SpurN Modellbahner Japan

欧州Nゲージ鉄道模型とDCC情報

D&H Nano-Decoder PD05A

久しぶりにDCC デコーダの紹介をする。
Trixの純正デコーダを設計製造してきた、D&H社(Doehler & Haass Steuerungssysteme GmbH & Co. KG)が、非常に小さなデコーダを発売した。

サイズは、5.0mm * 7.9mm * 2.5mmと従来のPH05Aが13.2mm * 6.8mm * 1.4mmに対し長さが1/3近く、横幅は、丁度NEM651のコネクタ幅で厚みは少し厚くなった(元々PH05Aは薄いので他社のデコーダと同程度)というものである。

比較した写真を下記に掲載する。左からPH05A, PD05Aである。

イメージ 1

小型化がされたので、その違いを見てみよう。

電気特性は、共に

Gesamtbelastbarkeit(トータル電流) : 0.5 A 
Max. Motorstrom(最大モータ電流) : 0.5 A
Max. Fahrspannung(最大電圧) : 18 V
2 Lichtausgänge, dimmbar (ライト電流、減光機能) : je 150 mA

と同じである。

サポートするデジタルフォーマットもDCC, SX1, SX2と同じである。

違いは、SUSI対応端子なし、AUX3,4の拡張端子、機能なしとアナログ対応(自動検出)がないの3点になる。

昔のデコーダと同じ基本機能の対応だけということであり、通常はそれほど困らない。

これまでのデコーダのスペースが取りにくい(ケースや重りを削らないと入らない)モデルに入れやすくなるのは間違いない。私も以下のように蒸気機関車に入れてみようと思う(まだ完成していないが)。

イメージ 2

時代も進むものである。SpurZのユーザにとっても朗報でないかと思う。

その他の最新記事

すべて表示

Railadventure Re4/4 ...

2017/8/20(日) 午後 6:04

Railadventureは2010年にGmbH(有限会社)として設立されたミュンヘンに本社を置く、会社である。元々、Rh11126 050−0を使用して2006年9月2日16時02分に鉄道最速速度の357km/hを樹立したプロジェクトでス ...すべて表示すべて表示

DB BR103 101-2 Lufth...

2017/8/6(日) 午前 1:41

Trix社からBR103のルフトハンザ・エアポート・エキスプレス(LHA)色と客車が発売になった。このモデルは、MHIで数量が少ないためか日本ではすぐに在庫切れになった店もあった。 以前は、Arnoldから単品や客車編成のセットが ...すべて表示すべて表示

DB BR169 005-6 Fleis...

2017/7/9(日) 午前 8:21

昨年、発売され 1zu1601の2016年のTriebfahrzeuge & Triebzüge部門で賞を取ったのが、E69である。今回入手したのはバリエーションであるBR169 005-6のpupurrot (RAL 3004) ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事