ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ

書庫全体表示






僕達の感覚の根底には


無意識のうちに重力感覚がある

             
植松奎二




★ 植松奎二 見えない重力  Gallery Nomart  〔10日(土)まで、13:00-19:00、日休〕 大阪市城東区永田3-5-22 TEL06-6964-2323 ★




イメージ 1

    展示作品



 植松奎二 さんの作品には、果てしない宇宙観が存在する。




イメージ 2

    作品部分アップ



重力、引力を普段私たちは感じることはない。

そんな目に見えない重力をカタチにし、空間を小宇宙にしてしまう植松さん  。




イメージ 3

イメージ 4

    展示作品



下の巻いている部分を全部広げると10mになるという。

天井の高い空間に展示し全て見てみたい!という衝動にかられるが、あえて見せない方が興味をそそられるような気もする。




植松「ほんまは全部描いてへんねん」




んなアホなっ! と思うが 



・・・マジかも ( >д<)、;'.・。



ないないぃ〜 (^o^) 。




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

    展示作品



世界各国の観光地のポストカードにドローイング。

植松さんの作品ってスケールがデカいんですが、どこか男の子男の子した部分があり、子供心をくすぐられます。



皆さんも是非ギャラリーに足を運び、植松引力に引っ張られてください。




イメージ 8


    おかけんたと
    スニーカーがいつもカッコいい
    植松奎二氏




作家コメント

世界の構造、存在、関係をよりあらわに見えるようにして何かを発見したい、見えないものを見えるようにしたいといつも思いながら制作してきた。それは、ときには物と物との間にある重力、引力といった目に見えない普遍的な力への関心であったり、根源的なものと宇宙的な力への素朴な関心である。そして自然や地球、宇宙といったものに囲まれている、人間の存在に対する問いかけである。

今回の個展のテーマは「目に見えない重力・Invisible Gravity」。 ー 僕達の感覚の根底には無意識のうちに重力感覚があるー
目に見えない重力、引力を目で確かめることの出来る重力のかたちの場がつくられる。重力の場から地球と宇宙、自然と人間の存在に関わる関係を示すような、小さな宇宙空間を画廊の中に創り出すことを考えている。
  我々は重力、引力がなければこの地球上に存在出来ないように、宇宙も、太陽と地球も、星と星も目に見えない大きな重力場によって存在を決定づけられている。
重力こそこの世界に、宇宙にとって最大の拘束条件であり、それは世界の方向性の軸と、構成軸としての垂直と水平を表わす。
  「目に見えない重力・Invisible Gravity」の個展会場では、私達の持っている常識的な視覚を覆し、知覚を超えた発見の場を空間の中につくり出すことが出来ると思っている。

植松奎二 Keiji Uematsu

























この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事