SpurN Modellbahner Japan

欧州Nゲージ鉄道模型とDCC情報

全体表示

[ リスト ]

先日から始めたレイアウトですが、条件を決めてみました。

1 デジタル運転で同時に3列車が走行できること
2 普段は、ボードを立てておくので、立体は作らない
3 ターンテーブルと機関庫を作る
4 デジタルとアナログを同時に走行させられる
5 手持ちの線路、部品で作る
6 ポイントは初めは手動。その内DCCに挑戦する

という感じです。この内、4をさんざん悩みましたが、まずは、どちらかの一方にします。

色々と検討した結果、こんな感じのレイアウトにすることにしました。仮置きです。
イメージ 1

早速、コルクボードのはりつけです。画材屋で入手した1mm厚のもので一枚丁度、600mmx300mmとなっています。スプレー糊を使います。

イメージ 2

貼った後にはみ出した部分をはさみで切りました。

イメージ 3

早速、線路を固定していきます。釘止めですが、釘もFleischmann製です。

イメージ 4

ターンテーブル以外を敷設完了です。

イメージ 5

ポイントの密集部分をアップしてみました(コルクの地肌がなんとも)黒いものは連結器開放器です。

イメージ 6

明日は、ターンテーブル作りに挑戦です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事