SpurN Modellbahner Japan

欧州Nゲージ鉄道模型とDCC情報

模型 N

すべて表示

MRCE G1700 Hobbytrain Nr.H2942

前回の記事からだいぶ時間がたってしまって申し訳ありません。
前回に引き続き、G1700です。

イメージ 1

MRCEは、Mitsu Rail Capital Europeの略で三井物産がジーメンスのDispolokを買収して設立した欧州最大のリース会社である。

このG1700は、G1700-2BBと呼ばれる1700kWの出力をもつディーゼル機関車である。全長(バッファー間)は、15,200mmとG1206の14,700mmに比較しても50cm長く高出力のVossloh製の幹線輸送用機関車である。2002年から2011年の間に29両が生産された。

イメージ 2

モデルは、500 1592の番号でスイスの輸送会社のSersaで活躍している。

イメージ 3

真っ黒なボディーは、BSLと違った印象を与えるものである。部材は同じであるが、台車部分は柔らかいプラを使っており、少し錆色も一部見える。

イメージ 4

ちょっと手すりが傾いているが、デコーダーをインストールする際に取り付けが不良になってしまったのが原因です。

イメージ 5

デコーダーは、Next18になっているのですが、運転席に横置きにつけます。

イメージ 6

基板は、シャーシーギリギリいっぱいというところですが、きちっと入っています。左右のエンジン扉部分も取れますが、結構硬く、力を入れると手すりを折りそうになります。手すりは柔らかいプラですが、注意が必要です。

このモデルは、連客ファンが白く塗られていて、コントラストを出しています。このような細かい部分まで気を使っているのはHobbytrainもなかなか進歩したなと感心します。

イメージ 7

走行は、重量がない割にはよく走ります。牽引力も普通です。
このG1700各塗装モデルは、一部在庫切れにもなってきています。



その他の最新記事

すべて表示

ESU Mobile Control I...

2015/12/20(日) 午後 7:46

ECoSのESUからワイヤレスのコントローラが発売になった。このコントローラは、WiFiで50200 DCC Systemに接続して使用する。 ECoS 50200をアクセスポイントにすることができるNo.50113とコントローラだけの ...すべて表示すべて表示

ウィーン模型店2(memoba, Mod...

2015/11/23(月) 午後 3:04

前回に引き続き、ウイーンの模型店の紹介をします。これは、2015年11月現在の情報です。 (3)memoba (Gumpendorfer Stra?e) http://shop.memoba.at U6のG ...すべて表示すべて表示

ウイーンの模型店紹介1 (Conrad,...

2015/11/16(月) 午前 0:18

昨日のミュンヘンに引き続き、ウイーンの模型店を紹介する。ウイーンには過去行ったことがあるが、模型店を訪ねたのは、今回初めてである。短期間であったが、4店を訪問したので紹介する。 (1)Conrad Meiselmarkt ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事