ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8






満を持して



眉毛 登場 !




★ 町田 夏生 展 「華と眉毛」 YOD Gallery 〔本日29日(土)まで、12:00-19:00〕 大阪市北区西天満4-9-15 TEL06-6364-0775 ★




〈画像1〉ギャラリー入口



YOD Gallery さんの個展としては、5年ぶりになる 町田 夏生 氏の個展  。

以前は侵食されていくイメージの作品が多かったんですが、今回は ・ ・ ・ 。




〈画像2〉展示作品

〈画像3〉画像2作品 部分アップ



『眉毛』

そう、今まで描かれていなかった 〃眉毛〃 が、まるでメイクをするように色鉛筆で描かれています  。




〈画像4〉展示作品

〈画像5〉画像4作品 部分アップ



セクシャルな華々からは、町田 氏がもう一歩奥に踏み込んだ神秘的な表現に溢れています 。




〈画像6-8〉展示作品



日の出などポジティブなものが描かれている反面、部分部分にミステリアスなものも描かれていて、 〃乙女から脱皮する〃 ような感覚に苛まれオモシロイ展示になっています  。

眉毛を描くことにより生まれた心の表情、是非御覧くださいませ  。



この展覧会は、本日29日(土)まで


急げぇー 
 
 
 
☆ギャラリーサイトより☆
 
 
□ 趣旨
 この度、YOD Galleryでは5年ぶりとなる町田夏生(Natsuki Machida, b1980)の個展を開催致します。今展のタイトルである「華と眉毛」には、今までと変わらない町田の表現とそこに挑戦する新たな意思の両方が込められています。

 町田の作品にはなじみがある「華(はな)」のモチーフは、今展でも埋め尽くされるように登場します。町田にとって「華」はただの植物ではなく、心の内側から湧き出るエネルギーを餌にして絶え間なく成長する生き物のような存在で、その力強さはただ美しいものとして表現される装飾的な意味を超越し,見る側に圧倒的な力で迫ってきます。町田の作品と言えば、鮮やかなピンクを基調とした絵画を誰もが想像し、その色のあまりの鮮やかさや「華」と言う一見装飾的なモチーフから、シンプルに「かわいい」絵として受け入れられてしまいがちです。しかし、その絵画の中には「華」がひしめき合うように存在し、あたかも町田の心の深いところにある空間が、何かのきっかけで暴力的に破壊され炸裂し、絵画を通して外界へ飛び出してきたかのような印象を受けます。この異常に鮮やかで目の覚めるような色彩や美的感覚は、言うまでもなく町田自身の体験に基づくものでもあります。子ども時代に見た宝塚歌劇団の誇張された美や少女漫画の夢のような世界観、友禅の装飾的な美、そういったものがモチーフの根底にあり、町田作品を変わらず支え続けています。

  しかし、そういった変わらない町田の表現の中に、今展では「眉毛」が登場します。「眉毛」は今までの町田作品に登場する人物像や顔には描かれていませんでした。町田は、「眉毛は顔の表情の中で意思を表すもので、今までは登場する人物像にそういったものを持たせたくなかった。」と言います。描かれているものの持つ意思、すなわち作者の意味付けを見る側に考えさせたくなく、それは自由な解釈にゆだねられていました。今回はあえてその「眉毛」を個展のタイトルに用いており、展示では眉毛の描かれた肖像画も並びます。このシリーズは紙にパステルやアクリル絵具を使って、町田が日々出会う世の中の出来事に対する思いや激しい心の衝動が、直感的または比較的瞬時に描かれています。一般的に見られる誇張された「かわいい」少女漫画の瞳よりも、はるかに大きく描かれた町田の作品に登場する人物像の目やその中に描き込まれた星や水玉のようなものは、その色の鮮やかさも相まって、見る側に迫るようにこちらを見つめ、その様子はヒステリーさえ彷彿とさせます。眉毛の存在はその強いまなざしを支えるように、作家の思いを絵の向こう側から伝えているかのようで、町田の成長した主体性が伺えます。

 一見「かわいい」と安易に解釈されてしまいそうな色彩やモチーフに、自身の溢れんばかりのエネルギーを込め、見る側を取り込み、町田は自分の世界を見失うことなく描き続けています。ぜひ今個展にお運びいただき、町田夏生の途絶えることのなく発展した絵画表現の世界と、新たな意志を見届けていただきたいと思います。


 町田 夏生(Natsuki Machida) プロフィール

1980 兵庫県生まれ
2005 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科(絵画領域)修士課程修了

[主な個展]
2007 「町田夏生展」、ギャラリー編、大阪
2008 「町田夏生展 −《乙女》の衝動−」、YOD Gallery、大阪
2009 「町田夏生展 MURMUR」、YOD Gallery、大阪

[主なグループ展]
2003 「アートステージ74」、大阪芸術大学、大阪
       「Art Camp in CASO」'03、CASO、大阪
2004 「Art Camp in CASO」'04、CASO、大阪
      「Art Jam 2004」、京都文化博物館、京都
       「LINK展」、京都市美術館、京都
       「架空美術館」、京都OPA、京都
2005 「Art Jam 2005」、京都文化博物館、京都
     アパレルメーカー「alcali」Tシャツデザイン
2006 「放たれた目線。からみあう視線。」、イムラアートギャラリー、京都
       「ひとを描く若者たち」、THE GALLERY 田中美術、神戸
      アパレルメーカー「VIS」10周年記念広告イラスト
2007 「ART SALAD」、SOHOアートギャラリー、大阪
2008 ART OSAKA 2008、YOD Galleryより出品、堂島ホテル、大阪
     DAEGU ART FAIR 2008、YOD Galleryより出品、大邱、韓国
2009 「Emotional Colorsはまぐちさくらこ・町田夏生展」、Bunkamura Gallery、東京
     ART OSAKA 2009、YOD Galleryより出品、堂島ホテル、大阪
2010 アートフェア京都、YOD Galleryより出品、ホテルモントレ京都、京都
         ART OSAKA 2010、YOD Galleryより出品、堂島ホテル、大阪
         Art Gwangju 2010、YOD Galleryより出品、KDJ Convention Center、韓国
2011 「三者三様」、YOD Gallery、大阪
2014  Affordable Art Fair HongKong 2014、YOD Galleryより出品、Hong Kong Convention and          Exhibition Centre、香港
        Young Art Taipei 2014、YOD Galleryより出品、Regent Taipei、台北
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事