ここから本文です

書庫全体表示

大変お待たせいたしました!
FX-AUDIO-の新製品 フルデジタルアンプ『D302J+』を新発売いたします!

新商品のご案内


2016年922日 21:00 〜


デジタル3系統+アナログ1系統入力切替え
フルデジタルプリメインアンプ

イメージ 1


販売価格:7,980円

販売数量:シルバー 
 /
お1人様1台限り





【ニュースリリース】

【メディア各社掲載記事】

【製品情報】
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 2
イメージ 6


【従来モデルからの進化ポイント】

■USB入力がハイレゾに対応
USBレシーバーに「VT1630」ICを採用し、USB入力を従来機の最大16bit/48kHzから、最大24bit/96kHzまでとなり、ハイレゾ音源の再生も可能となっています。

■アナログ入力に対応
TI社製バーブラウンブランドの高SN比タイプADC 「PCM1808」を追加し、アナログインプットにも対応!
TUBE-01Jなどのラインアンプとの組み合わせもお楽しみいただけるようになりました!
「PCM1808」の対応する最大サンプリングレートは[24bit96kHz]ですが、本機ではベストな音質でサンプリング・コンバートできる[16bit48kHz]に設定しており、これによりスペック値に近い高いSN比を実現しています。
高音質でデジタル変換された音声信号は、旭化成「AKM4113」によりデジタルアンプICへ入力され、高音質なまま増幅されます。
※ADCの入力カップリングに高級オーディオ用として定番のドイツメーカーのWIMA製のフィルムコンデンサを配置し、入力音源を高音質で受けることが出来る為、原音に近いシグナルをデジタル変換しています。
※ADCの回路部分の設計を最適化することにより、リファレンス回路に比べ更なる低ノイズ化を実現しており、ホワイトノイズが気にならないレベルになっています。


■ヘッドフォンアンプ&フロントヘッドフォン端子を装備
オペアンプ回路によって高音質で損失の少ないヘッドホンアンプ回路を搭載。
デジタルアンプIC「STA369BW」までをフルデジタルで接続し、アンプICからのLINE出力をヘッドフォンアンプ回路に接続することにより、低ノイズ化を実現しています。
※オペアンプにはオーディオ用高音質・低ノイズ品として定評のあるテキサスインスツルメンツ製NE5532P(DIP8)を採用。


■フロントパネル・インターフェイス・内部プログラムを一新
商業デザイン専門デザイナーにより洗練されたデザインに!大胆な変更を行い、利便性と操作性が大幅に向上しました。
MCU内のコントロールプログラムも合わせてアップデートすることで、少ないボタンで直感的な操作が可能に!
ビットレートインジケーター(サンプリングレート周波数表示)と入力インジケーターを新たに搭載し、入力機器と受信信号が視覚的に確認できるようになりました。
電源をOFFにしても、音量・トーンコントロール設定・入力切り替えの設定情報を保持し、電源ONで復帰するようになっています。


■「高級オーディオに負けない音質」
音質改善のために、デジタルアンプICの基本部品と回路を再構築しています。
様々な部品やセッティングを煮詰めた結果、最終的に高級オーディオの音質に匹敵する聴き味を実現しました。
オールマイティーとは言えませんが、従来のフルデジタルアンプとはまた別格の音質をお楽しみいただけます。

・放熱対策でより高音質に
フルデジタルアンプの最終段の出力ゲート部分での熱抵抗による音歪み(高周波部分での歪み含む)の影響を最小限に抑える為、ヒートレス設計のICにもかかわらず、放熱用のヒートシンクを追加で搭載。

・アンプ出力段のローパスフィルターのインダクターを特注品に
MIDEN製の既存シリーズをベースに特注製造依頼をして完成したインダクターを採用し、低い周波数帯(可聴領域部分)の歪みを低減しています。
※本来高周波を抑える為のものですが、可聴領域でも歪みとして出力される音質に影響がある為

・アンプ出力段のローパスフィルターの設定を見直し
ローパスフィルターの設定について何度も試作を重ね、その結果からベストな値になるようカスタマイズを施しています。
『高級オーディオに負けない音質』を実現する肝となる部分です。

・基板設計を強化
従来の基板設計概念を大幅に進化させ、デジタル部分の電位を極限まで下げ、アナログ回路はその少し上の電位差になるよう再設計。これにより、電気的にもスムースになり、音質に影響しやすいアナログ回路部分への悪影響を極限に抑え、高音質を維持したまま最大ポテンシャルを発揮できる回路を実現しています。

・電解コンデンサーへのこだわり
オーディオ製品の中でも特に音質に大きく影響する部品であるアルミ電解コンデンサは全て日本メーカー製を採用し、特に音質に影響ある部分にはオーディオ専用グレードを採用しております。
他にも、電源の様々な箇所で高性能なタンタルコンデンサを多用し、高音質化を実現しています。


【製品の特徴】
■高級アンプに負けない音質
高級機の音質に匹敵する聴き味になるよう、使用パーツを吟味し、回路設計の改善を重ねています。
従来のフルデジタルアンプとは別格の高音質をお楽しみいただけます。

■フルデジタルアンプ
フルデジタルアンプICにSTMicroelectronics製「STA369BW」を搭載
入力からアンプICまでをフルデジタル化することで音の劣化を最小限にし、 デジタルアンプのメリットを最大限に引き出しています。

■デジタル入力3系統(ハイレゾ対応)+アナログRCA入力1系統を装備
光デジタル/同軸デジタル/USB の3系統デジタル信号入力に加え、アナログ入力にも対応。
USBレシーバー(USB DDC)として「VT1630」を搭載し、USB入力もハイレゾ対応となりました。
アナログ入力は高SN比の「PCM1808」IC(最大24bit/96kHz)にてデジタル変換
(16bit/48kHz)を行い、旭化成「AKM4113」経由でデジタルアンプICへ出力します。

■高音質な電子ボリューム・トーンコントロール機能
電子ボリューム・電子トーンコントロール機能により、アナログ回路ではどうしても発生するギャングエラー(左右のボリューム誤差)や信号の劣化損失を回避しています。
BASS・TREBLE共に±12dB(14ステップ)の高音質なトーンコントロール機能を搭載しています。


【開発者からのメッセージ】
従来機のD302J販売がご好評のうちに早い段階で完売となり、購入者の皆様からのフィードバックも数多く頂戴し、誠にありがとうございました。
今回、予定より大幅に時間がかかってしまいましたが、皆様のフィードバックのおかげで進化し『D302J+』として完成いたしました。
これもひとえに応援していただいたお客様方のおかげです。この場をお借りして、改めて厚く御礼申し上げます。

実は、コントロール周りのプログラムを少し改良して第二ロットの生産を予定していたのですが、たくさん頂戴したの情報の中で、D302Jの改善イメージが根本的に変わり、それを実現する為にはベース設計で大幅な変更が必要となった事で、進化版の『D302J+』の基本構想ができあがりました。

5月発売予定でD302J+の生産・開発準備を進めていた中で、3月末あたりにブログで試作基板を公開した際、音質面でのカスタマイズ(D302J+をずっと持っておきたいスペシャルな聞き味にセッティングしてみてはどうか)という面白いご提案をいただき、また、ヘッドホンアンプ部もシンプルにヘッドホンアンプICを貼り付けで計画しておりましたが、DIPタイプのオペアンプに変更し、複数種類のオペアンプを搭載したモデルをラインナップしてみると喜んでいだけるのではないかという案件もあり、
既に生産までの段取りや、高音質化する為の回路設計と部品の選定まで出来ていたところでしたが、急きょこの2つの改良を実現すべく、更に改良や試作を繰り返し時間がドンドン過ぎて行ってしまいました。

このようなことがあり、予定を立てていたのにもかかわらず、かなり延びてしまい皆様には本当に申し訳なく思っています。
また、日本側のスタッフもそれにより迷惑をかけてしまった形になって申し訳ないです。
お時間頂いた結果、私自身も納得が出来るとても良いものが出来ました。
お待たせしてしまった分も加味したうえで、十分に納得していただける仕上がりになったのではないかと思います。

お客様からいただいた改善内容を存分に盛り込み完成した『D302J+』を是非お楽しみください。

P.S.
更に、ヘッドホンアンプ部も標準搭載の「NE5532」に加え、ハイグレードオペアンプの「OPA627」を使用できるよう、最適化した回路に設計しておりますので、今後生産が安定してきたあたりで高級オペアンプ搭載モデルも考えていければと思っております。


○関連商品のご案内○
               

【D302J+推奨品】












※ACアダプターについてのご注意※
        

・出力的に2A以上のACアダプターを推奨としておりますが、改良を重ねた結果、電源相性がシビアになり、電源によってはヘッドフォン出力にノイズが出てしまう場合がございます。

・現在弊社で販売中の12V/2AタイプのACアダプターで検証した結果、ヘッドフォン出力においてノイズの影響を確認しましたため、非推奨といたします。
※ヘッドフォン出力を使用しない場合やLittleSusie等のフィルターを入れる場合は普通にご使用いただけます。

・4A出力タイプのACアダプターではヘッドフォン端子のノイズもなく、高音質でお楽しみいただけます。


  • 顔アイコン

    瞬殺完売って・・・・・再販売お待ちしております

    [ fla**inoj* ]

    2016/9/23(金) 午後 2:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事