ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ

書庫全体表示

記事検索
検索





 えっ!?


京都市役所前広場にジャイアント馬場が?


京町家カフェから沖縄音楽が?



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜

きょうのひろば(京都市役所前広場)&満月の花





イメージ 5

    永井英男『B-PROJECT″へそで投げろ″』 きょうのひろば(京都市役所前広場)



イメージ 1

    『島ぜんぶでおーきな祭』×『京都国際映画祭』 満月の花
    茶道家・田中賀鶴代、料理研究家・吉村雅子、沖縄音楽生演奏・icca_rica





 私おかけんたがアートプランナーを務めている



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜



もう、搬入・設営の12日(水)早朝から、京都市役所前広場では ″ジャイアント馬場″ の話で持ちきり  。

それもそのはず、前を通るドライバーさんたちが思わず2度めしてしまうほどデカいジャイアント馬場が車をバックドロップしてるというから、てぇーへんだぁー 




イメージ 2

イメージ 3

    永井英男『B-PROJECT″へそで投げろ″』



今年のきょうのひろば(京都市役所前広場)の展示のテーマは



《現実と非現実》



車がビュンビュン走行する通りの現実の世界から、一歩京都市役所前広場に入ると、7m(全体9m)あるジャイアント馬場が車をバックドロップしている非現実の世界が待ち受けている  。

さらに、焼き芋デコレーションカー『金時 kintoki』が登場し、トラックをステージに変貌させた非現実的カー三つ巴が京都市役所前広場を占拠  。


来場者は現実から非現実へと導かれ、手続きを行おうと市役所内に入るとそこにはド現実が待ち構えている  。




イメージ 4


    市長公室からの景色がご満悦な門川市長



毎年搬入から搬出まで、しっかりご覧になっている門川市長。

三年目にして、なんと市長公室からの撮影が許され、スタッフも大喜び\(^o^)/。


あぁ、♪えぇ市長ぉ〜♪


http://kimf.jp/news/detail/59 映画祭サイト 市長公室ニュース記事
 




4日間、天候に恵まれ一安心  。

馬場さん、♪ありがとぉー♪





 続いては、『島ぜんぶでおーきな祭』×『京都国際映画祭』 

満月の花



今回は沖縄と京都のコラボということで、



抹茶   京都
茶碗   沖縄
和菓子  京都×沖縄
イベント 沖縄



茶道家・田中賀鶴代さんによる「抹茶」、沖縄から沖縄チーム(島ぜんぶでおーきな祭)の和泉さんが買い付けた「やちむん」(茶碗)。
料理研究家・田中雅子さんによる沖縄直送シークヮーサーとアセロラを使った和菓子。

これをお手軽にテーブルで簡略化された茶道【テーブル茶道】でいただきます  。




イメージ 7

    田中賀鶴代さんとセッティング中のicca_rica



イメージ 8

    テーブル茶道



そこに、タレントで沖縄応援団長の宮川たま子さんがブッキングした4日間日替わり沖縄音楽ミュージシャンライブ  。

これがまた、めちゃめちゃホッコリしてていいんです   




イメージ 6


    宮川たま子さんとicca_ricaのお二人



いやぁー、癒されました。


沖縄×京都 合う 





























 引き込まれて太鼓、横笛、ギター、打楽器、パフォーマンスダンスに魅せられて



龍が出で

京の伝統と浪花の演芸がコラボ !



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜

京都伝統産業ふれあい館 !!




イメージ 1


    菩須彦×平野早依子ライブペイント作品



私おかけんたがアートプランナーをしている



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜



 京都伝統産業ふれあい館さんのお取組みのテーマは



《京都ジャパニング》


10月10日(月・祝)に開催されたワークショップ、中島麦『コチラとムコウ in ふれあい館』 の展示が太陽に光輝く中、そのイベントは開催された。

http://kimf.jp/news/detail/24 中島麦『コチラとムコウ in ふれあい館』 映画祭サイトニュース記事  



10月15日(土)、みやこめっせ内にあります京都伝統産業ふれあい館さんのステージ前では、14:00からのイベント待ちでたくさんのお客様が待機  。




イメージ 2

    会場風景



MCの女と男が、京都伝統産業ふれあい館さんの入口付近で実施していた「京の職人ワークショップ」2回を終え、ライブペイント&落語が行われる舞台へ  。

舞台には、京表具/井上光雅堂さんにご用意していただいた屏風に見立てた襖4枚が置かれている。




イメージ 3

    MC女と男と会場風景



14:05、pad GALLERY の菩須彦さんがステージに登場  。

筆を襖に叩きリズムをきざむと、いつの間にかその音が太鼓の音へと移行  。


続いて、ブラジルで開催されたライブペイントショーの日本代表の平野早依子さんが舞台に登場  。




イメージ 4

    ライブペイント風景



太鼓、横笛、ギター、打楽器の音色に誘われ、ダンサーが登場  。




イメージ 5

    パフォーマンス風景



そして演奏は風神雷神の如く鳴り奏で響き、ライブペイントはクライマックスへ 




イメージ 6


    パフォーマンスクライマックス



怒濤の25分で描き上げられた作品からは、現代の京都を物語る温故知新に相応しいネオなスピリチュアルに溢れていた  。


http://kimf.jp/news/detail/97 菩須彦×平野早依子『ライブペイント〜黎明』 映画祭サイトニュース記事 




イメージ 7

    出演者集合画像



そして、描き上げられた作品をバックに舞台に登場したのが、月亭方正くん  。




イメージ 8


    月亭方正



西陣織の着物から、帯、足袋、扇子、手拭い、すべて京の職人さんによる仕事のもの。

小噺で爆笑のあとは、伝統工芸についてのお話。




方正「いつもは洗える着物を着ているので、こんな高価なのは初めて。(省略) これで二条城を歩いたら、風景の見え方も違ってくるんでしょうね」

http://kimf.jp/news/detail/99 亭方正『伝統工芸を纏って落語一席』 映画祭サイトニュース記事  






京都の奥深さを感じたこのイベント、益々京の魅力に引き込まれた1日でした  。






















 アーティスト、漫画家、タレント、武具のアートが炸裂!



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜

元・立誠小学校 !!




イメージ 1


    元・立誠小学校





 私おかけんたがアートプランナーを手掛けている



京都国際映画祭2016〜映画もアートもその他もぜんぶ〜



今回お届けするのは、元・立誠小学校の展示&イベント  。


http://kimf.jp/news/detail/135 元・立誠小学校のサイトニュース記事



元・立誠小学校の展示テーマは、



《よく学び、よく遊べ》





まずは、蛭子能収『えぶすリアリズム』 編




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

    蛭子能収『えびすリアリズム』展示




イメージ 8

イメージ 9

    『えびすリアリズム』18歳未満立入禁止 展示




イメージ 10

    蛭子能収似顔絵サイン会


イメージ 11


    蛭子能収トークショー
    ゲスト16日(日)清水圭



展示、似顔絵サイン会、トークショーすべて大盛り上がり \(^o^)/。


http://kimf.jp/news/detail/135 映画祭サイトニュース関連記事




続いての元・立誠小学校の展示は ②



















イメージ 1

    大前壽生『京都市三条ラジオカフェ×HISAO OHMAE』 作品


イメージ 2

イメージ 3

    Sato『もこもこTシャツワークショップ〜触ってふれあうアートを一緒につくる〜』 作品


イメージ 4

    Sato ワークショップ


イメージ 5

    かんだみのり『みのプリ〜withおじちゃんずver.』 作品


イメージ 6

    みのプリ(KBS京都特番ロケ※尼神インター、おかけんた)


イメージ 7

イメージ 8


    「島ぜんぶでおーきな祭」(沖縄県立芸術大学)×「京都国際映画祭」(京都嵯峨芸術大学、京都市立芸術大学) 作品




 続いては



大前壽生、Sato、「島ぜんぶでおーきな祭」×「京都国際映画祭」、能勢伊勢雄『実験映画史に見る「映画言語」の変革』編



大前壽生さんは手掛けられた池井戸潤執筆本の表紙のイラストを中心に展示、Satoさんは京都府立盲学校の児童、生徒の皆さんとコラボしたTシャツを展示。


http://kimf.jp/news/detail/12 Sato『もこもこTシャツワークショップ〜触ってふれあうアートを一緒につくる〜』 9/29.30京都府立盲学校ワークショップ記事  


かんだみのりさんは3年連続参加で、5人の中からおじちゃんを指名して一緒にプリクラを撮り人気投票をする新作を発表。
12日(水)に尼神インターとおかけんたでロケに行き、思わず″みのプリ″っちゃいしまいました。

『島ぜんぶでおーきな祭』×『京都国際映画祭』では、沖縄と京都の大学で制作した映像を上映。


そして私おかけんたがスピーカーを務めたのが、15日(土)15:55から2時間20分に渡り立誠シネマで行われたのが 能勢伊勢雄『実験映画史に見る「映画言語」の変革』。

これは映画とアートの融合企画で、能勢氏が撮影された『スクラップ・フィルムズ』と『モアレ』を上映し、



映画の誕生 〜 抽象映画 〜 知覚映画 〜 魔術的な力 〜 ミュージックTV



の変貌を、1880年代の映画誕生からミュージックTVまでを貴重な映像と解説から紐解き、実験映画がいかに現代の映画やPV、アートに影響を与えているか!というのが理解できる、素晴らしいレクチャーでした。


http://kimf.jp/news/detail/105 能勢伊勢雄『実験映画史に見る「映画言語」の変革』 映画祭サイトニュース記事   




イメージ 9


    能勢伊勢雄とおかけんた




続いての元・立誠小学校の展示は ③ 











イメージ 1

    野性爆弾くっきー 作品


イメージ 2

    まるむし商店磯部 クレーンアニメ マケット作品


イメージ 3

    愛実 切り絵作品


イメージ 4

    見取り図 リリー 作品


イメージ 5

    関西テレビ番組企画作品



よしもとタレントによるアート展示 。

今回は展示の他、愛実さん、見取り図 リリーくん、ミサイルマン岩部くん、まるむし商店磯部さんがワークショップを開催。




イメージ 6

    愛実 切り絵ワークショップ


イメージ 7

    ミサイルマン岩部 新聞紙アートワークショップ



どのワークショップも盛況でした。



女性アーティストお2人による momo irone・吉田初子『ガーリスト in 京都国際映画祭』では、momo irone さんが黒板に描かれた絵が印象的でした。




イメージ 9

イメージ 10

    momo irone・吉田初子『ガーリスト in 京都国際映画祭』



ピース又吉芥川賞作家の『火花』を、ネット配信ドラマ化したものの展示も実施。




イメージ 8


    ネットフィリックス「火花」(ネット配信ドラマ)




よしもと美術館、関西テレビ番組企画作品、momo irone・吉田初子、「火花」編

でした。



続いての元・立誠小学校の展示は ④

















本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事