ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

皆様、こん○○は。Hでございます。

大変お待たせしました!
4/19より、「LP-2020A+@NFJストア別注モデル第三ロット品」の
販売を開始致します。今回の第三ロットは、今まで弊社で扱っていた
LP-2020A+の集大成といえる最終段階のロットです。
商品ページが大変長くなってしまっておりますが、特徴をまとめただけでも
かなりの量になってしまいました。大変恐縮ですが、ご検討中の方は
ご確認をお願いします。

ぜひ今回の第三ロットも宜しくお願いします!



さて、出品開始から短期間にもかかわらず多数のご落札、本当に
有難うございます。また複数のお客様から、有り難いお言葉を
頂戴しており、大変光栄に思っております。今回のロットはかなり
多めに仕入れておりますが、欠品がないともいえないくらいの
ペースですので、万が一欠品した際はご容赦下さいませ。


※4/21加筆・修正※
なお、こちらのブログ記事では商品ページに書ききれなかった情報や
詳細な画像、こぼれ話などを記載致します。
徐々に加筆いたしますので、時折ご確認下さいませ。




それでは、ここから第三ロットの改良点について補足してまいります。
特に以前の別注品と異なる箇所を重点的にご案内します。

まず改良点のポイント一覧図を掲載致します。
イメージ 2


それでは今回の第三ロットからの改良点についてご案内致します。
イメージ 3

○TREBLE/BASS/VOLUMEの3つのボリューム抵抗を変更
標準品:W.L製 ⇒ APAI社製ボリューム抵抗 高品質タイプ B20K x1 B50K x2
まず、こちらの改良に至った発端はトーン調整時に微妙なノイズが発生する
固体が発見されたことです。もっとも使用上で影響があるほどではなく、
お客様からもほとんどご指摘がございませんでしたので、当初はさほど
重要視しておりませんでした。ただ今回最終段階にあたり、かなり細かい点も
含めて、改良を加えることに致しました。

実は標準品のトーンコントロールのボリューム抵抗には微妙な個体差がありまして、
またLP-2020A+はオペアンプを搭載した回路の仕様という特殊な構造である
ということで、抵抗の微妙な個体差が過敏に反映してしまい、なおかつハムノイズの
影響でその部分が顕著に出てしまうという傾向がある問題がございました。
※こちらに関してはメーカー側は仕様としております。

以前より弊社でも問題視していた部分でしたが、先日の弊社による製品改造
テストを行なっていた際に、問題が明確になりました。可変抵抗の改善に関しては、
別注品第二ロットで製造メーカーに変更依頼を掛けておりましたので、品質は
若干上がりましたが、残念ながら納得できるほどの改善には至りませんでした。
また、弊社のお客様でボリューム抵抗をALPS製の物に変更することにより、
第二ロット品が激変したというご意見も頂戴しておりました。

かといって、そのレベルのメーカー品は極端に価格に影響してしまう為、
出来る限り最低限のコストで済み、なおかつ高品質な部品を探す必要があります。
そのため、製品改造テスト時に複数のメーカーの部品を試した結果、今回の
メーカー、APAI社の部品にたどり着きました。

こちらの部品は抵抗パネルに台湾メーカーの台湾製を使用しておりノイズレベルも
低く、左右範囲精度1.5dB以下タイプを使用しております。その結果、標準品と
比べると著しく品質が向上しておりますので、可変抵抗由来のノイズは
無くなりました。またAPAI社の製品の中でも上位タイプを指定したこともあり、
左右のバランスの誤差も極僅かで、品質の向上に大きく貢献しております。


以上のことから、今回の第三ロットでボリューム抵抗も弊社供給へとシフトしました。
ただ、問題はこれだけではなかったのです・・・

○ツマミをプラスチックメッキタイプからアルミのツマミに変更
明らかに外観が異なっておりますので、見た目でもすぐに気が付く部品です。
なぜ、この部品が音質に影響が出るのか、といった疑問を抱かれる方も
おられると思います。まず以下の画像をご覧下さい。
イメージ 4
※比較的状態の悪い物を撮影しております

こちらの画像のように標準品のツマミではメッキが軸受け部分に達しているものが
複数混在しておりました。また、設計上、音量部分の軸はGNDに落ちておりません。
その為、素手でボリュームのツマミを触った際に小さいながらも、チリチリといった
感じのノイズが発生する場合がございました。
※こちらに関してもメーカー側は仕様としております。

こちらの問題判明したときは、さすがに一本取られた気分でした。
製品改造テスト時に影響の出そうな部品をしらみつぶしに交換していったのですが
なかなか気が付かず、この問題を発見するのにかなり苦労しました。
全てのツマミでメッキが軸受けに達していたわけではございませんので、
最初は組み込み部品による個体差で発生しているものと思っておりました。

その為、ツマミをアルミタイプに変更し、その問題を回避することができました。
原因がわかってしまえば対策は簡単で絶縁する目的もあり部品交換致しました。

なお問題が発生するのは音量調整のツマミだけだったのですが、そこだけを
交換すると、見た目の問題でさすがに違和感が有りましたので、TREBLE/BASS側
も含めて3つともアルミのツマミに変更しています。

ただ、そこまで品質の良いツマミではないものの、表面の材質がアルミということも
あり、プラスチックメッキタイプに比べコスト面は数倍に上がってしまいました。
また、あくまでもツマミ自体だけの問題ではなく、金属軸のボリューム抵抗と
標準品のツマミの組み合わせが悪いというだけです。その為、今後は可変抵抗の
軸を樹脂タイプにしたものを採用しコスト面の改善する予定です。


以上のように、第三ロットより弊社供給部品を追加致しました。
ただ問題を解決していくと、新たな問題、といいますか気になる点が発生するのが
LP-2020A+の特徴でもございます・・・・


○オペアンプ出力段にコンデンサを追加
イメージ 5
※赤丸の箇所が追加された部品です。

先述でも少し触れているように、LP-2020A+の最大的特徴ともいえるのが、
上記画像のようにオペアンプが組み込まれていることです。ただメーカーの
設計上でオペアンプのゲインが高く、回路自体が非常に敏感になっております。
その為、実装部品の若干の個体差なども敏感に反映してしまい、ノイズの問題が
出たりしてしまう場合がございました。
※言わずもながら、こちらに関してもメーカー側は仕様としております(汗

上記理由で、弊社から数パターンの回路改善の提案をしており、メーカーには
オペアンプの出力周りの改良を依頼しておりました。その結果、オペアンプの
出力段にコンデンサを追加するという方法で改善しております。
もちろんトーン側だけなく、ダイレクト側にもコンデンサが追加されております。
余談ですが、弊社からは基板設計の変更による対応をお願いしていたのですが、
このような方法で改善されておりましたので、少々驚きました。


少し長くなりましたが、以上の三点が今回の第三ロットの改良点です。
今回の第3ロットではトーン回路周りの問題を集中的に対処し、部品変更や、
回路設計におけるわずかな変更で、従来の問題をかなりクリアしました。

特に第三ロットは当アンプ検品時に不良品が激減したことが印象的でした。
弊社検品基準で前回のロットで20%弱あった不良率が、6%ちょっとに減り、
なおかつトーンコントロール部分での不良に関してはほぼ0といった結果でした。
しかも、今回の検品は先日販売したFX202Aの検品直後に実施したため、
通常よりも厳しく検品しているような状況でしたから、今回の第三ロットの
仕上がりが弊社の基準で見ても優秀であると思われます。

余談ですが、実は検品当初は不良品がいくつか発生していたのですが、
そのほとんどの原因がトーン部分のボリューム抵抗とパネルの間の六角ナットの
締め込み不足によるものでしたので、ナットの増し締めして解消が出来ました。
こういった部品も音に影響が出ますので注意が必要と実感した次第です。
※もし、トーンコントロール時に不可解なノイズが発生しているような場合は
 何らかの原因でボリューム抵抗固定用のナットが緩んでいる恐れがございます。
 その場合はナットをラジオペンチ等で再度閉めなおすようお願いします。



※ ※ ※

以上、少々長くなってしまいましたが第三ロットについてのご説明を致しました。
時が経つのはとても早いもので、LP-2020A+を煮詰めるのに1年半ほどかかり
ました。ただ、その経験は弊社、スタッフにとってとても良い勉強になりました。

先日、弊社取り扱いのFX202Aの購入者様に、LP-2020A+にそんなに手を
かけなくてもいいのじゃないか?といった、ご指摘を頂戴しました。
正直な話、ごもっともだと思います。ここまでくるのに、多大な時間と労力を
使いました。ただそのお客様にも申し上げたのですが、「出来が悪い子ほど、
かわいい」といった言葉の通り、ここまで続けてきた感がございます。

ただ、上記改良点に記載していたとおり、さすがにメーカーと弊社の間には
温度差が出来つつあります。Lepaiの製造メーカーはあくまでも低価格が売りで
標準品はコストを限界まで下げております。また、品質の基準もレベルが低く
メーカー側で改善できそうな問題でも、『仕様』で片付けております。
上記改良点でもメーカー側で仕様と判断した箇所は記載しております。

その為、今回の改良より上を目指すとなると、メーカーが心を入れ替えない限りは
不可能であると判断致しました。そのうえで、最終段階をした次第です。
もちろんメーカーがつぶれない限りはLP-2020A+は継続販売を致しますが、
LP-2020A+と同じくオペアンプ内蔵でトーンコントロール付きのプリメインアンプ的な
デジタルアンプを弊社から世の中に送り出すことができれば、と企んでおります。
おそらく当分先の話にはなってしまうと思いますが、ご支援宜しくお願いします。


それでは皆様、今後とも宜しくお願いします!
長文にもかかわらず全てお読み下さりまして有難うございました!


※今後もこの記事は加筆、修正を行ないます。


  • 顔アイコン

    デジタルアンプ買いたいとおもっているのですが、なぜかヤフオクのアカウントが勝手に止められてて買えないです。ヤフオク以外での販売等は行わないのでしょうか。(ヤフオクは商品見づらいし、複数購入が面倒など不便な点が多いです)それとカードタイプのやつは音量調節はPCのソフト側でしかできないものでしょうか?

    [ sunshine ]

    2012/4/20(金) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    sunshine 様

    コメント欄よりお問い合わせ下さり有難うございます。
    お問い合わせ頂いた件ですが、ヤフオクがご使用頂けない方などはメールや
    お電話にて適宜ご注文を承っております。PCに不慣れな方もたくさんおられますので
    ヤフオクでのお取引を強制するようなことはしておりません。ご安心下さい。
    但し、商品によっては(FX202A等)数量限定の物もございますので、
    対応できない場合もございます。こちらに関してはご了承下さい。
    なお弊社連絡先はオークションページ内記載のストア情報をご覧下さい。

    引き続きPCIカード型デジタルアンプの音量調節についてですが、
    こちらはPC(OS)側、もしくは製品に付属している音量調整機能付き
    3.5mm延長ケーブルにて操作が可能です。詳しくは商品ページをご確認下さい。

    それではご検討宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/4/20(金) 午後 11:19

    返信する
  • 顔アイコン

    FX-202Aの量産ロッドを心待ちにしているのですが、販売は再来月ぐらいでしょうか?
    それとも夏ぐらいと思っていた方がよいでしょうか? 削除

    [ hase ]

    2012/4/21(土) 午前 2:00

    返信する
  • 顔アイコン

    先程、商品が無事に届きました。
    エージング前段階での感想です。
    音の厚みやリッチさ、きめ細かさ、どれも好みです。
    低域も高域も出ているのに、何より薄っぺらさが無く。
    常用していたSA-S1+の座を渡すことになりそうです。音については、本製品の方がどの面もグレードアップした感で。
    Toneコントロールを使うと音の広がりが若干狭まりましたが、好みの味付け向けに十分使えそうな機能です。

    見た目は何も期待していなかったのですが、機械くさいのとか好きなので、案外好みかもしれません。
    チープな質感は否めませんが、70年代のCB無線機を彷彿させ、これはこれで面白く。
    何より、この値段のこの筐体から、この音が出てくる面白さ。

    次の意欲作も楽しみにしています。願わくば、まとまった個数を確保された上で。

    [ SUKIYAKI ]

    2012/4/21(土) 午後 0:25

    返信する
  • 顔アイコン

    届きましたので早速ノーマルで聴いていますが、改造の必要を感じない完成度です(笑)
    ツマミの質感もなかなかで、コストパフォーマンスはパーフェクトですね。
    正直、いぢるのが勿体無く感じましたので、このまま使い込もうと思います。
    最終版に相応しい良い商品です、ありがとうございました。

    [ CyberSpaceTreasureHunter ]

    2012/4/21(土) 午後 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    hase 様

    コメント欄より商品のお問い合わせを下さり有難うございます。
    FX202Aの量産ロットに関しましては、着々と準備を進めております。
    ただ、5月中は色々と業務の予定が入っておりますし、メーカーも
    製造で手一杯かと思われますので、おそらく6月頃になるのでは
    と思われます。お待たせして申し訳ございませんが、少し気長に
    お待ち頂けますと幸いです。

    なお極少量ですが、初期ロット品の最終販売を金術中に予定しております。
    入手が難しいかもしれませんが、そちらの情報も近々ご案内しますので
    今しばらくお待ち下さい。

    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/4/22(日) 午前 4:49

    返信する
  • 顔アイコン

    SUKIYAKI 様

    いつもお世話になっております、Hでございます。

    商品が無事にお届けできたようで安心しました。
    また性能に関してもご満足頂けたようで光栄に思います。
    今回の第三ロットは弊社としましても最後の追い込みを
    かけた製品でしたので、皆様に喜んで頂ければ幸いでございます。

    もちろんLP-2020A+に限らず、他の製品も継続して煮詰めてまいります。
    ただ弊社製品は徐々に改良を進めていくといった傾向もございますので
    商品によっては、最初はどうしても販売個数が少なくなってしまいます。
    その代わり、皆様のご意見やご指摘などを参考にしながら安心して
    お勧めできる製品を安定供給することが弊社の務めと思っておりますので
    ぜひ今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/4/22(日) 午前 4:54

    返信する
  • 顔アイコン

    CyberSpaceTreasureHunter 様

    いつもお世話になっております、Hでございます。

    商品が無事にお届けできたようで安心致しました。
    また、この度は製品の販売開始が押しに押してしまい申し訳ございませんでした。
    ただ、今回の第三ロット品にご満足頂けたようで幸いに思います。
    弊社では無改造で使えるLP-2020A+の提供が目標でしたので、
    そのままでもお使い頂けるようでしたら、有り難き光栄に思います。

    ただ決して改造を推奨しているわけではございませんが、
    カスタマイズでさらに変化が期待できるのも当アンプの特徴です。
    実際先日弊社で試験販売したカスタムモデルなどは、第三ロット品とも
    全く異なる音質を実現できておりました。今回の第三ロットは
    LP-2020A+のポテンシャルを限られた予算内では出来る限り引き出して
    おりますが、時間や手間を惜しまなければまだ詰められるとは思います。
    非常に楽しいアンプですので、是非有効活用してやってください。

    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/4/22(日) 午前 5:03

    返信する
  • 顔アイコン

    届いた商品のパッケージには14.4Vの2Aと記載されていますが何が真値でしょうか??

    [ fig**o_o*enn*i ]

    2012/5/16(水) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    fig**o_o*enn*i 様

    お世話になっております、Hでございます。

    お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
    またコメント欄よりお問い合わせ下さり有難うございます。

    件のパッケージ表記電圧ですが、パッケージには以下のような
    記載がございます。

    Input power:DC 9 〜 14.4V 2A

    こちらは動作電圧範囲の表記となっております。
    弊社では定格電圧である12Vを推奨させて頂いており、
    定格電圧以外でのご使用に関しては保証対象外とさせて頂いております。

    もっとも電源はアンプの音質に大きく影響しますので、
    色んな電源をお試し頂くのも面白いとは思いますが、
    電源側の仕様により、表記電圧どおりの出力がされないこともございます。
    そういったこともふまえて、定格電圧でのご使用を推奨させて頂いております。
    こちらに関しては、ご理解下さいますようお願いします。


    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/5/19(土) 午前 1:12

    返信する
  • 顔アイコン

    初めてNFJ様を利用しましたが、メールに記載の三時を一時間近く過ぎて入金したにも関わらず当日の夜発送、翌日到着と、迅速な対応に感動しました。
    私は標準版のこのアンプも持っているのですが、全然違いますね。音の解像度、低音の締り、高音の抜けなど総じて素人でも違いが分かりました。是非また利用したいと思います。

    [ this_is_the_revue ]

    2012/5/27(日) 午後 3:50

    返信する
  • 顔アイコン

    本日、LP‐2020Aが届きました。早速、CDで聞きましたが良い音で鳴っています。このアンプの出力インピーダンスは、2〜8Ωとなっています。私のメインスピーカーは16Ωです。何か改造等の対応した方が良いのでしょうか?

    [ mis*ima*6*2 ]

    2012/5/29(火) 午後 2:27

    返信する
  • 顔アイコン

    this_is_the_revue 様

    お世話になっております、Hでございます。

    コメント有難うございます!
    また先日は弊社製品をお求め下さり有難うございました。
    弊社対応、及び製品にご満足頂けたようで何よりです。

    また標準品とも比較して頂けたようで幸いに思います。
    実機をお持ちの方でしたら十分違いはわかって頂けるとは
    思っておりましたが、実際にコメントを頂けますと嬉しく思います。
    これからも皆様に楽しんで頂ける製品とサービスの提供を目指して
    精進してまいりますので、ぜひ末永いお付き合いのほど宜しくお願いします。

    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/5/29(火) 午後 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    mis*ima*6*2 様

    お世話になっております、Hでございます。

    コメント有難うございます!
    また商品が無事にお届け出来たようで安心致しました。
    製品にもご満足頂けたようで幸いに思います。

    なおお問い合わせ頂いたスピーカインピーダンスについてですが、
    通常の使用でしたら特に改造をしなくても問題はございません。
    よほど大音量で使用されるわけでもなければ大丈夫ですのでご安心下さい。
    但し、スピーカーの耐入力(最大W数)とアンプ側の高出力連続駆動時の
    はご注意下さいませ。もちろんいずれもボリュームをよほど大きく
    上げなければ、大丈夫かとは思われます。


    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/5/29(火) 午後 5:17

    返信する
  • 顔アイコン

    Hさま。一昨日はお騒がせ致しました。あれからできるだけ出力させ、夜間は電源投入のみの状態を続けました。20時間ほど経った時点で、音に腰というか芯が入るというか、変わって行くのがわかり、そんな過程を楽しんでおりました。

    アンプの動作の方は、入力無し状態でボリュームを最大にしても、ノイズどころかコーン紙もピクリとも動かない状態ですし、オークションで1100円で落としたパイオニアのS-N901-LRから、定位も分解能も音の広がりも高次元でバランスのとれた良い音が楽しめています。

    良い品をありがとうございました。これからも、良い製品の開発に頑張ってください。
    # NFJオリジナルリファレンススピーカーとかが廉価であると、このジャンルの話題の幅や深度が広がりそうな気がする今日この頃・・・と戯言っす。 (笑

    [ - ]

    2012/5/31(木) 午後 11:59

    返信する
  • 顔アイコン

    pag*fi*e*sys*004 様

    いつもお世話になっております、Hでございます。

    コメント有難うございます。
    またこちらこそ先日はわざわざお問い合わせのご連絡を
    下さりまして有難うございました。頂戴したコメントはもちろん、
    貴方様のブログも拝見させて頂きましたが、LP-2020A+を有効活用
    して下さっているようで、とても安心致しました。
    製品についてもご満足頂けたようで何よりです。
    ※お客様のブログ・HPへの弊社からの足跡コメント等はご遠慮させて頂いております。
    昨今話題のステマ等要らぬ誤解を防ぐ為ですのでご了承下さいませ。

    お電話でも少しお話しましたが、弊社製品をきっかけにこの世界を
    どっぷり満喫して頂けることを祈っております(汗

    なおスピーカーですが、個人的には踏み入れたい世界です。
    ただいかんせんアンプ以上に難しい世界ですので、正直な話、
    方向性を模索している段階でもございます。ただ、いつの日か
    取り扱いとは思っておりますので、ぜひ今後にご期待下さい!


    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/6/1(金) 午前 0:34

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。先日こちらを入手し、仕事場で使用していますが…小音量時の再現性が素晴らしく、聴き疲れしない音であることに感動まで覚えました。
    発熱が非常に少なく(皆無?)、今までA級使っていたのでエアコン無しでは夏場が地獄でした^^;

    実は、お願いがあります。
    カーオーディオ用アンプを製作されるご予定はないでしょうか?

    実は、バイアンプで3台ある車内アンプの発熱が凄まじく、ただでさえ高出力エンジンで排熱が悪いため室内に熱がこもってしまいます。
    元々この石がDC12V動作であり、カーオーディオ向けに製作されたとも聞いておりますし、振動で配線が外れてしまわないようにネジ固定式のターミナルを付けていただければ、充分以上にイイ音が聴けるな、と^^
    SA-36があれば、バイアンプ用として充分に対応可能かと存じます。
    どうか、ご検討をお願いいたします!

    [ omp-gto ]

    2012/6/4(月) 午前 11:51

    返信する
  • 顔アイコン

    omp-gto 様

    いつもお世話になっております、Hでございます。

    コメント欄より製品レビューを下さり有難うございます。
    音質などに関してご満足頂けたようで何よりでございます。

    またご意見下さった内容拝見致しました。
    残念ながら自動車向けのアンプに関しましては、今のところ
    製作や販売の予定はございません。
    といいますのも、自動車内は高温で振動も多い環境ですし
    電源に関しても、自動車特有のノイズを混入させずに、
    安定した電圧と電流量を確保しなければいけません。
    確かにIC自体はカーオーディオも想定されているようですが、完成品アンプの
    販売となると耐久性や保証の関係から、弊社で製造・販売するのは
    今の段階では難しいと言わざるを得ません。
    一部のユーザー様でLP-2020A+を車載で使用されている例はあるようですが、
    ご自身で改造・修理が出来る前提で無いとアンプ自体を壊しかねません。
    ただせっかく頂戴したご意見ですので、今後何らかの参考には
    させて頂きたく思います。貴重なご意見有難うございます。

    それでは今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/6/5(火) 午前 2:21

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。
    最近になって「LP-2020A+@NFJストア別注モデル」の存在を知った初心者です。
    ノーマルのLP-2020A+は市場でも入手できますが御社のモデルを初めてのアンプにと
    思っています。
    再販売の予定などはないのでしょうか?・・・・欲しいです。

    [ ten**77 ]

    2012/8/1(水) 午前 0:35

    返信する
  • 顔アイコン

    ten**77 様

    お世話になっております、Hでございます。

    コメント欄よりお問い合わせ下さり有難うございます。
    現在こちらの別注モデルは大変ご好評を賜り欠品中でございます。
    ただ、若干数の残在庫を近日中に再販致しますので今しばらくお待ちください。
    なお販売開始のご案内は、当ブログにてご案内致します。

    それではご検討宜しくお願いします。

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2012/8/1(水) 午後 6:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事