甘栗ぼうずの die Traumfabrik

長らく更新しておらず申し訳ありません…。韓国音楽も映画も変わらず続けているのですが…。

全体表示

[ リスト ]

福岡インディペンデント映画祭(fidff)2018 おすすめ作品
その13『練馬ゾンビナイト』(高良嶺監督、51min)
その14『FIGHTINGCAMERAMAN』(坂田敦哉監督、9min)

 今をときめく『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督がすごいのは、
大学・専門学校やPFF入選、一線級監督の助監督、テレビドラマなど、
多くの若手監督が通る定番コースを経ずに結果を出した点にもある。

 だからと言って、努力している学生作品も見逃す訳には行かない。
今年も龍谷大学、九州大学、北九州市立大学、福岡女学院大学などの
大学生が監督した力作が集まったが、中でも目立っていたのがこの2作。

 毎年応募されるゾンビ映画。今年は早稲田大学の映研メンバーが
作った『練馬ゾンビナイト』の(いい意味での)ゆるさが目を引いた。
イメージ 2

 早稲田からは一昨年、是枝裕和監督のゼミから『みんなでいこう』という、
今考えると『万引き家族』の前哨とも取れる是枝テイストの濃い作品が
応募されていたが、こちらは完全に「ザ・映研」的つくり。特色のない
住宅街の夜にゾンビが現れたら素敵かもしれない…というシンプルな
想像力に共感してしまう。

 今年の20分グランプリ作品『FIGHTINGCAMERAMAN』は、
第一線で活躍する若手映画人を多く輩出している大阪芸術大生の作品。
イメージ 1

 こちらはゾンビではなく、突然カメラが命を持ち、立派な写真家になる
大志を持っていたのに盗撮趣味に堕落した持ち主を襲う…
というSFアクション。徐々に勢いに飲み込まれて、観た後に
「何だかわからないけど面白かった…」と思える短編。

 スタッフでかなり知恵を出し合ったと思しく、画面の奥に見える
チームワークも楽しませてもらいました。とてもいいです。

『練馬ゾンビナイト』 
9/7(金)15:30〜ギャラリー、9/10(月)19:20〜ホール
https://www.fidff.com/com/2018-112.html
『FIGHTINGCAMERAMAN』
9/8(土)16:40〜ホール、9/11(火)17:40〜ギャラリー
http://www.fidff.com/com/2018-041.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事