ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ

書庫日記

記事検索
検索

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]






僕達の感覚の根底には


無意識のうちに重力感覚がある

             
植松奎二




★ 植松奎二 見えない重力  Gallery Nomart  〔10日(土)まで、13:00-19:00、日休〕 大阪市城東区永田3-5-22 TEL06-6964-2323 ★




イメージ 1

    展示作品



 植松奎二 さんの作品には、果てしない宇宙観が存在する。




イメージ 2

    作品部分アップ



重力、引力を普段私たちは感じることはない。

そんな目に見えない重力をカタチにし、空間を小宇宙にしてしまう植松さん  。




イメージ 3

イメージ 4

    展示作品



下の巻いている部分を全部広げると10mになるという。

天井の高い空間に展示し全て見てみたい!という衝動にかられるが、あえて見せない方が興味をそそられるような気もする。




植松「ほんまは全部描いてへんねん」




んなアホなっ! と思うが 



・・・マジかも ( >д<)、;'.・。



ないないぃ〜 (^o^) 。




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

    展示作品



世界各国の観光地のポストカードにドローイング。

植松さんの作品ってスケールがデカいんですが、どこか男の子男の子した部分があり、子供心をくすぐられます。



皆さんも是非ギャラリーに足を運び、植松引力に引っ張られてください。




イメージ 8


    おかけんたと
    スニーカーがいつもカッコいい
    植松奎二氏




作家コメント

世界の構造、存在、関係をよりあらわに見えるようにして何かを発見したい、見えないものを見えるようにしたいといつも思いながら制作してきた。それは、ときには物と物との間にある重力、引力といった目に見えない普遍的な力への関心であったり、根源的なものと宇宙的な力への素朴な関心である。そして自然や地球、宇宙といったものに囲まれている、人間の存在に対する問いかけである。

今回の個展のテーマは「目に見えない重力・Invisible Gravity」。 ー 僕達の感覚の根底には無意識のうちに重力感覚があるー
目に見えない重力、引力を目で確かめることの出来る重力のかたちの場がつくられる。重力の場から地球と宇宙、自然と人間の存在に関わる関係を示すような、小さな宇宙空間を画廊の中に創り出すことを考えている。
  我々は重力、引力がなければこの地球上に存在出来ないように、宇宙も、太陽と地球も、星と星も目に見えない大きな重力場によって存在を決定づけられている。
重力こそこの世界に、宇宙にとって最大の拘束条件であり、それは世界の方向性の軸と、構成軸としての垂直と水平を表わす。
  「目に見えない重力・Invisible Gravity」の個展会場では、私達の持っている常識的な視覚を覆し、知覚を超えた発見の場を空間の中につくり出すことが出来ると思っている。

植松奎二 Keiji Uematsu

























この記事に

 



 ジェイミー・リードからバンクシーまで

 

アツいアートワークを見よ!




★ ART of ROCK & GRAFFITI  Bunkamura Gallery  〔30日(火)まで、10:00-19:30、会期中無休・無料〕 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL03-3477-9111(代表) ★




イメージ 1

    展示風景



連日、多くのロック&グラフィティファンが来廊  。

それもその筈。

セックス・ピストルズのアートワークを行ったジェイミー・リード作品や、レッド・ツェッペリンをモチーフにしたシェパード・フェアリー作品  。

デヴィッドボウイをシャープに描いたMr.ブレインウォッシュ作品に、女王陛下を親しみやすく表現した初期のディーフェイスの作品  。


そしてオークションでも人気急上昇のSTIKの日本で制作された作品に、あのバンクシーの「LOVE BOMB」まで展示しているというから、堪らない  。




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


    展示作品



展覧会は30日(火)まで。


週末は、ROCK&GRAFFITI で決まり 






























この記事に

 




 原画Tシャツのカオスな森で



きみおめ !




★ きみでおめかし きみおめ 飾って畳んで着る原画展  自由が丘グリーンホール「room304」 〔6/11(日)まで、12:00-19:00、月火休〕 東京都目黒区自由が丘2-15-10 自由が丘グリーンホール 304号室 お問い合わせ art_info@yoshimoto.co.jp 




イメージ 1


    リーフレット



きみおめ3回目は、自由が丘で人気作家19名によるTシャツ原画展



【参加作家】
原田ちあき

アリムラモハ
うえむら
内山ユニコ
おほしんたろう 
けん
ササコ
しおひがり
シカトコ
春泥
すあだ
世紀末
田中光
トミムラコタ
ともわか
中村杏子
水野しず
やしろあずき
吉本ユータヌキ
(五十音順)

【企画協力】
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

【協力】
株式会社キャリアデザイン
株式会社IHパートナーズ

【お問い合わせ】
art_info@yoshimoto.co.jp




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


    展示風景



13日(土)初日は雨だったんですが、12:00オープンと共に10人ほどの来廊者があり、その後次から次へとファンの方々が訪れ、この企画を立ててくださった原田ちあきさんのTシャツは、ほぼ完売 

そんな原田ちあきさん、今週末に在廊予定ですので、お楽しみに


原田ちあき ブログ



皆さんもこの春、″きみおめ″しちゃいましょーよ 






















この記事に






沖縄那覇市国際通りで



レッドカーペット!




イメージ 1

    レッドカーペット



昨日、無事今年の沖縄国際映画祭」が閉幕。

レッドカーペットは、車でレッドカーペットのあるところまでパレードし、そしてレッドカーペットを歩行  。




イメージ 2

イメージ 3

    おかけんた


イメージ 4

イメージ 5

    仲本賢教授、江村耕一教授
    Satoly



あっという間の五泊六日。

沖縄芸人を新たにプラスした「よしもと美術館」、展示とトーク共に盛り上がった「首里嵯峨ShuriSaga2017春」、多数の参加者で賑わったSatoly作品展示&ワークショップと、京都で開催させていただいたアート企画を実施。


さっ、今日から「京都国際映画祭〜映画もアートもその他もぜんぶ〜」のアートプランにチェンジ。



乞うご期待 




イメージ 6


    ウミカジテラスでのおかけんた







































この記事に






沖縄県立芸術大学

嵯峨美術大学


「首里嵯峨ShuriSaga 2017春」



トークイベント 





イメージ 2

    イベント風景



沖縄県立芸術大学 仲本 賢教授

嵯峨美術大学 江村耕一 教授


MC おかけんた、宮川たま子



「首里嵯峨ShuriSaga 2017春」 のトークイベントが、昨日22日(土)15:00からてんぶす広場にて開催  。


沖縄の学生の漆に豚の血を混ぜて塗る作品や、京都の神々を日本画で表現した学生の作品。

お二人の先生方のダイナミックな作品など、貴重なお話が聞けた40分 。


京都国際映画祭での取り組みも楽しみ 




イメージ 1


    仲本教授、江村教授ご家族
    おかけんた、宮川たま子



トークイベント記事




























この記事に

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事