PLL535とPLL43BL使った測定器 簡易補正

https://blogs.yahoo.co.jp/ngydx785/20602192.html で入れる予定のハードウエアがすべて入ったので、ソフトウエアに手を入れることにした。 もともとMD8470AとPLL535と8515Aの組み合わせで使うプログラムをベースにしているので、ちょっと最適化できていないところがいくつかある。 まあ、こまごましたところはおいおい直すとして、当面問題なのは、オリジナルの構成では、伝送反射を測定するための方向性ブリッジに 5086ー7328を使っている。 これがまたとてもよくできた方向性ブリッジなので、ほとんど補正なしで反射がはかれてしまう。 また、同じものを2つ使って(しかも同じ構成で)伝送と反射を測るので、マッチングがとれている。 今回はここの部分を大幅に簡略化して、Tすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事