ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ

書庫全体表示

記事検索
検索
 



アートでクリスマスといえば



コレ!




イメージ 1





少路和伸 Christmas Exhibition!!




★ Kazunobu Shoji Presents Christmas Exhibition 2016  Carta Bianca(カルタビアンカ)  〔25日(日)まで、11:00-20:00、火休〕大阪市中央区南船場3-6-14 2F TEL06-6245-8410 ★



毎年恒例の、大阪出身青森在住のアーティスト 少路和伸 さんの個展が、Christmasの25日まで開催  。

モチーフは大空とChristmasサンタクロースをモチーフにした作品  。




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

    展示作品



そして今年もあります、ポストカードを買うと抽選で作品をプレゼント 




イメージ 8

    抽選でのプレゼント作品



心斎橋でアートなChristmasをGET!しちゃいますかぁー \(^o^)/




イメージ 9


    少路和伸さん

























 人の手が加わる事で物質が変化する際に起こる現象や関係性をテーマにした展覧会


フランスを拠点に活動する若手フランス人作家5組による展覧会



2本立て!




★ tear 大成 哲  ある視線 -フランス人作家によるグループ展- in OSAKA Art 7ten企画  TEZUKAYAMA GALLERY 〔24日(土)まで、12:00-19:00、日月祝休〕 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F TEL06-6534-3993 ★



まずは、大成 哲 氏の作品から。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

    大成 哲 作品 


インスタレーション左側の作品は、初日に手を加えたもの。


「光と影」、「創造と破壊」、「感覚と理論」、「主体と客体」

画像5は、折り目をガラスで表現した紙ひこうき。


対称の美学がそこにはあります。





続いては、若手フランス人作家による作品。




イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


    展示作品




出展作家:
Bertrand Planes, Julien Levesque, Émilie Duserre, Brodbeck & de Barbuat, Marc-Antoine Garnier



パリや大阪などの川を漂うリモコン式のハトの映像や、駅や酒場などの日本の都市の光景をスローモーションで見せる映像。

フランスの若手作家が今感じている社会問題を題材にした作品の数々。

日本人とフランスの概念や思考、コミュニケーションなどのちょっとした視点がオモシロイ展覧会。


是非 





























Banksy

Nick Walker

Martin Whatson

DOLK

Space Invader

D*Face

and more・・




オークション市場を賑わす

Graffiti art 展 !




★ Graffiti art 展 ストリートとユースカルチャーが生んだ現代アートの前衛  浜崎健立現代美術館  〔12/22(木)まで、11:00-19:00※土日祝予約制〕 大阪市中央区南船場4-11-13 RED BLDG TEL06-6241-6048 ★




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 12




浜崎健立現代美術館ではもうお馴染みの Graffiti art 展  。

注目は人気の Banksy、Space Invader、Nick Walker、D*Face など  。



今回大阪だけではなく、京都でも同時開催 




イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11





こちらは、『京都国際映画祭〜映画もアートもその他もぜんぶ〜』 のアート会場として3年間展示させていただいている、元・立誠小学校内にあります 「TRAVELING COFFEE」 (元職員室)さん  。


Shepard Fairey、Jamie Reid など人気のアーティスト作品を展示  。


こりゃ、京・阪と、Graffitiのはしごしちゃいますかぁー 





★同時開催 Graffiti art 展   TRAVELING COFFEE  〔12/22(木)まで、11:00-20:00、不定休〕 京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2 元・立誠小学校一階 TEL080-3853-2068 ★
































 


 駄美術 25周年


木内貴志 20周年



若気の至り (⌒0⌒)/~~




★ 現代美術二等兵 | GENDAIBIJUTSU-NITOUHEY exhibition [DABIJUTSU SHOW] with Takashi KIUCHI 「若気の至り〜駄美術は25歳〜」  MATSUO NEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w  〔12/3まで、11:00-19:00※最終日17:00まで、日月休〕 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1 TEL075-341-0222 ★




こけしアレーなど数々の駄美術がTVに取り上げられたりしている、現代美術二等兵 氏  。

今回は戦友ともいえる 木内貴志 氏をゲストに迎え、現代美術二等兵25周年、木内貴志20周年というおめでたぁーい二組展と相成りました  。


私がヴォイスギャラリーさんを訪れたのは、昨日の初日22日(火)の14時半頃。



けんたのつぶやき「平日だし、お三人さんもいらっしゃらないだろうし、じっくり拝見させていだこう!」



とギャラリーのドアを開けると、



お三人さんがいらっしゃるではないか!



私も、二等兵の籠谷さんもふじわらさんも、木内さんも、なぜか落ち着かずオロオロと ・・・ ( ̄▽ ̄;)。

そこへギャラリーの松尾惠代表がお越しになり、役者も揃い実に豪華 \(^o^)/ 。


作品たちもお喜びのご様子 




現代美術二等兵 作品

イメージ 1

イメージ 2    
ハトの暮らし




イメージ 3 
舟盛りショッキング



イメージ 4    
スフィンクスだるま






木内貴志 作品

イメージ 5

展示風景


イメージ 6

画像5作品 机の原版


イメージ 7    
模細工表札(ふじわら、籠谷)



イメージ 8    
名刺手裏剣十文字型






木内さん、この間新作を展覧会で発表したばかりということで、ベストセレクション的な展示になりました。

この他にも木内さんが選んだ二等兵作品展示などもあり、めちゃめちゃ楽しめることうけあい 


これぞ、祝周年・・・いや、祝執念 



\(゜ロ\)(/ロ゜)/



籠谷さん、ふじわらさん、木内さん、楽しい展示&お話有り難う御座いましたm(_ _)m。




イメージ 9

左から現代美術二等兵籠谷シェーン、現代美術二等兵ふじわらかつひと
木内貴志
























 「京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ」 



京都市役所前広場でのジャイアント馬場の作品はインパクト大!






イメージ 1

    「B-PROJECT へそで投げろ」




このアーティストの新作がコチラ!




イメージ 2

    展示風景



展覧会タイトル 「ENDORPHIN」 の意味するところとは?




★ 永井英男 ENDORPHIN エンドルフィン  Gallery Nomart  〔26日(土)まで、13:00-19:00、日祝休〕大阪市城東区永田3-5-22 TEL06-6964-2323 ★




イメージ 3

    展示風景



2006年、私はキリンプラザを出たところで巨匠(永井英男)に声をかけた。



けんた「巨匠!どっか行こうや!!」

巨匠「ちょっと行こかな?と思ってるところがあるんで。もしあれやったら、後ほど!」

けんた「OK!」



あの時、私が強引に巨匠を連れていけば交通事故に遭わずにすんだかもしれない。

そんなことを会うたびに思ってしまう。



がしかし、巨匠はその苦境をはね除けるが如く次々と斬新な作品を発表し、今年の京都国際映画祭でもあの馬場作品は話題をさらった  。


そんな巨匠こと永井英男氏が、新作を発表  。


今回のメインモチーフは″松葉杖″。

2015年にエンドルフィンシリーズの最初の作品となる松葉杖を立てた作品を発表し、今回はそのシリーズの最新作のインスタレーション  。




イメージ 4

    天井での展示



下からのエンドルフィン(身体的に辛いときに放出されるホルモン物質)がエネルギーとなり、上へと繋がっていく  。




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

    2F展示作品



ノマルさんの林代表がヒントを投げかけ、ドローイングからインスタレーションへと流れていった展示。

松葉杖はすべて木から制作され、その過程を画像で紹介  。



★痛み

★ひとつひとつを集合体に

★見えないものを表現する

★カタチにできないものをカタチにする




そんなことをコンセプトに制作し、「自分も動いている」 ということを認識。

日々使用している松葉杖をモチーフに、″身体的痛み″という自己表現にたどり着いた、永井英男氏。



巨匠の新作に皆さん、心から拍手を 




イメージ 8


    初日トークより
    左・永井英男氏 右・菅谷富夫氏























    

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事