでしょうか?
TUBE-01J開発当時から現在への流れは、真空管でもデジアンでも変わること無く、良い音の追求と多様な音の好みにお答えすることなんだと感じた次第です。
イメージ 2

イメージ 3


【ご注意】
※ACアダプターは別売です。推奨ACアダプターを同時にお求めください。
※本機はプリアンプです。パッシブタイプのスピーカー(アンプ内蔵ではない)と接続するには、別途パワーアンプが必要となります。
※フォノイコライザー機能はございません。アナログプレーヤーと接続するにはフォノイコライザー内蔵のプレーヤーと接続いただくか、別途フォノイコライザーが必要となります。
※内部には高電圧部分があり、接触すると感電によりけがを負う恐れがあります。また、火災の原因にもなりますので、絶対に分解や改造をしないでください。

内部電圧上がってるので注意してくださいね!

【製品仕様】
ブランド:FX-AUDIO-
製品型番:TUBE-00J
カラー:ブラック/シルバー
製品保証期間:お買上げ日より6ヶ月間
入力端子:ステレオRCA端子
出力端子:ステレオRCA端子
電源:定格電圧DC12V 電源容量1A以上推奨 (ACアダプター別売)
電源コネクター:DCジャック 外径5.5mm 内径2.1mm (センタープラス仕様)
付属品:曙光6K4 2本
サイズ:高さ33mm(真空管含めた最大76mm)×幅98mm×奥行き99mm(※突起部含まず)
本体重量:279g

【推奨ACアダプター】
イメージ 7


【保守・オプション部品】
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 3 イメージ 2


関連商品のご案内

イメージ 1




この記事に

新製品のご案内

FX-AUDIO- TUBE-00J
6K4搭載 真空管ラインアンプ
イメージ 1

本格真空管ラインアンプのスタンダードモデルとして開発された
TUBE-00Jが日本専売のJモデルとして登場です。

TUBE-01Jで頂戴したフィードバックと開発で得られた経験を活かし、スタンダードモデルではあるけれど音質に拘って新たに回路設計を行いました。
Jモデルに相応しい音質を携え、NFJ専用日本モデル『TUBE-00J』として新登場!


『TUBE-01』との相違
・標準付属真空管として6K4を採用
TUBE-01Jでは付属の真空管に6J1軍用管を採用していましたが、既に6J1が入手難ですのでスタンダードモデル00Jモデルでは、標準で曙光の6K4を採用しています。
設計自体は6J1ベースで行われており、6K4でも問題ないように調整されていますが、本来の実力を味わっていただくには6J1(別売)をお勧め致します。
6K4が良くないということではなく味わいの違いですので、お好みの真空管をお試しいただくのもTUBE-00Jの楽しみの一つです。

・電源安定回路を強化
ノイズフィルタリング回路を物量投入からピンポイントに。
製品内の電源安定回路をコンセプトから根本的に見直し、昇圧ICと反応速度の良い電源回路でノイズレス供給を目指した回路設計になっています。

・SN比の向上
電源回路の高電圧化と併せてグランドの安定を保ちつつ、特定周波数への電位差による隔離を更に強化。
真空管自体の動作安定化によるSNRの向上、全高調波歪の低下を実現しています。

・オペアンプによるバッファ回路を搭載
バッファー回路には音質面でコストパフォーマンスの高いTexas Instruments製オーディオ用 オペアンプ「NE5532」(DIPソケット式)を採用!
オペアンプの電源は専用の電源フィルタを搭載し、オペアンプの実力を余すこと無く引き出します。
またオペアンプからの出力カップリングには、PILKOR社製メタライズドフィルムコンデンサーを使用。スタンダードモデルでも大事な部分は抑えています。

最大出力時でも余裕をもった出力カップリング
出力カップリングには、BCコンポーネンツ製(旧フィリップス)ベルギー生産特注仕様の高耐圧フィルムコンデンサーを採用。FX-AUDIO-製品で度々使われている実績のある逸品です。

スタンダードモデルでも音質には自信あり!
全体的な回路の改善と受動部品を減らし効率化を図っていますが、個々の回路は性能的に向上しているため、トータルで見ると非常に高いポテンシャルを秘めた真空管ラインアンプとなっております。

イメージ 2

イメージ 3



【ご注意】
※ACアダプターは別売です。推奨ACアダプターを同時にお求めください。
※本機はプリアンプです。パッシブタイプのスピーカー(アンプ内蔵ではない)と接続するには、別途パワーアンプが必要となります。
※フォノイコライザー機能はございません。アナログプレーヤーと接続するにはフォノイコライザー内蔵のプレーヤーと接続いただくか、別途フォノイコライザーが必要となります。
※内部には高電圧部分があり、接触すると感電によりけがを負う恐れがあります。また、火災の原因にもなりますので、絶対に分解や改造をしないでください。


【製品仕様】
ブランド:FX-AUDIO-
製品型番:TUBE-00J
カラー:ブラック/シルバー
製品保証期間:お買上げ日より6ヶ月間
入力端子:ステレオRCA端子
出力端子:ステレオRCA端子
電源:定格電圧DC12V 電源容量1A以上推奨 (ACアダプター別売)
電源コネクター:DCジャック 外径5.5mm 内径2.1mm (センタープラス仕様)
付属品:曙光6K4 2本
サイズ:高さ33mm(真空管含めた最大76mm)×幅98mm×奥行き99mm(※突起部含まず)
本体重量:279g

【推奨ACアダプター】
イメージ 7


【保守・オプション部品】
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 3 イメージ 2


関連商品のご案内

イメージ 1




この記事に

D302J+初期リビジョン ファームウェアアップデートサービスについてお知らせがございます。
5月11日よりファームウェアアップデートサービスを提供させていただいておりましたが、今月末日をもって提供を終了させていただきます。

ご検討中のお客様に関しましてはお急ぎくださいますようお願い申し上げます。


イメージ 1

この記事に



大変お待たせいたしました!
人気のため完売となっておりました『FX-AUDIO- FX152J PRO』 の販売準備が整いましたので再販いたします。
前回購入できなかったお客様は、是非この機会にお求めください。

人気商品につき注文殺到による出荷遅延の恐れがあるため、安定する迄の期間販売数量を制限させていただきます。
ご了承の程よろしくお願いいたします。


商品再販のご案内

2018年 7月 20日  21:00 〜

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事