甘栗ぼうずの die Traumfabrik

長らく更新しておらず申し訳ありません…。韓国音楽も映画も変わらず続けているのですが…。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 今月、「キネマ旬報」から「韓国映画史」という本が「日本初の韓国映画通史」という触れ込みで
邦訳出版されるらしいのですが、1990年までのとは言え、この本も韓国映画史を全体的に扱い、
なおかつ個別の作品も細かく解析した貴重な書籍だと思うのですが、お持ちの方、いかがでしょうか??
 
 現在、絶版になった貴重な資料ですが、幸運にも電話番さんが貸して下さり、
数カ月かかって先日ようやく全て目を通して、重要な部分をコピーすることができました。
つくづく、この本が絶版になっていたり、各地の公立図書館にも置かれていないのは残念です。
 
 しかし、この本で初めて知ったのが、「下女」の主役など数百本の映画で活躍した、
俳優キム・ジンギュが、植民地時代に大分県・宇佐市の農業学校を卒業していたこと。
まだ大分県内に、彼を覚えている人がいたら会って話を聞いてみたいですが…う〜む。

この記事に

閉じる コメント(2)

この本、うちの住んでいる自治体の図書館にないかと、検索したらあったので借りてきました。さすがにページが途中でもげていたりとか、状態はよくないのですが。。
読むのが楽しみです。

2010/6/1(火) 午前 6:24 almdaumsanullim 返信する

顔アイコン

おお!うらやましい…。ご近所の図書館に置いてあるなんて…。
古典作品を見る時には必携の一冊だと思います。

2010/6/1(火) 午後 11:20 [ 甘栗ぼうず ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事