ここから本文です
イメージ 1


FX-AUDIO-ブランドの新製品として、『TUBE-01J LIMITED』を販売いたします。

本製品は現在好評販売中の真空管ラインアンプ『TUBE-01J』をベースとして内部主要パーツ及び付属真空管を高音質部品にカスタムすることにより音質向上を果たした数量限定上位モデルです。

高品質部品を惜しみなく投入した上位の限定モデルとしながらも、ハイコストパフォーマンスのコンセプトを崩さず、低価格でお求めやすい価格と高音質を実現しています。

【メディア各社掲載記事】



商品販売開始のご案内


2017年 6月 22日  21:00 〜


真空管ラインアンプ限定モデル
イメージ 1



販売数量:ブラックシルバー
  各
100
台 
         お1人様2台まで







【限定モデルの特徴】

■軍用高精度管選別グレード真空管を標準付属
ベースモデルではノーマル軍用管を標準装備としておりましたが、限定モデルでは軍用管でも高精度で特性を選別した選別グレード管を標準付属し、音の広がりなど音質の大幅な向上を実現しています。

■電源安定回路を強化
オーディオに特化した強力なノイズフィルタリング回路を構成
トロイダルコモンモードコイルと日立金属製ファインメットビーズによる2段のコモンモードフィルターを構築し、強力な電源ノイズフィルター回路を構築しています。
また、その後段の昇圧正負モジュールにより高電圧化した増幅用電源安定化平滑コンデンサーに85度電解液を使用したエルナー社製電解コンデンサーを採用しました。

■カップリングコンデンサーの変更
広範囲の音楽ジャンルで高音質を実現できるよう、試作テストで検証を重ねた結果、世界中のオーディオメーカーに採用され、音質に定評のある指月電機製作所のフィルムコンデンサーを採用しました。

■高品質パーツによる音声信号ラインの音質向上
音声信号ラインで重要なメインボリュームの抵抗レンジを下げ、高精度品を採用しました。
更に、音声ライン上に配置されている抵抗及びゲイン設定用アッテネーター部の両抵抗に、DALE製MILスペック品の抵抗を採用しています。


イメージ 2


【製品の特徴】

・12V単電源入力で高圧正負電源駆動を実現! ACアダプター(別売)で動作します。
・真空管式ラインアンプで高級オーディオライクな音質に。
・高品質なハイグレードオーディオ部品を採用。
・ゲイン切替スイッチ搭載
・軍用高精度管選別グレード真空管2本標準付属


【製品仕様】

入 力: アナログRCA端子
出 力: アナログRCA端子
電 源: DC12V (ACアダプター別売)
機 能: 電源スイッチ・ゲイン切替スイッチ(0dB・-6dB)
カラー:ブラック/ シルバー
付属品:真空管2本(軍用高精度管選別グレード品) 簡易説明書
サイズ:高さ30mm(真空管含めた最大60mm)×幅95mm×奥行き99.5mm(※突起部含まず)
重 量:300g


この記事に

開くトラックバック(0)

Yahoo主催、「プレミアムセール」のご案内です。


Yahoo!プレミアム会員なら
ポイント最大43倍!

6月20日(木)〜25日(日)

この記事に

開くトラックバック(0)


イメージ 1

おかげ様で大好評の「FX-AUDIO- TUBE-01J」にカスタムを加え、
付属真空管を高精度選別管へグレードアップした、LIMITEDバージョンを
発売いたします。


今回の 「TUBE-01J LIMITED」のリリースにあたり、当初持ち上がった企画は「高精度選別グレード真空管を標準付属にした限定モデル」というのみの案でした。
ですがそれだけでは面白くないという事で、弊社で更に限定モデルという名に相応しい製品とすべく、Jモデルを更にカスタマイズ致しました。
※高精度選別管はデッドストック品のため数に限りがあり、標準付属管には採用できず、オプション品、又は数量限定モデルとしての採用のみとなっております。

本来カスタマイズモデルというのは一般的には標準モデルに比べ価格差が大きく、高価な価格設定となる傾向にございますが、皆様に安価にお求めいただきたいとの思いで価格設定を限界まで抑えております
この企画当初の選別グレード真空管付属のラインに加え、内部部品を音質的に有利な上位パーツに置き替えておりますので、実際に生産コストとしては上がっているのですが、この価格であればコストパフォーマンスを犠牲にすること無くお気軽に楽しんでいただけるのではないかと思います。

また当LIMITEDモデルの仕上がりも現行の「TUBE-01J」の音の聴き味をキッチリ周到しつつ、更に高音質パーツを効率良く搭載していますのでお値段以上の仕上がりになっております。
弊社ではあくまでも適正価格でご提供しておりますが、なにぶん"LIMITED"という事で数には限りはございます。
当生産ロットのみで、再生産の予定はございませんので、ご注文が殺到した場合は短期間で完売する可能性がございます。
気になっていおられる方、TUBE-01Jにご満足頂いておられますユーザーの皆様方にはお早目にお求めください。


TUBE-01Jはリリース後、大勢の方よりご好評を頂いており、音質面でもとても高評価を頂戴しております。
それは、TUBE-01からTUBE-01Jへ進化を遂げ、あらゆる部分で最適化を施した結果、顕著に音質の向上が見られたその驚きと共に、衝撃的な低価格でご提供させていただいた相乗効果の結果だと思っております。
このJモデルでの音質向上については計測データでも顕著な違いが出ておりましたし、TUBE-01では通常管と選別管の違いが鮮明に聴き分ける事が出来なかったのが、Jモデルでは精度の差が明確な音質差として感じられるようになったという、実際の聴感による部分においても、TUBE-01Jのポテンシャルの高さを感じていただけるものと思います。
高音質とコストパフォーマンスを兼ね備え、トータル的にカスタマイズされたこのJモデルは、私自身も本当に良い製品をご提供できたと自負しております。


今回前置きが長くなりましたが・・


この「TUBE-01J」をベースに更に音質向上を狙った限定版上位モデル 
「TUBE-01J LIMITED」のポイントをご紹介いたします。

Jモデルのバージョンアップでは、電源ライン及びシグナルラインの重要な部分に焦点を当て更なる音質向上を狙い、下記の内容で強化を行いました。
DCジャックから入った電源の質を高めるべく前段にmHオーダーのトロイダルコモンモードコイルを配置し、2段目に日立金属製のファインメットビーズによるコモンモードフィルターを構成しています。
これにより高周波及び可聴領域帯の周波数両方に作用しコモンモードノイズを効果的にクリーン化しオーディオ用途として最適なクリーンで安定した電源を供給できる電源回路を構成しています。
更にその後段には小容量の超低ESR・高リプル許容の電源平滑コンデンサを複数配置する事で応答性能を高めるとともに、ノーマルモードノイズを最大限に除去するフィルターの機能も持たせています。
回路としては単純ですが、ここまで徹底した電源クリーニング処理をする事により、ベースポテンシャルを大幅に高めています。

リミテッドバージョンではこの一番重要とも言える電源クリーニング回路のパーツを変更しています。
前述の通りクリーンにした電源を昇圧正負モジュールを通して高電圧化した後に、増幅用に使用する為の電源安定化用平滑コンデンサーとして、オーディオ用として最適な85度液を使用したエルナー株式会社製のRE3を配置いたしました。
この部分は当初高周波対応の物の方が良い結果が出る形でしたが、聴感上での複数テストの結果、85度液のタイプを使った方が比較的音の輪郭が崩れにくいという評価となりましたので、今回その中で定評のあるRE3を採用しております。

また、カップリングコンデンサーは世界中のオーディオメーカーなどで使用され、定評のある指月電機製作所のフィルムコンデンサを採用致しました。
標準の物に比べると音の広がりと押し出し感が明瞭になり入れ替えで何度も検証した結果、こちらの指月の方が広範囲の音楽ジャンルをカバー出来るバランスとなりました。

ボリューム抵抗に関しては音質向上を追求する為50KΩ→10KΩになっておりますのでギャングエラーのリスクは出ますが、精度の高さで定評のあるアルファ精機製のボリュームを採用することでそのリスクを担保しています。
ボリューム抵抗変更で向上した音質は実際聴いても差がわかるくらい向上しております。
更に音声ライン上の金属皮膜抵抗器も、ゲイン設定のアッテネーター部分と入力抵抗の部分の両方に高級オーディオで定番採用されているアメリカDALE製のMilスペック品を採用しています。

最後に、お客様から要望の多かった高精度選別グレード真空管を標準付属としております。



以上がLIMITEDモデルのカスタマイズ内容と詳細ですが、満足頂けるカスタマイズとなっていると思います。

好評頂いておりました「TUBE-01J」は、おかげさまでかなりの台数を販売させて頂きまして、お客様からのご意見やご要望も大変多く頂いておりました。
その中でも多かった上位モデルの実現へ向け、今回LIMITEDバージョンを発売する事となりました。

ただ、何度も繰り返しますが、継続商品としては難しい部類の物となります為、表題通りLIMITED(限定バージョン)として数量限定で販売致します。
現行の「TUBE-01J」は今のところ安定したご提供ができておりますが、こちらの「LIMITEDバージョン」は選別グレード真空管の在庫の関係や継続仕入れ出来ないパーツの使用がある為、この生産ロットのみとなっておりますのでご了承いただければと思います。

音質の総評としては、まだここまで音質が向上する余地はあった!という仕上がりとなっております。
ご意見・ご要望を頂いた皆様には少し遅くなりましたが、「TUBE-01J」の音質にご満足いただけておられる皆様にはこちらのLIMITEDモデルを是非ともご堪能頂きたく思います。
それではこれからも末長くよろしくお願い致します。

この記事に

イメージ 1


こんにちは!
NFJストアヤフーショッピング店にてスーパーセール開催中です!
通常のセールは在庫の多いアイテムの調整などの目的もあったりする訳なんですが、
なんと、今回のセールでは「売れていてセールしないする必要のないアイテム」も盛り込んでみました!
バイヤーKの許可なしに勝手にセール内容を組んでしまったので内心ヒヤヒヤしております。
普段は絶対にセール対象とならない、また今までセール対象になったことのないアイテムもございますので、是非この機会にお求めください!!



○特価品のご案内○

★期間限定特価★



通常販売価格:6,980円 ↓
 お試し特価価格 5980円(税込)


通常販売価格:780円 ↓
 お試し特価価格 580円(税込)


こちらの3点でアレが作れちゃいますね!!!
是非お試しください。
↓ ↓ ↓

イメージ 2

通常販売価格:1,280円 ↓
 お試し特価価格 980円(税込)


通常販売価格:1,200円 ↓
 お試し特価価格 980円(税込)



通常販売価格:1,980円 ↓
 お試し特価価格 1480円(税込)


めちゃくちゃ売れてるのでセールにする必要ないんですが・・・
Kには内緒の特価品↓↓↓



通常販売価格:1,380円 ↓
 お試し特価価格 1280円(税込)

通常販売価格:3,980円 ↓
 お試し特価価格 3380円(税込)

この記事に

開くトラックバック(0)

まず最初に申し上げます。
『FX202A/FX36A』「FX-202J」はまったくの別物です!
『FX202A/FX36A』と「FX-202J」は同一延長線上にある製品ではございません。
ですからFX-202J」の代替としてもしくは相当品として『FX202A/FX36A』をご購入の検討をされている方がいらっしゃいましたら、購入はお勧めしません。
あくまでも名前が似ている全くの別製品としてお考えください。


『FX202A/FX36A』「FX-202J」の違い

・デジタルアンプICの違い→ ST社TDA7492PETripath社TA2020
・出力の違い→ 48W✕2ch20W✕2ch
動作電圧の違い→ 12〜24V12V専用
・コンセプトの違い→ FX-AUDIO-アンプのスタンダード機フラッグシップ機
イメージ 1
↑FX202A標準機       ↓FX202Jフラッグシップ機
イメージ 2


上記のように大きな違いがありますし、コンセプトは引き継ぐという事もなく全く異なりますのでご注意ください。
ただそれだけではございません。。。


何といっても驚いたのは何の連絡もなく入荷されたことです!

それも弊社検品時にスタッフが「型番が違う!」と私に伝えたことで発覚しました。しかもケースを開けてみるとICから基板設計、しかも動作電圧まで違っていると。。。インド人もビックリです(大汗

まぁ、さすがにバイヤーKともそれなりに長い付き合いですので少々のサプライズは理解が出来ますが、なんにしろ型番が定番のFX202Jとよく似ているため、お求めになられた方も違いに気付かれているのか少々心配です。
そこで目視でFX202A/FX36AとFX202Jを簡単に見分ける方法ですが、本体背面DCジャック上部記載のの動作電圧をご確認ください

FX202J:12V
FX202A/FX36A12ー24V


こちらの箇所で判断可能です。それ以外に判断する方法は型番のプリントとFX-AUDIO-ロゴがプリントかパネルかというところです。
FX202Jで誤ってDC13V以上のACアダプタを使用しないようご注意ください。

なお、弊社では完成品アンプのバリエーション増強、及び、「FX-AUDIO-」製品のスタンダードモデルとして『FX202A/FX36A』を取り扱っております。他社他製品との比較用としてはもちろん、FX-AUDIO-ブランドの定番モデルにご興味のある方は是非お試しくださいませ!








あれ?この感じ、どこかで見たような・・・・
と思ったそこの貴方!
是非こちらのアンプもお試しください!!

こちらの過去の記事をパロってみました。
知らない方は一読ください









以上です

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事