精鋭!航空救難団 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

航空自衛隊の「航空救難団」は「人命救助最後の砦」と呼ばれる!! 日本テレビ系の「突破スペシャル」という、番組で紹介された。航空自衛隊全面協力により、撮影された、水難救助の、再現ドラマが、見ものであった。現場の地名は、隠してあるが、昨年の、豪雨により、某一級河川の、氾濫により、取り残された、保育園の、園児達、保育士達を、救出する、作戦である。大規模な水害で、どこに、何があるか、識別が困難であった。しかしながら、一番若い隊員が、ジャングルジムのかたちから「保育園」を、特定する。二人の、航空自衛隊救援隊員が、保育園の中に入り、くまなく、部屋を探すが、保育士達、園児達が、どこにもいない!! 「あれ」と思ったところ「機長」から、連絡が、入り、隣接した、高い建物に、避難していることを、確認する。この後「航空救難団」は「救助活動」に入るが、子供たちは、怖がり「救助作業」が手間取る。ここで、もう一度、一番若い隊員が、気転を効かし、保育士の一人を、先に救助したところ子供たちが「僕も 私も!!」と、救難活動が、進み後続の、ヘリコプターとともに、無事に「全員の生命」を、救出することに、成功した。とにもかくにも、テレビで「自衛隊の活躍」を、紹介することは、素晴らしい!!

開く コメント(0)

お盆の回向のすすめ ケータイ投稿記事

イメージ 1

早いもので、来月及び、翌々月は「お盆」の月である。「釈迦如来」の、み弟子「目連尊者」が「母親」を「餓鬼道」から、救った故事に、由来する「盂蘭盆会」(うらぼんえ)を「日本佛教」では「お盆」という。「日蓮宗宣正結社」では、各家で「お盆の棚経」を、されることを、おすすめ致します。「御先祖様」のいない家は、絶対にありません。お寺さんと、付き合いのある方は、是非、そちらの、上人、住職に「お盆の棚経」を、していただいてください。さて「日蓮宗宣正結社」の住職である「愛国沙門」は、今まで、まったく、ご縁の、無かった、お家でも、ご依頼をいただければ「お盆の棚経」に、お伺い致します。連絡先は「日蓮宗宣正結社 電話とファックス03-3372-7024 携帯電話080-1093-6149 メールアドレスnichirenfugi@docomo.ne.jp」東京都及び関東一円の「お盆の棚経」に、対応致します。さて「末法の救世主 日蓮大聖人様」は「盂蘭盆御書」に「悪の中の大悪は我が身にその苦をうくるのみならず、子と孫と末七代までもかかりそうらいけるなり。善の中の大善も又々かくのごとし。目連尊者が法華経を信じまいらせし大善は、我が身佛になるのみならず、父母佛になりたもう。上七代、下七代、上無量生、下無量生の父母等、存外に佛となりたまう。乃至代々の子息、夫妻、所従、檀那、無量の衆生、三悪道をはなるのみならず、皆初住、妙覚の佛となりぬ。ゆえに法華経の第三にいわく、願わくはこの功徳を以て、普く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に、佛道を成ぜん」と、ご指南されておられます。本来「敬神崇祖」の「念」の強いはずの「日本人」です。しかしながら「日本民族古来の文化」は「累卵の危機」に、瀕しております。数多ある「敬神崇祖」の思いを、伝えてまいりましょう。南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

開く コメント(0)

お気軽仏事相談 ケータイ投稿記事

イメージ 1

日蓮法華宗宣正結社では、仏事相談及び、葬儀、法要の、定額依頼を、行っております。日蓮法華宗宣正結社 電話とファックス0333727024 携帯08010936149 に、ご相談のみは無料。緊急対応可能。葬儀、法要の、お布施定額は、通夜と葬儀 十五万、一日葬儀 八万、居士 大姉戒名の通夜と葬儀 二十万、この条件での一日葬儀 十万、葬祭場での短い炉前葬儀は、一律、五万、四十九日、一周忌などの法要は、一律、三万にて「誠心誠意」を込めて「功徳」を、感じていただける「南無妙法蓮華経」と「法華経」による、ご供養、ご回向をさせていただきます。 出向きます範囲は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県の平野部、群馬県の平野部、静岡県の東部、伊豆、福島県南部(行政上立ち入れる範囲)に、及びます。さらに、愛知県、新潟県、宮城県でも、相談により、可能です。(ただし、交通費の配慮お願いいたします) 「日蓮大聖人様」は「父母への追善供養」の、大切さを、お示しです。今回のブログの内容、必要な方には、是非とも、流布してください。なお宣正結社の御宝前(本堂)にても、小人数の法要可能です。優良なる葬儀社も、無料ご紹介いたします。「日蓮宗系の仏事のご相談は、困らず、悩まず、宣正結社へ!!!!!!!!!!」 最後にメールアドレスnichirenfugi@docomo.ne.jp(ただし、ひやかし、論争などは、ご遠慮ください)

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

大東亜戦争末期、本土決戦に、踏み切る前に、県民を、巻き込んでの、最後の、戦闘となった「沖縄戦」が「牛島 満軍司令官」らの「自決」などにより、終決した「沖縄慰霊の日」が、今夏も、巡って来た!! とにもかくにも、令和の御代になっても「大東亜戦争」を、語り伝えねばと、思う、季節がやって来た。敗色濃くなった、昭和二十年春「沖縄決戦」を、控え「帝國陸軍 帝國海軍」の全兵力は「沖縄防衛」に、集中した。「満州」に展開していた「関東軍」は「チハ」(戦車)「野戦重砲」「重機関銃」などの装備を持ち「沖縄」に移動。(一方、為に、満州は手薄になり、ソ連軍参戦の際に、満蒙開拓団などの、在留邦人の多くが、蹂躙、殺戮された)「帝國海軍の象徴」というべき「戦艦大和」も「特攻出撃」に備え「電波探知機」「対空装備」を強化。人員も「有賀長官」以下「沖縄を、日本を、死守するのだ!!」という「意気」に、燃えていた!! 「潜水艦隊」は「人間魚雷 回天」を、「帝國陸軍 帝國海軍」の航空戦力は「神風特別攻撃隊」「振武特別攻撃隊」「神雷特別攻撃隊」「義烈空挺特別攻撃隊」などの、各部隊が「総力」を挙げて「沖縄防衛」の体制に入った。一方、沖縄の「旧制中学」や「高等女学校」などの「生徒」は「学徒隊」を、組織し陸海軍の将兵の「支援」をする、体制に入った。昭和二十年三月二十六日「米艦隊=米輸送船団」が「沖縄の海」を、埋め尽くした。艦砲射撃、爆撃機が、攻撃を、開始した。一方、鹿児島県の「知覧」や「鹿屋」を、はじめとする「特攻基地」から、重い爆弾を、括りつけ、片道だけの、燃料の「特攻機」が、海を埋め尽くす「敵艦船」に向かい、突入する!! この頃は「米軍」は「特攻機」に、なれていないので、命中率が高かった。「空母バンカーヒル」に「特攻機」が、命中し「大破炎上」やがて、航行不能、大きく、傾斜し、沈没した。上陸する米軍と、これを迎え撃つ「帝國陸軍と海軍陸戦隊」物量を誇る「米軍」と、命中率の高い「日本軍」との間に「一進一退の攻防戦!!」海岸には、両軍の、屍が、累々と横たわる。艦船群には、ひっきりなしに「特攻機」が突入し、あちこちの艦船」に、火柱が上る!! 「米軍の将兵」は「特攻機」の、捨て身の攻撃に、恐怖感を、抱くとともに「畏敬の念」をもった。しかしながら、米艦隊からの「弾幕」ものすごく、次第に「突入」出来ずに、撃墜されてしまう「特攻機」が、ふえていった。上陸した「米軍」の砲火は、ものすごい!! しかしながら「日本軍」は「夜討ち朝駈け」の「攻撃」を、行い、双方ともに「負傷兵」が、続出した。「学徒隊」は「砲弾の雨」を、かいくぐり「野戦病院」の「看護師」などの活躍をする。中でも「高等女学校」の「学徒隊」は、壮絶なる活躍をし「ひめゆり部隊」と呼ばれ、涙無しには、語れない!! 一方「戦艦大和」ほかの「特攻艦隊」は、豊後水道を、通過して間もなく、米軍に、マークされ「勇戦敢闘」虚しく、四月七日、有賀長官以下、多くの、将兵とともに「沈没」した。「駆逐艦 雪風」など「戦艦大和の最期」を、見届けた、記録によると、沈む、瞬間まで「敵機」めがけての「射撃」が、続いていたそうである!! 正に「倒れて後に止む!!」との「海軍精神」であった!! 陸軍の「特攻機」に多かったが「朝鮮半島」や「台湾」などの出身の「特攻隊員」も、かなりいて「日本人の特攻隊員」と、差別無く扱われた。「知覧」の「特攻基地」の近くに「富屋食堂」を、営み「帝國陸軍の特攻隊員」に、我が子同様に接し「特攻の母」と、呼ばれた「鳥濱トメさん」などの記録がある。一方「沖縄」では「県民」の、すべてを、巻き込み、血みどろの戦いが、六ヶ月も続いた!! 壕の中に、隠った、人々を「火炎放射器」で、焼き殺すという「悪鬼羅刹」のような「米兵」もいた!! かくの如き「この世の地獄」のような「沖縄戦」が、組織的な戦いとして、終決した日である!! 現在「日米同盟」のかたちで「日米両軍の英霊の御霊」の上に「沖縄の平和」がたもたれている。しかしながら「沖縄」から「米軍」も「自衛隊」も、いなくなったとすれば「支那」が「尖閣諸島」を、実効支配し、今度は「支那軍」が「沖縄」を「攻撃」し「大東亜戦争末期」を凌ぐ「生き地獄」になりかねない!! 「令和」の現代「沖縄の安全保障」の為には、かつての「恩讐」を、超えての「自衛隊=米軍」による「戦争抑止力」が、必要である!! とにもかくにも「沖縄戦」にかかわる、すべての「御霊」「ご英霊」に「南無妙法蓮華経」にて「戦争」を、繰り返さないように、ご回向し、奉ります。「南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経」(沖縄慰霊の日は六月二十三日)

開く コメント(0)

お気軽仏事相談 ケータイ投稿記事

イメージ 1

日蓮法華宗宣正結社では、仏事相談及び、葬儀、法要の、定額依頼を、行っております。日蓮法華宗宣正結社 電話とファックス0333727024 携帯08010936149 に、ご相談のみは無料。緊急対応可能。葬儀、法要の、お布施定額は、通夜と葬儀 十五万、一日葬儀 八万、居士 大姉戒名の通夜と葬儀 二十万、この条件での一日葬儀 十万、葬祭場での短い炉前葬儀は、一律、五万、四十九日、一周忌などの法要は、一律、三万にて「誠心誠意」を込めて「功徳」を、感じていただける「南無妙法蓮華経」と「法華経」による、ご供養、ご回向をさせていただきます。 出向きます範囲は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県の平野部、群馬県の平野部、静岡県の東部、伊豆、福島県南部(行政上立ち入れる範囲)に、及びます。さらに、愛知県、新潟県、宮城県でも、相談により、可能です。(ただし、交通費の配慮お願いいたします) 「日蓮大聖人様」は「父母への追善供養」の、大切さを、お示しです。今回のブログの内容、必要な方には、是非とも、流布してください。なお宣正結社の御宝前(本堂)にても、小人数の法要可能です。優良なる葬儀社も、無料ご紹介いたします。「日蓮宗系の仏事のご相談は、困らず、悩まず、宣正結社へ!!!!!!!!!!」 最後にメールアドレスnichirenfugi@docomo.ne.jp(ただし、ひやかし、論争などは、ご遠慮ください)

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事