「勝どき物語」(殿岡駿星)

新発売「南瓜大玉の日の本國憲法私案」(著者南瓜大玉先生)
イメージ 1

●写真は「平和プラザ2018」で「俳句弾圧事件と日本の司法制度について」話をする殿岡駿星。橋本夢道の「大戦起るこの日のために獄をたまわる」の色紙を手に、夢道の獄中句を説明。

◆☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
  「勝どき物語」(殿岡駿星) 
☆★☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★◆
 2019/08/17号           

◆俳句弾圧事件と日本の司法制度
  8月10日「平和プラザ2019」で報告◆

2019/08/10~11、月島の社会教育会館で開催した「平和プラザ2019 平和をねがう中央区民の戦争展」に、「夢道サロン」が展示に参加しました。その中で、10日の午後4時半からは、殿岡駿星が「俳句弾圧事件と日本の司法制度について」と題して、報告しました。

配った資料は、レジュメと「俳句弾圧不忘の碑」に刻まれた17人の句、夢道が1934年に「俳句生活」に発表した「渡満部隊」と題する10句、それと6月16日付け朝日新聞俳壇・歌壇のコラム「うたをよむ」に書いた駿星の記事のコピーの3つでした。

レジュメには①から⑬番まで、番号をつけて、それぞれの項目に、①新興俳人44人検挙②「不忘の碑」に17句を顕彰③未決勾留2年1か月④獄中「紙石板」に300句⑤1941年12月8日⑥日本の特徴・代用監獄(23日勾留)⑦西欧の検察取り調べは3日以内⑧100日異常の未決長期勾留⑨弁護士立ち会いOKの西欧5か国⑩狭山事件から56年⑪大崎事件の原口アヤ子さんは92歳⑫江戸416年、変わらぬ自白偏重⑬憲法38条、と書いて、この順番に話ました。

特に、今回の特徴は、治安維持法は戦後なくなったのですが、自白偏重の日本の捜査方法が全く変わっていない点を指摘しました。⑧の100日以上の未決長期勾留のところでは、沖縄平和運動センターの山城議長が148日、厚労省の村木さんが164日、籠池泰典・諄子夫妻は299日、日産のゴーンさんは136日、長期間勾留された例を話しました。

たとえば、フランスでは検察の取り調べは原則1日、長くて4日です。それ以上、検察に身柄を置く場合は、予審があります。そこで、審判があり、長期勾留が決まります。ところが、日本には予審がないのです。これには、西欧の記者が「日本の司法は民主化されていない」とびっくりしたのです。

また、アメリカやイギリスなど、欧米の5か国では、取り調べに弁護士の立ち会いを許可しています。日本の捜査では、テレビドラマなどえ刑事たちが取調室で、大声で怒鳴っていますが、弁護士が立ち合っていたら、それができるでしょうか。

狭山事件、大崎事件などを例に、冤罪事件が多発している理由に、代用監獄制度があります。これも、日本だけの特徴です。狭山事件で無実を訴えている石川一雄さんの場合は、再逮捕を含め、46日も警察に取り調べられ、兄の犯行と思わされて「自白したら10年で出してやる」と刑事の言葉を信じ、兄をかばうために自白をします。

大崎事件の原口アヤ子さんの場合は、最後まで自白しなかったのですが、夫や親類ら3人の男たちが、アヤ子さんに「殺せ」と指示されたと次々自白、有罪になってしまいました。ところが、10年の服役後に夫や親類の男たちから、「実はあや子さんが殺していないのは知っていたが、自白させられた」といわれたのです。

アヤ子さんは夫に「それなら、一緒に再審開始裁判に協力してくれ」と頼むと、夫はもう警察はこりごりだ、といって応じませんでした。そのため、アヤ子さんは離婚し、単独で再審開始を求めて闘っています。現在92歳です。ところが、6月27日に最高裁が、地裁、高裁で出した再審開始の決定を取り消してしまったのです。

いったい、日本の司法はどうなっているのでしょう。わたしは、治安維持法がなくなっても、このように長期勾留をゆるす、代用監獄制度や、自白偏重の捜査が続くようでは、そのうち、「共謀罪」(テロ等準備罪)の拡大解釈で、次々自白を迫られて、戦前のような弾圧が行われる心配があると指摘しました。

また、俳句の世界では、一連の弾圧事件で多くの俳人たちが、2度と復活できないほどの痛手を受けて、現代俳句の主流は花鳥諷詠俳句から脱出できないでいます。朝日新聞にも書きましたが、「夢道サロン」では、4月から「自由俳句の会」を立ち上げ、夢道の人間賛歌を学び新興俳句の詩魂復興への道を探ろうとしています。24日には第3回「自由俳句の会」を開催します。みなさんの投句をお待ちしています。

俳句 「形だけでいいのか、この國の民主主義は(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第3回「自由俳句の会」は8月24日第4土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。8月15日ごろまでにメールで投句してください。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。8月の研究テーマは「総身にルビー残して一糸もなし」夢道物語96頁。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第35回は9月14日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「小さき村なれど」−成田の寒村でキリスト教伝道に
生涯を捧げた元幕臣飯田栄次郎の物語−
 小松栄三郎著(四六判 236頁)定価1800円税別
     全国書店で好評発売中
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
  ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
  「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
   定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  埼玉いた真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
   ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
 ………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別 ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が真相を追求
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由俳句の会」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イメージ 1
イメージ 2
●写真は第34回「夢道サロン」で「平和プラザ2019」の紹介と俳句弾圧事件について話す殿岡駿星

◆☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
  「勝どき物語」(殿岡駿星) 
☆★☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★◆
 2019/07/15号           

◆俳句弾圧事件と日本の司法制度について
  「平和プラザ2019」で話します
   「夢道サロン」報告第2弾◆

2019/07/13、「夢道サロン」は勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催しました。その報告第2弾です。殿岡駿星は、主に8月10〜11日に月島の社会教育会館で開催する「平和プラザ2019 平和をねがう中央区民の戦争展」について話しました。そして、上田久行さんは4月19日に池袋で起きた87歳の老人による交通事故で自転車に乗っていた母娘が死亡した事故について話しました。

「平和プラザ2019」では、10日午後4時半からは、「夢道サロン」を代表して殿岡駿星が「俳句弾圧事件と日本の司法制度について」と題して報告します。新興俳句弾圧事件ともいいますが、1940年から45年にかけて、自由律俳句や季語にこだわらない反戦俳句を作っていた、俳人たちが治安維持法違反容疑で次々逮捕されたのです。その数はおよそ、45人といわれています。

月島に住んでいた自由律俳人橋本夢道の場合は、1941年2月5日に逮捕され、それから2年1か月監獄に収監されていました。拘置所の独房で詠んだ句はおよそ300句。ノートの使用は許可されていましたが出所時に点検されます。俳句を作ったために逮捕されているので、ノートに俳句は書けません。それで、妻の静子が「紙石板」を差し入れたのです。

「紙石板」は学校で使う黒板のようなもので、石筆で書いても布で拭けば消えます。ノートと同じ大きさの「紙石板」を布団を差し入れするときに、布団の中に入れて密かに夢道に渡しました。夢道は、それに俳句を書いたのです。石筆で強く書くと、文字は消えません。夢道は、官吏に見つからないように、俳句を刻みました。

しかし、多くの俳人たちは、獄中では作句できなかったのです。出所後も俳句を作らなくなった俳人はたくさんいます。さらに、問題は戦後の日本の俳句界にまで、弾圧事件が影響しています。最近の俳句は、明治時代に俳句を近代化した正岡子規のころよりもさらに、昔の江戸時代に戻ってしまったといえます。江戸時代の俳句は悪いという意味でなく、そのころに形式化した季語、五七五に縛られる傾向が強いといえます。

「夢道サロン」は、4月に「自由俳句の会」を立ち上げました。橋本夢道の俳句を学びながら、会員も俳句を作ります。偶数月の第2土曜日に句会を開いていますが、遠方の会員はメールまたは郵便による投稿ができます。山口県、鹿児島県の会員も参加しています。

また、今回は、俳句弾圧事件だけでなく、そのころの捜査体制が戦後になっても変わっていない点を指摘したいと思っています。治安維持法はなくなったのですが、依然として自白偏重の捜査は続いています。布川事件、足利事件、袴田事件、狭山事件、大崎事件などえん罪事件が多発しているのは、まったく司法が民主化されていない状態なのです。その点についても話をしたいと考えています。

「平和プラザ2019」のメインは10日13時半から荻野富士夫さんの講演「しのびよる戦時体制−治安体制の歴史と現在」、11日午前10時からは那須重雄さんの講演「731部隊は中国で何を行ったのか」があります。
イメージ 3
      ●写真は池袋の87歳老人暴走事故について話す上田久行さん

また、上田久行さんは、池袋の87歳老人による暴走死亡事故について話しました。最近、実際に池袋の事故現場へ行ったみました。青信号の横断歩道を渡っていた、母娘の自転車を時速100キロのスピードをはねたのです。

事故直後、救急に電話するのでなく、老人は息子に電話したそうです。そして、胸が痛い痛いといって病院へ。結果的に逮捕されず、老人は「容疑者」と呼ばれないのです。老人は通産省工業技術院の元院長で、ネットでは高級国民だから逮捕しないのか、と批判の声が出ていました。

上田さんは事故防止のために「オートマチック車の廃止、70歳以上の研修だけでは不十分なので、50歳以上は10年ごとに再試験するべき」と提案しました。風間秀子さんは「免許を返上したお年寄りには、國がタクシー代金を支援するようにならないだろうか」といいます。風間さんは、車生活から脱して、最近はタクシーに乗っているそうです。車に乗っても、駐車料金が高いので、タクシー代金と同じになってしまうそうです。車検もないし、経済的だというのです。老人のタクシー代金を國が補助したら、老人による事故は激減するでしょう。

俳句 「廊を狭くする返本の山を涼走る(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第3回「自由俳句の会」は8月24日第4土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。8月15日ごろまでにメールで投句してください。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。8月の研究テーマは「総身にルビー残して一糸もなし」夢道物語96頁。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第35回は9月14日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「小さき村なれど」−成田の寒村でキリスト教伝道に
生涯を捧げた元幕臣飯田栄次郎の物語−
 小松栄三郎著(四六判 236頁)定価1800円税別
     全国書店で好評発売中
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
  ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
  「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
   定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  埼玉いた真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
   ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
 ………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別 ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が真相を追求
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由俳句の会」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
イメージ 1
           ●勝どき書房のベランダに咲いた紫陽花

◆☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
  「勝どき物語」(殿岡駿星) 
☆★☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★◆
 2019/06/10号           

◆かさはらぱあの橋本夢道の俳句鑑賞
  資本主義の童話しかない国の絵本さがしてやる
    「自由俳句の会」の報告第2弾◆

2019/06/08、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催した第2回「自由俳句の会」で、今回の研究テーマである、夢道の句「資本主義の童話しかない国の絵本さがしてやる」について、研究担当のかさはらぱあさんが、鑑賞文を書いてきてくれました。今回の研究対象句は、「橋本夢道物語―妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね」(勝どき書房・殿岡駿星著)の197ページに掲載されています。ぱあさんの書いてくれた文章が内容的に充実しているので、ここにそのまま転載させてもらいます。
 ◆
 資本主義社会の童話しかない国の絵本さがしてやる(夢道)

 絶望。そして強烈な皮肉。

   1935年。夢道さん、32才の作。手元にある「橋本夢道全句集」では、「童話のない国」と題した全17句からなる連作の10句目にこの句がある。今回資料として別紙にこの連作を書き出してみた。まずは全編読んでみていただきたい。   

 自由律俳句を俳句たらしめているもののひとつに俳句作者の「眼」があるのではないかと思っている。「俳句的な眼」。あるいは「俳句的なものの見方」といってもいい。1890年代、正岡子規によって始められた俳句革新の根幹となる理論が「写生」であったことは、あらためて私ごときがいうことではないけれども、このもともとは西洋絵画の用語であった訳語の導入が、以後一世紀を超える俳句文学の行方を宿命づけたのだ。「写生」とは「リアリズム」のことだ。リアリズムの追求が亢進すれば「5・7・5」という形式への疑問が生まれてくるのは自明のこと。自由律俳句は決して異端ではない。子規が起こした俳句革新運動の正当な伝承者なのだと思う。この「童話のない国」の連作もまた、若き夢道さんの透徹した眼に貫かれている。リアリズムの追求が一句一句を起立させ、同時に連作として綴り合せていく。1935年の日本の地方の、自身の故郷である農村のまたその生家の、暗く行き詰った貧窮をありありと活写して、まるでドキュメント映画を見るかのように、読んでいて息が詰まるような思いをおこさせる。この翌年にはあの二・二六事件が起きるのだけれど、この時点で当然俳人はそんなことを知りえるはずもない。しかしながら行き詰った時代の空気を湛えてあまりあるこの連作は、預言者の言葉によって紡ぎあげられた黙示録的な世界観をも感じさせて、またその意味で一編の叙事詩のようでもあると思う。

 この一句は戦後発表される第一句集「無禮なる妻」にも収録されている。だがなぜかここでは「童話のない国」ではなく、連作「故郷のこと」の一部として扱われている。なお「妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね 橋本夢道物語」巻末の年譜に「一〇月発行の「俳句生活」二巻六号に「童話のない国」十句を発表するなど」とあり、初出ではまた違った構成だったようだ。興味は尽きない。(かさはら ぱあ)

 ◆
かさはらぱあさんが書いているように、夢道は「童話のない国」と題して、17句の連作を作りました。しかし、「橋本夢道物語」の年譜には、夢道が主宰していた「俳句生活」には10句を発表したとあり、「橋本夢道物語」では、そのうちの5句を掲載しています。ぱあさんは、全句集に掲載してある、17句すべてを転記して参加者にコピーを配ってくれました。17句を全部読むと、一つの物語のような印象が感じられました。

ぱあさんによると、この17句の連作ができた1935年は、大本教弾圧事件、永田鉄山陸軍軍務局長暗殺事件、美濃部達吉の天皇機関説問題、などがあって、さらに翌年は2・26事件が発生しています。これらの状況の中で、この一連の句は「預言者の言葉によって紡ぎあげられた黙示録的な世界観をも感じさせる」と書いています。

俳句は1句で独立している芸術です。短い詩として認知されています。しかし、夢道は「渡満部隊」と題した10句とか、いくつかの連作句を発表しています。「童話のない国」も、連作によって、一つの物語を作ったと解釈できます。

ぱあさんは、ノーベル文学賞を受けたボブ・ディランの「雨が激しく」の訳詞「どこかに身を避けたい 雨が降る前に 森の奥へと身を隠してしまいたい……」(壺齋散人訳)を参考に見せてくれました。この核戦争を預言したといわれる歌詞と、夢道の「童話のない国」が、預言者の黙示録的な詩として共通している、と感想を述べてくれました。
 ◆
なお、第3回の橋本夢道の研究の対象の句は、「橋本夢道物語―妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね」の中の、96 ページの句、

 総身にルビー残して一糸もなし 

を研究課題としています。研究担当顧問のかさはらぱあさんが、この句を鑑賞してくれます。それについて、参加のみなさんも鑑賞してもらいます。メール投句の人は、メールで鑑賞文を寄せてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「自由俳句の会」第3回は8月24日午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加希望者を募集中、メール投稿も歓迎です。会は、原則として偶数月の第2土曜日の予定ですが、8月は「平和プラザ2019」に参加のため、第4土曜日に変更しました。「自由俳句の会」は、橋本夢道の俳句を学び、季語や、五七五のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作る会です。年会費は1000円です。
メール会員の場合は、郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房へ送金ください。  メール syunsei777@yahoo.co.jp  殿岡駿星
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第34回は7月13日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
 ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「コラムゆりかもめ」(勝どき書房) http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「自由俳句の会」(殿岡駿星) https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「自由 勝どき」(勝どき書房) https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イメージ 1
●写真は勝どき書房のベランダのビワの実

◆☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
  「勝どき物語」(殿岡駿星) 
☆★☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
 2019/05/25号           

◆勝どき書房のベランダに夏が来た
   ビワの実は黄金色に
     紫陽花・スカシユリも咲いた◆

2019/05/25、都内の気温は31度となり、勝どき書房のベランダは夏本番の装いになりました。緑色だったビワの実は、黄金色になっています。まだ、食べるのは早いかもしれません。でも、放っておくと小鳥に食べられてしまいますから、そろそろ収穫したいです。

イメージ 2
スカシユリ=写真=は今日咲きました。スカシユリの鉢は、ご近所の女性からいただきました。自宅の前に置いていたのですが、勝どきから引っ越すときに、鉢をいただいたのです。「これは持っていけないから、あなたにあげる」といいました。

毎年、初夏になるとスカシユリがきれいに咲いていました。それを見ると、いつも「きれいですね」と女性に声をかけていました。すると女性は「あなたは、この花が好きなようだから、あげる」といってくれたのです。スカシユリが咲くたびに、その女性を思い出します。

イメージ 3
紫陽花の鉢では、最初の花=写真=が咲きました。紫陽花は、3つの鉢があります。そのうち、一番小さな鉢が最初に咲きました。大きな鉢は、蕾がたくさんあるので、咲くまで時間がかかりそうです。大器は晩成する、のことわざ通りのようです。

この小さな鉢の紫陽花は、6月8日の第2回「自由俳句の会」で、勝どき書房の「橋本夢道資料室」に飾り、来ていただいたみなさんに見てもらおうと思っています。第1回は、20句ほど投句されましたが、次回はどのくらいになるでしょうか。

次回の「自由俳句の会」の研究課題の句は「橋本夢道物語」197ページの「資本主義社会の童話しかない国の絵本さがしてやる」です。これについて、研究担当のかさはらぱあさんは、どんな話をしてくれるのか、今から楽しみです。

◎俳句  スカシユリ今年もしっかり生きています(駿星)
…………………………………………………………………………
 ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
イメージ 4
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
イメージ 5
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
……………………………………………………………………………
イメージ 6
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「コラムゆりかもめ」(勝どき書房) http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「自由俳句の会」(殿岡駿星) https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「自由 勝どき」(勝どき書房) https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イメージ 1
            ●写真は、晴海の散歩道に咲いていたニチニチソウ  

◆◆☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
  「勝どき物語」(殿岡駿星) 
☆★☆★☆★☆★☆(^_^)v★☆★☆★
 2019/04/16号           

◆金賞の佐川智英実さんからメール
   記念すべき第1回に嬉しいです
     第1回「自由俳句の会」続報◆

2019/04/15、「自由俳句の会」メール投句会員、山口県防府市の佐川智英実さんから、金賞受賞の喜びのメールが届きました。智英実さんが金賞となった句は「むいた玉ねぎの白いしんじつ」です。
 
記念すべき第一回に、なんと金賞で嬉しいです。
皆さんの句はさすがに教養がにじみ出ていて、私の知らない事ばかりでした。
夢道の句の解説も興味深く、改めてもう一度句を鑑賞しようと思います。
 ◆
ほかに、智英実さんの句は「命かみしめる期限過ぎた乾パンと」が佳作となりました。ほかに「隕石かなたから恋は落ちるもの」という句もありました。乾パンの句は、おそらく防災訓練で、参加者に賞味期限が過ぎた乾パンを配ったのでしょう。おいしくない乾パンですが、1年間災害がなくて、命があったからこその乾パンにお礼がいいたくなります。

かさはらぱあさんの句は「あの辺がカミの遊び場山桜」が銀賞となりました。そして、「東京はやがて巨きな花篝」を佳作に選びましたが、ほかに「改元のニュースに舌打ちする男がこんな酒場には前回はたしかにいたのだけれど」という自由律俳句は面白い句です。43音で、短歌よりも長い句ですが、小渕さんが手にした「平成」の時とは違って、今回の「令和」は、舌打ちどころが、多くの人たちが沈黙しているのです。

ニュースに登場する人たちのコメントでは、さすがにけなしません。しかし、「平成」の時には、居酒屋なんかでは「なんだ、あの平成ってのは、おかしいじゃないか」というような、声が聞こえてきました。ところが、「令和」となったら、どうでしょう。だれも、なにもいわないのです。ぱあさんには「舌打ち」さえも聞こえないので驚いています。

それは、わたしも感じています。30年前は、若者が大声で政治を批判していました。ストライキ、デモ行進は珍しくなかったのです。ところが、「令和」の話になると、だれもが口を閉じてしまう。その話をすると、その目さえも沈黙しています。これが「忖度」というものでしょうか。「話してはいけない」と思ってしまうのでしょうか。まさに「自由俳句の会」にぴたりの句です。

夢道句の研究担当である、宇都宮のかさはらぱあさんは、課題句の「へんな弁当が出来て花見に路地を出る」について、鑑賞文をコピーして参加者に配ってくれました。その一部をここに転記します。
 ◆
1936年生まれだった私の亡父も、当時のいわゆる代用食だったスイトン、雑穀、イモ、カボチャの類いには、晩年まで眉をひそめるようであった。そんな時代のそんな日々に、果たしてどんな弁当を用意することができたのだろう。(略)寒くひもじい冬が終わって、春、心躍るせっかくの花見なのに、やっぱり「へんな弁当が出来て」しまう。あの長くて暗い、無謀でかつ悲惨な戦争は終わったけれど。ようやく来た平和な世の中なのに。終戦からもう四度目の春なのに。……

「よその人の食べものを見るな花ふぶき」「はしたないわが子とパンちぎってたべ花ふぶき」(夢道)
 ◆
ぱあさんの父親も飢餓食がトラウマになっていて、イモやカボチャが食卓に出ると、眉をひそめたというのです。「へんな弁当」を手に、花見に出かけた夢道の、悲しくもせつない気持ちが感じられるのです。

次回(6月8日)の「自由俳句の会」の研究課題の句は「橋本夢道物語」197ページの「資本主義社会の童話しかない国の絵本さがしてやる」です。これについて、研究担当のかさはらぱあさんは、どんな話をしてくれるのか、今から楽しみです。

 ◆
晴海を散歩すると、いまオリンピック・パラリンピックの選手村建設が進められています。その近くの道には、ニチニチソウが咲いています。花壇ではなく、自然に出てきたのです。どこから、どうして種が来たのでしょうか。野の花は、みんな自然に出てくるのですから、不思議ではないです。しかし、ニチニチソウを見ていると、ここまで来た旅の道程を知りたくなります。

◎俳句  ニチニチソウここまで来た旅の話を聴きたいね(駿星)
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第33回は5月11日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「自由俳句の会」第2回は6月8日午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加希望者を募集中、メール投稿も歓迎です。会は、原則として偶数月の第2土曜日の予定です。「自由俳句の会」は、橋本夢道の俳句を学び、季語や、五七五のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作る会です。年会費は1000円です。
メール会員の場合は、郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房へ送金ください。 メール syunsei777@yahoo.co.jp  殿岡駿星
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「コラムゆりかもめ」(勝どき書房) http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「自由俳句の会」(殿岡駿星) https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「自由 勝どき」(勝どき書房) https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事