ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全150ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

発端はかれこれ2年前ほどの事になります。
SMSL社製のSA-36AProを扱っている流れで、お客様よりSA-98EをNFJ扱いで販売して欲しいというご要望が複数ございましたため、ラインナップに加えるためにロット仕入れをし、SA-36A Pro同様弊社で外観及びリスニングチェックを行っておりました。
SA98E自体SN比は低めでしたが、チェックの際に個体差で著しくホワイトノイズが出ているものもあり、問題のない個体を選別した結果、半分弱が不良判定となってしまいました。
一度この仕入れを無かった事にしてその分をSA36A Proに変えていた状況でした。

この段階で原因をある程度特定し、情報としては製造元に上げていたと思います。
その原因というのは

・回路のアートワークのベタGND部分でアンプ出力段のゲートスイッチノイズがアナログ段のGNDに影響してSN比が低下している。

・使用しているACアダプタからのリップルノイズを内部の電源平滑コンデンサが十分取り切れていない為に全高調波歪とSN比が低下

・部品の精度誤差
貼り付けタイプの積層セラミックコンデンサ自体精度差もしくは不良ロット
こちらが結構厄介な問題でして、著しくホワイトノイズが多くなっている(個体差あり)の理由として、貼り付けタイプの積層セラミックコンデンサ自体精度差が大きいのと、その部品の配置間隔とが相乗し、その回路によりQが合う事で共振回路が形成されてしまいコンデンサが鳴っていたか、そのコンデンサ部品自体のロットの不良だった可能性が推測出来ます。

実際、その周辺のコンデンサを同容量で総入れ替えした結果、改善が確認できたことと、複数個所プローブを当てていくと、そのSMDのパスコンあたりでその発振のゲインがドンドン大きくなっているのが確認できたため、特定に至ったという次第です。

それで、これらの情報を伝えたうえで、問題を解決したロットが完成した後に取り扱いする予定でした。


SA-36A Proに関しても最初の頃同様の問題は有ったものの、そこまでアンプ自体の出力が大きくなかったので仕様として受け入れておりましたが、やはりそれでも弊社リスニング検品の際に、入荷数の10-25%を個体差による大きなホワイトノイズで返品交換していたのが現状でした。
その後その情報も上げていたので、同一型番のアンプIC変更という流れで解決していった感じです。


このような経緯でSMSLとお付き合いを続けていたのですが、
去年2016年末頃に突然、SMSL側の担当者と名乗る方から、
NFJで販売しているSA-36A Proの価格が安すぎるので、SMSL側が用意した型番別販売価格リストに沿った売価設定をするようにとの内容で、
『価格改定を行わない場合は日本のAmazonやYahooにクレームをして販売を止めてもらう』というような売価を上げるよう一方的に迫る内容の書面を通知されました。

入荷後の検品なども行い、更にコストがかかっているのにもかかわらず、弊社の営業努力で安価に設定しているだけで、弊社としてはこれを適正価格として決めており、
好評をいただいていたとともに、ブランドイメージの向上にも貢献していたと思います。
また、SMSL社とは創業当初より情報提供をするなどの協力関係を築き、深いお付き合いしていた事もあり、この通知にとても衝撃を受けました。

価格引き上げによる影響を受けるのはそれを購入したお客様になってくると思いますので、
メーカー側には価格をコントロールできる法的強制力は無く、そういった通知は日本の法律の下で公正取引法違反になるので価格を上げての販売は出来ない旨を伝え、お断りいたしました。

現在のSMSL製のアンプは昔と違い、価格設定が高くお感じになっている方もおられると思いますが、実はそういうからくりが裏で有ったというのが現状です。

以前から参考価格としての認識で価格設定があったのは把握していましたが、まさかこのような強行に出てくるとは思いもしませんでした。

付き合いでSMSLのオーナーと何度か食事をしたり会社で情報交換を行っていた経緯もございまして、今回この告知をしてきた担当はオーナーと別の方でしたので直接オーナーと話し合いましたが、「担当が決めている事が全て」という事でした。。。
とても残念な気持ちと驚きを隠せなかったのが現状です。


長くなりましたが、上記のような経緯があり、
その後しがらみも特にないのでNFJ主導で相当の製品として今回


この3機種をリリースするに至りました。
前述した問題の解決に加え、今まで細かい部分で気になっていた箇所は全て最適化しており、音質面でとても良い製品に仕上がっています。

ただ、FX-AUDIO-製品の中ではこの構成ですと廉価モデルの部類に入りますのでNFJなりに適正価格を決めております。
ですので、比較すると安すぎて不安に思われる方がおられると思いますが、前述の流れの通りの基準での価格設定ですので、ご理解頂けますと幸いです。

回路及び仕様に関してはほぼ互換に近い形になっていますが、細かい部分で高音質化を狙ってカスタマイズしています。
部品の配置であったり、追加回路であったりそういった部分は商品紹介の内部写真を見て頂ければご理解いただけると思います。

新しい流れで進められたらと思っておりますので、これからもFX-AUDIO-製品をよろしくお願い致します。

この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

この記事に

開くトラックバック(0)

FX-AUDIO-ブランド 高出力アンプのスタンダードモデルとして 『FX98E』を販売いたします。

TDA7498E搭載 ハイパワーデジタルアンプ
FX-AUDIO- FX98E

イメージ 1


本製品はSTMicroelectronics製 「TDA7498E」デジタルアンプICを搭載し、最大160W×2ch ステレオ出力を可能としたデジタルパワーアンプです。
シンプルな高出力パワーアンプとしての使用を前提に設計され、低コストかつ高出力、クリアーでフラットな音質を実現した高コストパフォーマンスモデル。
リファレンス回路をベースに、低コストで音質向上の見込める回路を加えると共に、部品レベルでも高音質化処理を施すことにより、高級オーディオアンプ並みのクリアな音質、高出力時のフラット感を実感していただける低価格かつ汎用性の高い高出力デジタルアンプとなっています。
高音質ながらも、大型・低能率のスピーカーでも余裕を持って駆動できる驚きのパワーと低価格を実現しています。

イメージ 3

【製品の特徴】
■高出力アンプのスタンダードモデル
リファレンス回路をベースにしたシンプルな回路構成というコンセプトを踏襲しながら、搭載しているSTMicroelectronics製 アンプIC TDA7498Eのポテンシャルを十二分に生かしたメインアンプにふさわしい高出力アンプのスタンダードモデルに仕上がっています。

■主要コンデンサーに高音質仕様の製品を採用
入力カップリング及び出力カップリングコンデンサーにBCコンポーネンツ製ベルギー生産特注仕様の高耐圧太銅リードフィルムコンデンサーを配置、透き通った音質を保ちつつ、低域の量感も確保しており、モニターライクなニュアンスに。

■トロイダルコアインダクターを採用
大電流・高出力対応トロイダルコアインダクターを搭載し、磁界結束による干渉の影響を受けないよう設計段階よりインダクター配置を設定しています。
更にトロイダルコアインダクターの特性を考慮し、中心に固定用充填剤を塗布することで性能を最大限に発揮できるよう最適化しています。

■電源部の改善によるSN比の向上
電源平滑コンデンサーに低ESR・高リプル対応のエルナー社製大容量電解コンデンサーを採用することで電源のリプルノイズを効果的に低減し、また基板のアートワークによりGNDの強度を高め、アナログ音声回路への電源の影響を低減することで全高調波歪の低減とSN比の向上を果たしています。

■電源部入力段にアクティブフィルターを追加
アクティブフィルターの追加により、電源ノイズフロアを大幅に減衰させることに成功。
音質向上に大きな効果を発揮しています。


イメージ 2

■ベースゲイン設定切替DIPスイッチ搭載
23.6dB/29.6dB/33.1dB/35.6dBの4パターンのベースゲインを本体背面に配置したDIPスイッチにより、簡単に切り替えが可能。
プリ側の種類や能力、ゲインに合わせて調整が可能です。

イメージ 4



【製品仕様】
カラー:ブラック/シルバー
デジタルアンプIC:ST Microelectronics製 TDA7498E Dual-BTL Class-DデジタルアンプIC
最大出力:最大160Wx2ch(電源入力32V・4Ω時) / 対応スピーカー: 4Ω〜16Ω
SN比:72dB
出力ゲイン設定:23.6dB/29.6dB/33.1dB/35.6dB ※本体裏面DIPスイッチにて設定
入力端子:ステレオRCA端子(金メッキ仕様)
出力端子:2chステレオスピーカー出力 (バナナプラグ対応金メッキ端子)
電源仕様:DC15V-32V 電源容量2.5A以上推奨 (ACアダプター別売)
電源コネクター:DCジャック (外径5.5mm 内径2.5mmセンタープラス)
付属品:簡易説明書
サイズ:高さ33mm×幅96mm×奥行き168mm(突起部を除く)
重量:495g



【メディア各社掲載記事】
※こちらのアンプは
ICの仕様としてDC15Vからとなっているため、
電源仕様DC15-32Vとなっておりますが、
実は12Vでも動作します。

15V以上のACアダプターは入手性が悪くなりがちなので、そういった方は
12VのACアダプターで試してみてください


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

こんばんは!
昨日はTUBE-01J LIMITEDの販売開始早々完売となりました!
お買い上げ頂きましたお客様、誠にありがとうございました!!

代引き・及び決済済みのご注文分の出荷が無事に完了いたしました。
商品到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

イメージ 1


イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

全150ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事