ここから本文です

イメージ 3

イメージ 4


デュアルモノラル構成で大人気の、FX-AUDIO- FX-501Jが、更に尖った仕様になって帰ってきました!!
前ロットであった問題点や詰めの甘さをバイヤーK主導で改良。
実質的な新モデルと言ってもいい出来栄えです。


先輩との会話

A「先輩、501Jって全然別物なのになんで+とかproじゃないんですか?」
「ああっ、それは話せば長いんやけどな・・・」
A「ごくっ(真剣な面持ち)」
先「フロントパネル先につくってもうたんやw」
A「そこかい!」

いや、ほんま冗談みたいな理由でした(汗)
で、冗談抜きにしまして、なぜ先に作ったかというと、中国の物価上昇が半端じゃないぐらい続いてるからなんです。
特に金属関係や電子部品関係は酷くて、積セラなんか1年で4倍以上、最近だとアメリカとの貿易摩擦でICそのものが高騰し始めてます。
これから1〜2年は入荷のたびに価格があがりそうな情勢ですので、ご理解をお願いすることになると思います。m(_ _)mペコ



それでは仕切り直して、今回の変更をわかりやすく解説しますね。
まずスーパーウーハーや2.1chのウーハーで使う方に関係する改良です。

*入力ラインの合成を入力直後に行い、入力カップリングコンデンサーの個体差による左右チャンネル差を排除しました。
更に入力抵抗には高音質で信頼性の高いDALEを採用!

前ロットでは入力信号の合成を入力カップリングの後にやってたんですが、一個のウーハーで左右の低音を鳴らす場合に、右左右左と交互になる低音だと、カップリングコンデンサとその後の回路でフィルタになって、コンデンサの誤差(最大10%+10%)が低音の聞こえ方に影響してたんです。

もちろんコンデンサの容量差が最大になることは稀ですし、低音なので影響が有ると言っても微々たるものと言うか、ハイカットの位置でも印象が変わるので、気づく人がいるんだろうか?というレベルなんですけど、ロットが変わる改良なので「音質には妥協しない」とKの方針から大幅に回路が変更されました。

それと地味ですけど、入力抵抗がDALEになって聴き味が素直に良くなってるのは嬉しい変更ですね。

*電源デカップリング+各チャンネル専用バルクコンデンサで、前ロットの約三倍の電力供給能力を確保。
これにより低音域の立ち上がりを改善すると共に、連続大音量時の音痩せを無くしました。
また各チャンネル専用バルクコンデンサは電力供給の理想化に貢献し、両チャンネルの動作状況を均一化してParallelBTLの合成歪を抑制しています。

*出力フィルタにECHUを採用!低音域の迫力だけでなく、高音域の質にも拘る徹底ぶりをご堪能ください

各チャンネル専用バルクコンデンサが新設されて、聴き比べるとはっきりと分かるほど切れが良くなってます。
元々ニュートラルな聴き味が取り柄のTPA3118ですが、バルクコンデンサで低中音のシャープさ、ECHUで高音の質感と全域に渡って実感できる音質向上で別物に仕上がってます。

分かり易いところだと、ドラムは音の輪郭がハッキリしていて、連打の中でバスドラ入った瞬間でも他の音が緩まないです。
ウッドベースやチェロなんかの胴鳴きは共振なので、かなり音圧が高くてデジアンの不得手な音なんですが、その中でちゃんと次の音が聞こえるのもポイント高いです。
胴鳴きで有名なアルバムだとBrian Brombergの「Hands」はかなり感動ものですので是非聴いてみて下さい。

100Wのモノアンプなのでスピーカーとの距離がある程度ある環境の方が多いと思うんですけど、前ロットより距離をとっても音像が滲まないのも低中音の切れのおかげでしょうね。

それと距離があると高音は大人しくなるので、ECHUの差は分かり難いだろうなと思ってたんですけど、意外や意外、音の消え際の実際の音量が上がるので、近距離で聴くより質感に差がでてます。

聴感上で分かり易いのは、こんなところでしょうか。
ぱっと聴いて分かり難いけど、ParallelBTLの合成歪低減なんかも妥協しない音作りの結果です。


*PWMで生成していたICコントロール用電圧を、3端子レギュレーターで生成しグランドへの影響を排除。

こういう所も、実際の聴感というよりコツコツ積み重ねで良くなる部分ですから大事ですよね。
バイヤーKは開発者の独創性を大事にするんですけど、一旦関わると拘りまくってダメ出しするので、開発陣からは怖がられてるようです(笑)

駆け足での解説でしたが、なんとなくでも良くなったポイントが伝わったでしょうか?

6/21追記
今回の新色チタンでご質問があったので書いておきますね。
チタンと言うとチタンブラックを想像される方が多いんですけど、新色チタンはチタン合金の色に近いです。具体的にはチョット青味がかった明るい燻し銀です。
落ちついた色調で最大の特徴はパネルにレーザー刻印されている字が読める!(笑)
実はユーザー様のご要望で多いのが、シルバーを買いたいけど字が見にくいってのがありまして、なんとかしたいのですがレーザー刻印では今の状態が限界です。
そこで、今までも明るい色で色々と試行錯誤してきたんですが、今回のお試し新色がチタンというわけです。
ですので、評判が良ければ他機種への展開もありますので、買って気に入った方は是非ストアでレビュー口コミ書いてくださいね。


モノラル パワーアンプのデュアル構成って、今までは一部のマニアのものでしたけど、今回はなんとかコミコミ1万以内に抑えられましたので、この機会に是非ご検討ください!!

イメージ 1



イメージ 2

【製品仕様】
カラー:ブラック / チタン
製品保証期間:お買上げ日より6ヶ月間
入力端子:RCA端子 モノラル/ステレオ(MIX)
最大出力:100W(2Ω外気温25℃時)
対応スピーカー:4Ω〜16Ω(2Ωは電源条件が厳しいので保証対象外です)
出力端子:1ch モノラルスピーカー出力 (バナナプラグ対応金メッキスピーカーターミナル)
デジタルアンプ IC:TexasInstruments社製 「TPA3118」
機能:ゲイン設定機能(20/26/32/36dB)、ステレオtoモノラル変換機能
電源:DC12〜24V 電源容量2A以上(4A以上推奨) ※電源別売
電源コネクター:DCジャック 外径5.5mm 内径2.5mm (センタープラス仕様)
付属品:簡易説明書
サイズ:高さ33mm×幅98mm×奥行き123mm(突起部を除く)
本体重量:360g

この記事に

イメージ 3

大変お待たせいたしました!
人気のため完売となっておりましたモノラル パワーアンプFX-501J』 を更にブラッシュアップして回路も新たにし高音質化を実現した第2ロットが到着いたしました。
今回の第2ロットより新色チタンも新たに加わり2色展開で販売いたします。
是非この機会にお求めください。

人気商品につき注文殺到による出荷遅延の恐れがあるため、安定する迄の期間販売数量を制限させていただきます。
ご了承の程よろしくお願いいたします。

商品再販のご案内

2018年 6月 20日  21:00 〜

イメージ 2

New COLOR!!
イメージ 1

販売価格 : 4480円
販売数量:  ブラック100台 チタン60台
          ※お一人様2台まで

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




憧れのモノラルパワーアンプ デュアル構成をお手軽価格で実現!
FX-AUDIO-ブランド初となる高音質設計の 純粋なモノラルパワーアンプ
TexasInstruments製 TPA3118デジタルパワーアンプICを搭載し、Parallel BTLモノラルモード駆動させることで、最大100Wのハイパワー出力を実現。

音質劣化の要因となるアナログボリュームを排除しながらも、アンプICパラメーター変更方式によるゲイン制御機構の採用により、音質劣化のない高音質な4段階の出力設定機能を実現しています。

【推奨ACアダプター】
※本製品のDCプラグ形状は外径5.5mm・内径2.5mmタイプの適合となります。
DCプラグ形状が内径2.1mmタイプのACアダプターをご使用の場合、下記のプラグ変換ケーブル、プラグ変換アダプターが必要となります。

     


この記事に

特価セール開催中!!


イメージ 1

特価セール開催のご案内
なんとMAX 50% OFF!!


SALE開催期間
61518:00〜62918:00

特価商品多数追加!!
お得なこの機会に是非お買い求めください。


特価商品の一部をご紹介いたします

イメージ 1

SALE価格!! 11% OFF!!
3380円→ 2980円!!


イメージ 2

SALE価格!! 25% OFF!!
1980円 1480円!!


イメージ 3

SALE価格!! 50% OFF!!
650円 325円!!


イメージ 4

SALE価格!! 15% OFF!!
1480円 1250円!!


イメージ 5

SALE価格!! 11% OFF!!
340円 300円!!


イメージ 6

SALE価格!! 35% OFF!!
1980円 1280円!!


イメージ 7

SALE価格!! 12% OFF!!
780円 680円!!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

この記事に

おはようございます。
本日の大阪府北部を震源とする地震の発生により、交通各機関が麻痺状態となっております。
その影響で従業員も半数以上が出勤できない状態となっており、本日の出荷に影響が出る見込みでございます。
商品の到着を心待ちにしていただいておりますお客様には大変申し訳ございませんが、お届けが1日〜2日程度遅延する場合がございますが何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。


イメージ 1
本日の梱包状況(一部)


【追加情報】
運送会社より集荷時間の早期切り上げの連絡が入りましたので、よりお届けまでお待たせしてしまう可能性が高くなりました。
現在従業員も揃い、全力で精一杯出荷業務に励んでおりますが、一部のお客様で確実に遅れが出てしまう見込みでございます。
お待たせすることとなり、申し訳ございませんがご理解のほどよろしくお願いいたします。


【追加情報2】
16日21時より前までのご注文分につきましては本日中の出荷を完了いたしましたが、運送会社の輸送全体に遅れが出ているとの事で、通常より1日遅れてのお届けとなってしまうとの事でございます。
せっかく新製品をお買い求めいただいたにもかかわらずお待たせすることとなり申し訳ございません。

この記事に

聴き比べてみました!

みなさん、こん○○は、サポート見習いのAです。
今日は今晩発売開始の、FX-2020A+CUSTOMLP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomの緊急聴き比べです!!

三台揃い踏み!
イメージ 1

*2台のLepaiは先輩の個人所有物です。


朝、先輩からブログに聴き比べの記事書いておくように指示されてたんですけど、ドタバタしてて今聴き終わったところです(汗


美味しいものは最初に食べる派なので、いきなりLP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomから行っちゃいますね(笑)

私も第八ロットを改造したの持ってるんですけど、ぜんぜん次元が違います。Lepaiの音なのに見通しが良くきれいに上まで伸びて、非常にクリアだけどしっとりと落ち着いついた音で驚きました。たんにOPA627入れただけじゃ、このクリアさが出ないのは第八で経験済みですが、前段入力カップリングで落ち着きまで引き出すとは、バイヤーKに脱帽です。
ベースの素性が良いのをポイント突いて詰めてますね。

曲のジャンルは選ばず何でもいけるかんじです。Lepaiってノーマルだと割と荒いと言うか、上の伸びが少ないので歪上等のロックなんかが似合うんですけど、LP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomは普通にクラシックからポップス、果ては演歌まで楽しく聴けちゃいます。いや〜これ聴くと第九ロットが欲しくなっちゃいます(汗)


さてさて、2番めは先輩が入力カップリングをシルミックGOLDに換えたLP-2020A+ NFJモデル第九ロットです。
こちらはOPアンプがNE5532なんですけど、第九ロットの素性の良さからか以外なぐらいバランスはよく、そつなく何でもこなします。ただクリアさと伸びやかさはOPA627が効いてるんでしょうね、LP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomと比べると2段ぐらい落ちる感じです。シルミックGOLDがTA2020に近いせいか落ち付きはコチラが上回るだけに、もったいない気はします。

と言う事で、OPA627に換装して仕切り直しです(笑)
・・・う〜ん、やっぱりOPA627は魔法のスパイスですね。
LP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomと比べても遜色なくなりました。落ち着きはコチラが上だけど、もう少し艶やかさが欲しい気も・・・ここまで来ると好みなのでお好きな方を選んでくださいと言うところでしょうか。

イメージ 2

さてさて、最後になりましたがFX-2020A+CUSTOM!本日の真打登場です!!
最近は毎日チェックで聞いてたんですが、真剣に音楽で聴き比べするのは初めてで結構ドキドキ物です。OPアンプがNE5532なのでLP-2020A+ NFJモデル第九ロットとトントンか少し上かなと思ってたんですが、いざ聴き始めると、ええ〜〜〜〜〜〜!!これノーマルですよね?って思わず独り言。
流石に細かいニュアンスなんかはLP-2020A+ NFJモデル第九ロットLimitedCustomに半歩ほど遅れを取るんですけど、歪みや鈍りのなさは完全に上回ってます。クリアさもかなり近い感じですし、なによりボーカルが生々しくて、ジャネット・ジャクソンとかの古くてコンプレッサーかかってない曲を聴くとゾクゾクします。
で、はたと気がついたんですが、まだNE5532のままでした。
これ、付け替えるとどうなるの?って、予想はつくけど後戻りできなさそうで怖いです。(続く・・・)

お楽しみのために続きは後日に、乞うご期待!!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事