ここから本文です
NOBJIBLOG(のぶじぶろぐ)
スキーヤー・米袋 祭として活動中です!!

書庫全体表示

今回はサイドスライド・バースピンです。
この技の元祖は、なんと言ってもスクートジビングの始祖・KMN師匠でしょう。(違う人でしたら、スミマセン
TOOLATEのサイトにボックスでサイドスライド・バースピンしてる動画があったんですが、スクートのサイドスライドを初めて見た時並みに衝撃があったもんです

『この発想はスキーヤーの自分には無かった!』

サイドスライドしながらハンドルを回すと言う、スクートオリジナルとも言えるこのジビング。
何としても習得しようとしたものの、ヘタレ・ビビり・技量無しで足掛け4シーズンもかかりました。

取りあえず注意点みたいな事を動画にしてみました。
 
【実況・解説 ゆっくり】

 標準的な幅?のBOXの場合、通常のサイドスライドみたいにセンターに乗るとフロントボードが回せないし、BOXからの出方が不十分だと回したときにノーズがアイテムの側壁や支柱等に干渉しちゃいます
 
イメージ 2
極端なダメな例。バースピンどころではないです。
 
 
イメージ 1
イメージ 3
良い例。コレくらい出てれば側壁があるアイテムでも大丈夫です。
Tボックス系ならもうチョイ内側でも大丈夫です。
 
姿勢に関しては、ハンドルの長さや体形等によって変わるんで一概には言えないですが、私の場合は腰を引いて足を伸ばしてハンドルを避けてます。これがバランスを崩す原因になってるんですけどね
どうしてもハンドルが当たる場合は、ハンドルをそれなりにカットしましょう
 
あと、スピード調節も大事です。
進入速度が早すぎると極端な話、キャッチする前にBOXアウトになっちゃいます
動画の最後のほうで『慣れないうちは、ゆっくり〜・・・』と言ってますが、ホントその通りで、初アイテム一本目とかはそれなりに加減していきましょう。
 
次回も引き続きサイドスライドのバースピンネタをお送りする予定です。では

この記事に

  • 動画ヤバい!分りやすいっす!

    [ D-kaz ]

    2011/10/16(日) 午後 11:51

    返信する
  • ちょうどいい素材があったもんで〜。
    よもや、クラッシュシーンがこんな所で活用されようとは(^_^;)

    一歩の方でも、密かにエア講座を期待してます(^o^)/

    [ NOB ]

    2011/10/17(月) 午前 10:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事