甘栗ぼうずの die Traumfabrik

長らく更新しておらず申し訳ありません…。韓国音楽も映画も変わらず続けているのですが…。

全体表示

[ リスト ]

その29『ハッピーアイランド』(渡邉裕也監督、75min)
その30『戻る場所はもうない』(笹井歳春監督、44min)

 「尾畠さん」という知り合いのお父さんが先日から
大ヒーローになって驚いているのだが、1940年生まれの
「尾畠さん父」は7歳で土地持ち農家に奉公に出され、
小学校にはほとんど通えず、牛馬の餌になる野菜を隠れて
かじりながら飢えをしのぎ…という少年期を過ごしていた事を
最近知った。

 なりふり構わず必死に生きないといけない切実な経験があり、
その気持ちを忘れていないからこそ、困った人のためにも
必死になれるのかもしれない(その逆の人もいるけど)。

 一見豊かに見えても何をしたいのか分からなかったり、
心を病んだり、果ては自殺する人も多い中、最後に紹介したいのは
「あなたはこれからどうするのか?」を問うているかのような2本。

 吉村界人、萩原聖人とキャストも豪華な『ハッピーアイランド』
はその名の通り舞台は「福島」。渡邉裕也監督自身も福島出身で、
自分の出身地のために何かを伝えたい…という気持ちも強く見える。
イメージ 2

 震災後、福島の農家に何気なく働きに行った男の子が、
次第に農家の生活に馴染み、福島の現状を知り、出会いと喜びと
失敗と葛藤の中でもがいて行く…というしっかりしたドラマ。
葛藤の果てに、主人公の真也はどんな選択をするのか?
教条的なものではなく、「農」映画としても一見の価値がある。

 『淵に立つ』『ほとりの朔子』の深田晃司監督も絶賛する
『戻る場所はもうない』は、山梨で果樹園を営む兄、
若年性アルツハイマーの妹、そして中国人技能実習生の弟と
東京で働く姉が絡む、今年最もミステリアスな作品。
笹井監督作品らしく、不穏な空気がずっと流れ続け、
最後まで着地点が見えない。
イメージ 1

 その不穏さを醸し出すルー大柴さん、高尾美有紀さんの
ふたりがとてもいい。未来に希望を見ている中国出身の
元実習生と、どこへ向かうのか見えない初老の兄妹という
コントラストに強く「今」も感じる。笹井監督自身が
何を思ってこの作品を撮ったのか、映画祭時に直接確かめたい。

『ハッピーアイランド』
9/8(土)15:10〜ホール、9/10(月)14:00〜ギャラリー
http://www.fidff.com/com/2018-065.html
『戻る場所はもうない』
9/8(土)16:40〜ホール、9/10(月)17:00〜ギャラリー
http://www.fidff.com/com/2018-099.html
ニッポン放送 8/5放送の「ウィークエンドケアタイム」で、ルーさんがこの作品とfidffについて語っています。
http://www.1242.com/program/hidamari/2018/08/

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事