ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 
販売価格:680円

第四回販売:11月11日21時より
販売数:135セット
※在庫の関係で、販売数量は制限させて頂きます※

今回も、お一人様につき3組までのご購入でお願いします。

※日本側の部品在庫を駆使して最大限増産いたしました。それでも、こちらの数量で若干の予備在庫を残し販売終了予定です。
ご容赦下さいませ。


 


初回販売数:99セット
※弊社出荷作業の関係で、初回販売数量は制限させて頂きます※
また初回は、お一人様につき5組までのご購入でお願いします。
在庫は200セット以上ございますが初回販売時の状況に応じて、今後の
制限数量を検討させて頂きますので、ご理解のほど宜しくお願いします。
※メール便出荷対応です。当キットのみでしたら5セットでもメール便で
一括同梱出荷が可能です。その他、アンプキットも1セットのみでしたら
同梱可能です。但し、部品類なども同梱をご希望の場合はサイズ的に
メール便の制限を越えてしまう恐れがございますので、出来るだけ宅配便出荷をお勧め致します。





※上記リンクから販売ページにお進み下さい。
 なお画面が表示されない場合は混雑中か完売です。


※お知らせ※
販売時の製品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。


※10/3追記※
弊社TA2020自作キットPart.4と組み合わせて使用する際、LittleSusieに既にコモンモードチョークコイルが搭載されておりますので、アンプキット側にオプションのコモンモードチョークコイルは実装させずに使用頂くことをお勧めします。



皆様、こん○○は。Hでございます。

今回は弊社では久しぶりのアンプキット以外の自作キットのご案内です。それはオーディオアンプの電源用として新たに開発したノイズフィルター搭載バルクキャパシタボードキット、通称『Little Susie(リトルスージー)』です。

当キットの目的を一言で申し上げると『電源クリーナー』です。可聴領域のノイズをコモンモードフィルターで狙い打ちすることによりクリーンにし、ある程度触れの大きいノイズはSANYO製コンデンサの最上位グレードである『WGシリーズ』の電解コンデンサ(超低インピーダンス高リプル許容品)を使用することにより、大幅にノイズレベルを吸収することを実現しました。なおかつ、電源供給を安定させることもできアンプICへの駆動力の安定化を図る為に十分な容量として約8,500μFを確保しております。

その他、入出力部分に小容量の電解コンデンサ配置し、立ち上がり特性を考慮した異種のフィルムコンデンサ(パスコン)を役割別に置くことにより、効果的なノイズ除去を実現しています。



それでは、引き続き製品仕様等をご案内致します。

イメージ 2


◆『Little Susie』特徴◆

・オーディオ用として最適なノイズフィルターを搭載。

・電解コンデンサの中でも高性能で有名なSANYO製(現SUNCON)の
 最上位グレード『WGシリーズ』のコンデンサを惜しみなく18個使用!

・コモンモードフィルターにトロイダルコアを採用し、銅線の線径も
 太く十分な電力供給にも対応

・省スペースな小型基板の為、取り付け場所の確保が容易です。


●製品仕様●

製品名:ノイズフィルター搭載バルクキャパシタボードキット『Little Susie』

最大入力電圧:16Vまで
※電源の最大電流は最低でも1A以上、弊社では1.5A 以上での運用を推奨します。

合計容量:8,560.2μF

基板サイズ:50㎜×50㎜


◆キット内容◆

基板:Little Susieプリント基板×1

端子:5.08mmピッチ2Pinターミナルブロック×

フィルター:1mHコモンモードトロイダルコイル×1
※リードの絶縁部分を避け、半田メッキされている部分に半田を施工してください。

電解コンデンサ:
・SANYO(現SUNCON)製 最上位グレードWGシリーズ電解コンデンサ
 (超低インピーダンス/高リプル許容品)16V 470uF×

・Panasonic製 105度対応標準品電解コンデンサ16V 100uF×

フィルムコンデンサ:
・nichicon製 YX フィルムコンデンサ 50V 0.1uF(日本製)×

・Evox-Rifa製 メタライズドフィルムコンデンサ250V 0.1uF(フィンランド製)×

※説明書や回路図はご用意しておりません※
ただご覧の通り、非常にシンプルな設計です。パターン上の極性を間違えずに完成例の写真通りに組み立てて頂くだけですので、ハンダ付けの練習用としてもちょうど良いくらい簡単なキットですので気軽にお楽しみ下さい。

☆関連製品のご案内☆
 

こちらの変換コネクタをご利用いただくと、LittleSusieを手軽かつ便利にご活用頂けます。もちろん同梱可能ですので、ご検討下さいませ。



■注意事項■

・一枚目の写真は完成例です。お届けする物は2枚目のセット内容の
 状態となっておりますのでお間違いのないようお願いします。

・当製品はDIY自作キットですのでご自身で部品を組み込む必要が
 ございます。弊社キットの中では比較的難易度は低くなっておりますが、  慣れておられない方や初心者の方は、半田ごての取り扱いにくれぐれも
 ご注意下さい。

・当キットは自作キットという性質上、基本的に製品保証はございません。

・先述の通り説明書等はご用意しておりません。電子機器を製作したことが
 ない方や電気的知識をお持ちでない方、商品写真を見て印刷の記載が
 わからない方はご購入をご遠慮ください。弊社では製作時のサポートや  説明書の配布などはしておりませんのでご注意下さい。

※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。


★NFJユーザー交流掲示板のご案内★

上記注意事項の通り、弊社では製作時のサポートなどは行なっておりませんが、おかげさまでたくさんのユーザー様が弊社製品をご活用されておられます。また弊社ではサポートが出来ない代わりに、ユーザー様同士の情報交換をお手伝いする為に、掲示板をご用意しております。ユーザー様のキット製作例やトラブルシューティングなど、非常にたくさんの情報がございますので、弊社キット組み立て時はこちらの掲示板も参考にして下さい。

※現在は試験運用中です。ご覧になる前にリンク先記載の
 注意書きに必ず目を通してから、ご覧下さいませ。


以上、簡単ではございますが製品についてご案内致しました。
ここからはよもやま話でございます。お時間のある方はどうぞ。

※ ※ ※

さて、今回のLittleSusieですが既にこういった目的で弊社アンプキットの前段に大型コンデンサを配置されている方も多数おられるかと思われます。実際にユーザー様の製作例でそういった構成は複数拝見させて頂いております。またユニバーサル基板を用いればこういった物を自作することも不可能では有りません。ただ当キットのように小容量コンデンサの多数並列構成というのは慣れていても手配線が面倒ということもございます。そこでバイヤーKが闘病中に構想を練ったのが当キットでございます。


。。。とだけ申せば聞こえはいいのですが、元々は当キットの主要部品であるSANYO「WG」の在庫がダブついていたことがございます。

K:なぁ、新しい部品もっと仕入れさせてくれや!

H:おめぇ、さすがに在庫多すぎやん?特にSANYOの「WG」。
  4個セット10個セット100個セットの三つ巴でも在庫に余裕あるし。。。

K:素性のええコンデンサなんやから余るくらいあってもいいヤン?
 
H:いやいや、ちゃんと計画的に仕入れなアカンやろ〜。。。

K:ほな、これでドヤ!

H:何、この蓮の実みたいなん?それっておいしいん?

K:おいしすぎてほっぺ落ちるで〜!

とまぁ、実際の所はこんな感じです(汗

実際SANYOの「WG」は要所要所に用いると非常に効果的で高性能なコンデンサなのですが、弊社キットでは使いづらく、ショートリードということで用途も制限されてしまいます。そこで当コンデンサの在庫処分を兼ねて、最大限有効活用することを提案したのが当キットでございます。

余談ですが、私Hの提案でアルミの密閉ケースに入れてブラックボックス化して『ホットNFJ』で4,800円くらいで売り出すか!といったネタ案を出しましたが、倫理的にアウトなので却下されました(汗

というわけで、病み上がりのバイヤーKと現地スタッフ総動員して急ピッチで製品の開発と準備を行ないました。

その結果、

SANYO「WG」中国在庫全部無くなりました\(^o^)/

ダブついてたと思ったら、終了でした。両極端ですみませんorz


そういった経緯(汗)もございまして、今回の販売価格は弊社としては投売り価格です。しかも、今後同じキットを同価格で作るのは困難かと思われます。それくらい今回のLittleSusieはコストパフォーマンスに自信がございます。効果について騙すつもりはございませんが、騙されたと思ってお試し下さい!

それでは今回も宜しくお願いします!
当方おススメの逸品です!


※追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事