全体表示

[ リスト ]

 個人的に1番印象に残ったのは、織田君の新プログラムでした。今まではお笑い路線

っぽい感じだったのですが、今回のは、ハード・ロック。しかも、レッチリです。

使われていた曲が知っている「アラウンド・ザ・ワールド」だったのも良かったです。

ハード・ロックと言うことで、髪も立ててましたね。最後の方で、シンクロの選手に

持ち上げさせていたり、終わった後に、ぶっ倒れていましたが、多分それは、レッチリの

ボーカルの方が、ライブの時にそうゆう動作をしているからかなと思いました。

(もっともレッチリの場合は、お客さんの所に乱入したりしていますが)

 村主さんは、エキシビではおなじみのお色気路線のプログラムですが、最初から

最後まで役に徹していたのには、今回も脱帽物でした。

 シェン・ツァオ組のダイナミックな演技は近くで見ると本当に迫力が

ありますが、ある意味あの小さなリンクでは、彼らのダイナミックな演技はちょっと

やりにくそうな気も、、、。ダンスのデンスタ組も、実生活もパートーナーと

言うことですが、氷上でのラブラブ度は、シェン・ツァオ組の方が濃かったです。

正式に発表してから、今まで以上に表情に出ているんですよね〜。1人ものの私には

刺激が強すぎます(爆)


 武田さんのプログラムは、クリスティーナ・アギレラの曲を使っていて、織田君と

同様に、曲と、アーティストのイメージに合うプログラムだったからか、セクシーな

衣装で登場。色っぽさや妖艶さは、まだまだ村主さんには及びませんが、その分

チャーミングな感じで、いやらしさを感じさせませんでした(その3に続きます)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事