ここから本文です

少しだけ宣伝

僕が標準語で挑んだ

舞台がDVD化されました。

あの有名な小説、ドラマの

「アンフェア 」の舞台版です。

小説を読んだ方なら

あの役を演ってる?!

すごい、おいしいじゃない!と

思われるでしょう。

何を隠そう

すごい、おいしい役です。

一生懸命、演らせていただきました。

「イメージと違う」と思われる方も

おられるでしょうが、一旦見てみて!

判断するのは、それからでも

遅くないよ!

なので何卒よろしくどーぞです🙇

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

先日、バスツアーに行って来ました。
題して
「明るいおじさん達といく!
奥会津自然満喫ツアー」

イメージ 1


写真を見てください、
「御一行様」と書かれてますね。
これ、バスの前面にも書かれてました。
サービスエリアで停まっている時
これを見た他の方々は
「明るいおじさん達って…誰?」と
思われたでしょうね。
「御一行様」である参加者の皆様も
少し恥ずかしかったんでは
ないでしょうか。
「明るいおじさん達のバスから
出て来た女性達は…何?」と
思われてたでしょうから。

しかし何年ぶりでしょうか、
お客様と行くツアーなんて。

ほんとお久しぶりのツアー。

楽しかったなー。

バスの中では終始、アホな話で楽しみ、

煙に泣きながらでしたが
BBQを楽しみ、

それぞれ大きさが違うのにもかかわらず
スイカ早食い競争したり、

只見線に乗車して景色を楽しんだり、

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


名物の「あわまんじゅう」を作ったり、

イメージ 6


夜は宴会でニブンノゴの宮地が
このツアーの為に書き下ろした
スペシャルコントをしたり、
寝る前に露天風呂を満喫したり、

イメージ 7


いや〜

幸せはここまででした…

相部屋だったギンナナ菊池の
イビキ地獄…
とんでもない音量
ドデカホーンのイビキ、
2度ほど
息の根を止めてやろうかと思った。

そして無呼吸。
2分ぐらい無呼吸や、やばい!と思って
起こそうかと近寄ったら
バタバタバターー!っと突然のバタ足。

ぐがぁー!ぐがぁー!ぐがぁー!
ピタっ!しーん… … … … …
(あ、やばい、起こそう)
っぷはぁぁぁ!!
バータ!バタバタバターー!
(うわ!びっくりした)

これの繰り返し。
朝方にはあれだけ
ドデカホーンだったイビキが
「くぅ〜ん、くぅ〜ん」と
室内犬のような鳴き声のイビキに。
3度目の殺意にとらわれた。

次の日の
圓蔵寺(えんぞうじ)参拝や、
田子倉ダムを遊覧船で巡る時
心なしか元気ないように見える

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


でも遊覧船から見る景色に癒され
体力も気力も徐々に復活

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


と思った矢先、
遊覧船の中で小堀が弾き語りライブ

イメージ 14


誰が望んでんねん?!
おまえの弾き語りを?!
こんな美しい景色の中で
うちの嫁に便乗し、
うちの嫁のパワーワードを盗用した歌、
誰が聞きたいねん!
クズが!
また気持ちも体力もダウンしてもたわ!

遊覧船の注意書きの1に当てはまる
お前を乗せるじゃなかった!

イメージ 15


でもね

お世話になった
瀞流の宿「かわち」のおもてなし に
癒されたし、

奥会津の自然の美しさに癒されたし、

何より、こんなおじさん達と一緒に
旅してくれたファンの皆様に
癒されました。

ありがとうございました。

総じて
すごく楽しかったです😊

イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)

第2弾はDC です!

オリジナルデザインの
DC Tシャツいよいよ登場!

ワンダーウーマン、
ブラックキャナリー、
バットガール、
DCボムシェルズの
スーパーヒロイン達が
素敵な1枚になりました!

パニカムトーキョーから
¥5,400円で絶賛発売中!

サイズS〜XLまで!
よろしくお願いします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



渋谷、池袋、パニカムトーキョー店
オンラインショップでも購入できますよ
http://www.poneycomb.tokyo/

この記事に

開くトラックバック(0)

判決、ふたつの希望

先日、ご厚意で試写に
行かせていただきました。

「判決、ふたつの希望」
レバノンで作られた作品です。

第90回アカデミー賞
外国語映画賞ノミネート、
第74回ベネチア国際映画祭
最優秀男優賞受賞、

とにかくスゴい映画祭で
選ばれたり、取ったりしたりの作品です。

ー2人の男のささいな口論が

国を揺るがす法廷争いにー

何でこんなことになるんや?!
とハラハラしてると
徐々に2人の男の背景や問題が
法廷で明らかにされて行く展開に
グッと引き込まれました。
そして記憶に残る映画の
一つになりました。

僕の「好き」は、
アクションやバイオレンス、ホラー、
が大部分を占めます。
勿論、この映画はそのジャンルに
属しません。

監督はジアド・ドゥエイリ。
クェンティン・タランティーノの
「レザボア・ドッグス」
「パルプ・フィクション」などに
アシスタント・カメラマンとして参加した
経歴の持ち主。

はい、僕の好きなジャンル全てを網羅
するタランティーノに関連した人だった。
だからかな?
何も喋らず見つめ合うシーンでも
何か恐いなぁ、恐い事が起こるん
ちゃうかなぁと感じてしまうのは。
ミヒャエル・ハネケ監督みたいな感じでもあるんですが。

うん、勝手にそう納得してしまおう。

僕にとってはタランティーノに関連した
監督というだけで見に行く価値はもう十分にありました。

見終わったあとズッシリ来る感じ、
そうですね、
肋骨2本折れるぐらいの
ズッシリしたパンチを食らった感じ。
法廷系映画としても今までにない
感じなので面白いです。

8/31(金)ロードショー
是非、皆さんご鑑賞くださいませ。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

第5次オーディション

吉本坂46の第5次オーディションが

もう間もなくです。

今回は「ダンス審査」。

曲に合わせた課題ダンスを習得して、

だいたい

10人ぐらいで1グループとして行い、

それを審査する。

5日間ぐらいの「振り入れ稽古」が

あったのだが、仕事しながらなのと

指定された時間の為、ほとんどの人が

1日しか行けなかったみたいです。

1日も行けない人もいました。

僕も「振り入れ稽古」は一回しか

行けなかった。あとは個人練習のみ。

しかし、今回のダンス、難易度が高め。

ダンス経験者の人達でも

「これ、結構、難しいですよ…」と。

時間がない上に難しいときた。

そして、僕はダンスが下手。

かつて水玉れっぷう隊の

新喜劇やSPコメディ等でやる

ダンスボケ(みんなで踊る)で、

「めだか師匠でもできるのに

修士はできない」と

言わしめた。

「振り入れ稽古」の時、

稽古に付いて行けず

只々棒立ちする僕がいた。

このままでは審査当日も棒立ちのままだ。

これはマズイ。

困り果てた僕が助けを求めたのは

水玉れっぷう隊のケンさんでした。

ケンさんもこの第5次オーディションを

受けるメンバーでもある。

「ダンスがわからないので

教えて頂けませんか?」

「ええよ」と快く引き受けてくれた。

僕の個人練習に付き合ってくれたんです。

しかも、ケンさんは教えるのが

上手いのでしょう、

素人の僕でも分かりやすく

教えてくれます。

ただ、踊ってて間違えると、

「ノー」

こうでしたっけ?

「ノー、ノー!」

う〜ん、何やったけ(頭を抱える)

「タン、タタ、ターン!」

あ、それでした(踊る)

「イエス!タン、タタ、ターン!」

と、何故かYESとNO、それ以外は

擬音だったのが不思議ではありました。

おかげで上手さは置いといて

振りは全部、覚えることができました。

そしてケンさんは最後に

「反復(練習)やから、

ダンスは反復やから。100回すんねん」

と帰られました。

100回にはおよびませんが、

何回練習したかはわかりませんが

その日朝までやりました。

今日、朝起きると体がバキバキに

筋肉痛です。

駅の階段、登り降りおっくうです。

審査当日、只々棒立ちする僕の姿が

あるかもしれません。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事